ノーマルプリウスとの違いを比較|新型プリウスPHVの後部座席レビュー

トヨタの人気プラグインハイブリッド車新型プリウスPHV(Prius PHV)
フルモデルチェンジをして、2017年2月に新発売されましたね。

インパネのデザインなど基本的なデザインはベースとなっている
ハイブリッド車のプリウスに似ている部分もあるのですが、この2台の
モデルで大きく違うのは、後部座席。

デザインや居住性、すべての面において違いがありました。

そんな新型プリウスPHVの後部座席は、どのようなデザインだったのでしょうか?
また、ベースとなっているハイブリッド車のプリウスとの違いは、何でしょうか?

この2台のモデルの後部座席を徹底的に比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタ新型プリウスPHVの後部座席を徹底解説

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の
後部座席は、このようなデザインになっています。

インパクトのある大きなエンボス柄がオシャレで良いですよね。

一方、こちらはベースとなっているハイブリッド車の後部座席。

シートのデザイン(柄)は異なりますが、こちらも上質さを感じる事がデザインに…。

このようにともにオシャレなデザインになっている2台のモデルの
後部座席ですが、このような違いがありました。

違い1:乗車人数

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)と
ハイブリッド車のノーマルプリウスの後部座席の一番の違いが、乗車人数。

ノーマルプリウスは、一般的な3人掛けのシートになっているのに対し、
新型PHVは固定式のアームレストがシート中央に配置されており、2人掛けに…。

■ノーマルプリウスの3人掛けシート

■新型プリウスPHVの2人掛けシート

そのためハイブリッド車の新型プリウスの乗車人数は5人なのに対し、
新型PHVの乗車人数は4人に…。

この後部座席のデザインと乗車人数は、この2台のモデルの一番の大きな
違いなのかなと思いました。

新型プリウスPHVが4人乗りになっている理由

先代モデルの新型プリウスPHVは5人乗りだったのに、フルモデルチェンジをして
あtらしくなった新型PHVはなぜ4人乗りになったのでしょうか?

先日、この新型PHVを試乗した時にディーラーさんに、
「なぜ今回フルモデルチェンジをした新型PHVの後部座席は、2人掛けに
なったのですか?」と質問をしてみたところ、

ディーラーさんは、「後部座席に座る方がゆったりと座れるようにするため。」と、
教えてくださいました。

たしかに今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の
後部座席は2人掛けにした事により、シートサイズは広くなり、ベースとなっている
ノーマルプリウスよりもゆったりと座れるような感じが…。

中央にあるセンターコンソールが左右のシートをしっかりと分けてくれているため、
プライベート感・パーソナル感があります。

また、背もたれにリクライニング機能は装備されていないのは少々残念でしたが、
横の人を気にせずにゆったりと寛げる座り心地は、とても良いと思いました。

新型プリウスPHVの後部座席が2人掛けの隠れた理由…

ただ、他のディーラーさんから教えて貰ったのですが、新型プリウスPHVの
後部座席を2人掛けにしたのには、他の理由もあるようです。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型PHVは、
リチウムイオンバッテリーを荷室・ラゲッジスペースの下に配置しています。

そのため、リヤとフロントの車重バランスを保つために後部座席を
2人掛けにしたようです。

また、リアを5人乗りにすると、クルマ全体が重くなりすぎて、
新型プリウスPHV(Prius PHV)の良さでもある静寂性やスムーズな
走りを楽しめなくなるというのも、4人乗りにした理由のようです。

車体重量のバランスや乗り心地などを考えると、この新型PHVが4人乗りに
なったのは仕方ないことなのかなと思ったのですが、個人的には5人乗りに
した方が売れ行きは、良かったのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、この新型PHVが4人乗りと知って
ノーマルプリウスにした人もいるようですよ。

違い2:センターアームレスト

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)と
ベースとなっているノーマルプリウスの違いの一つが、センターアームレスト。

先ほども申し上げたとおり、新型PHVでは、固定式のアームレストが搭載されます。

■新型PHVのセンターアームレスト

このセンターアームレストは、ボックス型のティッシュもすっぽりと収まる
収納スペースとドリンクホルダーが装備されており、とても便利です。

一方、ベースとなっているノーマルプリウスのアームレストは、
シートの背もたれから引き出す可変式を採用。

■ノーマルプリウスのセンターアームレスト

ドリンクホルダーは装備されているものの、サイズも小さく、新型PHVの
固定式のセンターアームレストと比較すると、かなりシンプルなデザインですよね。

デザインや便利さを比較してみるとと、ノーマルプリウスよりも今回新発売された
新型プリウスPHV(Prius PHV)の方が高級感があって良いのかなと感じました。

ただ、アームレスト(ひじ掛け)としての使い勝手は…

このようなデザインになっているトヨタの新型プリウスPHV(Prius PHV)の
アームレストですが、実際に使ってみると、気になる部分が…。

それはアームレストの高さ。

この新型PHVのアームレストは座面部分に備えつけられているので、
腕を置くにはちょっと低い感じが…。なので、ひじ掛けにもかかわらず
肘や腕を置く事ができません。

一方、ベースとなっているノーマルプリウスは腕を置く事を考え、
若干高い位置に配置されています。

こちらのアームレストは、肘をスッと置く事ができます。

この違いは大きいですよね。

収納スペースなども備え、ゴージャス感のある新型プリウスPHV(Prius PHV)の
アームレストですが、腕を置くにはあまり適していないのかなと感じました。
また、もう少し高い位置に設置してもらいたかったなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)と
ベースとなっているノーマルプリウスの後部座席を比較したところ、
このような違いがありました。

後部座席の座り心地・快適性は、シートサイズが広い新型プリウスPHVの方が
良いように感じました。また、多くな収納スペースを備えているアームレストも
とても便利だと思いました。

ただ、新型プリウスPHV(Prius PHV)のアームレストは、ひじ掛けとしてはイマイチ…。
位置が低すぎてひじ掛けとしては、全く機能しないのかなと思いました。

もしこれからこの新型PHVを見に行く方は、ハイブリッド車の新型プリウスとの
後部座席やセンターアームレストの違いや使い勝手を、しっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です