新型クロスビーはフルフラットになる?シートアレンジを確認

2017年12月、スズキからワゴンとSUVの良いところを組み合わせた新ジャンル
新型クロスビー(XBEE)がデビューをしました。

今回新発売された新型モデルはボディサイズは小さくなっていますが、
様々なシートアレンジが用意されているのが、魅力の一つです。

そんな新型クロスビー(XBEE)ですが、車内をフルフラットにする事は、
できるのでしょうか?また、居心地は、どうだったのでしょうか?

今回新発売されたこの新型モデルでは、フルフラットになるのか
シートアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーのシートはフルフラットになる?

結論から申し上げまして、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)の
シートは、フルフラットにする事が可能です。

実際にこの新型モデルをシートアレンジをして、フルフラットにしてみると、
このような感じになります。

■新型クロスビーのフルフラットモード

かなり広いですよね。

こちらのシートアレンジは、後部座席の背もたれを前方に倒すのと同時に、
ヘッドレストを取り外したフロントシートの背もたれを水平まで倒すと、
このようなシートアレンジになります。

ただ、このシートアレンジは、後部座席の座面の部分で15cmくらいの段差が
できてしまうので、車中泊をする際などは、この段差を埋めるマットや布団が必要です。

また、今回新発売された新型モデルのフロントシートは、ソファーシートではなく、
左右が独立したセパレートタイプになっています。

そのため、運転席と助手席の間に20cmくらいの隙間が生じてしまっています。
なので、この運転席と助手席の間に生じた隙間(スペース)を埋める必要もあります。

しかし、このようなシートアレンジをした時のフルフラットスペースは
意外と広く、家族3人が車中泊をするのには、十分な広さになっているように
感じました。

ちなみに、この新型モデルは広い床下収納(サブトランク)を備えており、
車中泊をする際、様々な荷物を床下収納(サブトランク)に収納できるのも
新型クロスビー(XBEE)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

■新型クロスビーの床下収納

後部座席とフロントシートを密着させるシートアレンジも…

また、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)は、後部座席の座面と
フロントシートの背もたれを密着させるシートアレンジも用意してます。

実際に後部座席の座面とフロントシートの背もたれを密着させてみると、
このような感じ。

こちらの方も十分な広さを備えています。

ただ、最初に紹介した後部座席の背もたれを倒すシートアレンジと比較すると、
若干長さが短い感じが…。

また、新型クロスビー(XBEE)の後部座席の背もたれはリクライニング幅が
小さいため、これ以上背もたれの角度を調節する事は出来ません。

このシートアレンジは、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアなどで
足を伸ばしてリラックスしたい時にはとても良いと思います。

ただ、ちょっと残念だったのは、この新型モデルの後部座席の背もたれは、
ほとんどリクライニングする事ができません。

なので、このシートアレンジで車中泊をするのは、ちょっと厳しいです。

また、このリラックスモードの場合、もう少し後部座席の背もたれが
リクライニングした方が快適に過ごせるように感じました。

後部座席に座った時も背もたれがほとんどリクライニングできないことを
残念に感じたのですが、このシートアレンジをして改めて、後部座席の
リクライニング幅にガッカリとしてしまいました。

>>> 新型クロスビーの後部座席のリクライニング幅を実車画像で確認したい方はコチラ

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)は、このように
車中泊にピッタリなフルフラットになるシートアレンジを用意しています。

車内をフルフラットにした時、後部座席の座面部分で段差ができてしまうのは、
少々残念でしたが、このボディサイズで、車中泊ができるくらいの広さを確保
しているのは、さすがスズキだなと思いました。

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、これらの
シートアレンジ以外にも様々なシートアレンジを用意しています。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、この新型モデルが
用意している様々なシートアレンジにも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、今回新発売された新型モデルでは、”ハイブリッドMX”と”ハイブリッドMZ”で
シートのデザインや使い勝手が異なります。

>>> 新型クロスビーのシートのデザインがMZとMXで異なる!?実車画像で違いを紹介

グレードによるシートのデザインや使い勝手の違いも注目ポイントの一つ
なのかなと思いました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする