ホンダ新型シビック セダンのインパネ【ハッチバックとの違いとは?】

2017年9月、スタイリッシュなデザインが特徴の新型シビック セダン
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

このセダン車の外装・エクステリアは、ハッチバックと全く異なるデザインに
なっていますが、内装・インテリアは、基本的には同じデザインになっています。

しかし、内装・インパネの細かいところを確認したところ、若干デザインや
装備に違いがありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック セダン(CIVIC SEDAN)の
インパネは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、ハッチバックとの
違いは、なんだったのでしょうか?

新型シビック セダン(CIVIC SEDAN)とハッチバックの内装・インパネの
違いを比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型シビック セダンのインパネ【ハッチバックとの違いは?】

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック セダンの
内装・インパネは、このようになっています。

また、インパネの各装備は、このようなデザインになっていました。

■ハンドル・ステアリングホイール

■シフトレバー

■プッシュ式のエンジンスターター

■空調パネル

■アルミ製のスポーツペダル

■センターコンソール

このセダン車のインパネは、ブラック基調の落ち着いた雰囲気に…。

比較的シンプルなデザインなので、セダン車らしい高級感や上質感は
あまり感じられませんでした。

デザインよりも走りを重要視しているスポーツセダンだとしても、個人的には
もう少し高級感や上質感を感じる内装・インテリアのデザインにしても、
良かったのかなと思いました。

一方、スポーティーさが売りの新型シビック ハッチバックの内装・
インパネは、このようなデザインになっていました。

■新型シビック ハッチバック

ハンドルやシフトレバーのデザインなど、今回フルモデルチェンジをして
新発売された新型シビック セダンとハッチバックの内装・インパネは、
ほぼ同じデザインになっています。

ただ、細かく見比べると、次のような違いがありました。

違い1:助手席側の加飾パネル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック セダンの
内装・インパネは、基本的には同じデザインになっているのですが、
助手席側に施されている加飾パネルのデザインに違いがあります。

■ハッチバックの加飾パネル

■セダンの加飾パネル

ハッチバックの加飾パネルは、カーボン調になっているのに対し、今回私が
見たモデルセダン車の加飾パエルは、重厚感のあるメタル調を採用。

基本的な内装・インパネのデザインは同じになっているのですが、このパネルの
加飾デザインが異なるだけで、雰囲気が全く異なります。

カーボン調のパネルを採用しているハッチバックの方はスポーティーさを
感じるデザインだったのに対し、セダン車は落ち着きのあるスタイリッシュな
デザインの内装・インテリアになっているように感じました。

もし今回フルモデルチェンジを新発売された新型シビック セダンを
見に行く際は、ぜひともこのデザインの違いにも注目をしてみてくださいね。

違い2:シフトレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック セダンと
ハッチバックの違いの一つがシフトレバーのデザインです。

今回私が見たモデルはどちらもCVT車だったので、このようなデザインの
ストレートゲート式のシフトレバーを採用しています。

■新型シビック セダンのシフトレバー

ただ、セダン車はCVT車のみしか用意していないのに対し、ハッチバックは、
3ペダルの6速MT車(マニュアル車)も用意。

新型シビックのコンセプトでもある”操る喜び”をより味わいたい方は、
ハッチバックのマニュアル車を選んでも良いかもしれませんね。

違い3:トランクオープナー

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック セダンと
ハッチバックの大きな違いの一つが、トランクオープナーの有無です。

今回新発売されたセダンのドア内側パネルには、ワンプッシュでテールゲートを
開ける事ができる電動式のトランクオープナーが標準装備されています。

■新型シビック ハッチバックのトランクオープナー

簡単にトランクを開け閉めできるトランクオープナーは、セダン車ならではの
機能&装備なの一つなのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック セダンと
ハッチバックの内装・インテリアを比較してみたところ、このように
なっていました。

この2台のモデルでは、加飾パネルのデザインなどに違いを付けていましたが、
セダン車はもう少し高級感・上質感のある演出にするなど、もう少し差を
つけても良かった気が…。

個人的には、新型シビック セダン(CIVIC SEDAN)の内装・インテリアには、
ちょっと物足りなさを感じてしまいました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です