新型クロスビーのアイドリングストップ【運転をしていて違和感はあった?】

2017年12月、スズキの人気軽自動車ハスラーの兄貴分となるコンパクトSUV
新型クロスビー(XBEE)が、デビューをしました。

今回新発売された新型モデルで、個人的に注目をしていた機能の一つのが、
アイドリングストップ(アイスト)です。新型クロスビーと同じターボエンジンを
搭載してたスイフトRStでは、アイストが装備されていなかったので…。

今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)に搭載された
アイドリングストップの乗り心地は、どうだったのでしょうか?
他のスズキ車のように静かに発進出発する事ができたのでしょうか?

今回新発売された新型モデルのアイドリングストップ(アイスト)の性能・
乗り心地について確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーのアイドリングストップの乗り心地レビュー

今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)で初搭載された
1.0リットルターボエンジンとアイドリングストップの組み合わせですが、
実際に試乗をしたところ、思ったよりも乗り心地は良かったです。

まず、私が試乗をして良いと感じたのは、エンジンの停止のスムーズさです。

今回新発売されたこの新型モデルは、クルマが停車してからエンジンが
停止をするのではなく、時速9km/hを切ると、エンジンが停止をするシステムに
なっています。

これは他のスズキのクルマと同じなのですが、このエンジンの停止がとてもスムーズ。

エンジンが停止をするタイミングで不快な振動や揺れは、一切感じません。
また、エンジン音に集中してい無いと、いつエンジンが停止したか分らないくらい
スムーズなのも好印象でした。

ただ、エンジン停止時で気になったのは…

ただ、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)を運転していて、少し気になったのは、
エンジンが停止した後に再加速した時です。

減速中に信号が赤から青に変わり、加速をするためにアクセルを踏み込むと、
再度エンジンが始動が始動するのですが、加速するまでに少しタイムラグが…。

また、減速中にエンジンが再始動すると、ハンドルやシートからエンジン始動時の
揺れや振動が伝わってくるのが、少々気になりました。

停車後の再発進はとってもスムーズ

このように減速中からの再加速は少々気になるところがありましたが、
信号待ちなど停車時からの再発進&加速は、とってもスムーズ。

新型イグニスやハスラーなど、他のマイルドハイブリッド車と同様に
この新型モデルでも、スターターモーターでエンジンを再始動させます。

なので、他車のアイドリングストップのように”ブルルルルン”といた感じの
エンジンの始動音&揺れがなく、とてもスムーズに発進をしていってくれます。

この新型クロスビー(XBEE)の停車中の静かさや走り始めのスムーズさは、
アイドリングストップがしないで、停車中、常にクルマが微振動をしていた
同じターボエンジンを搭載していた新型スイフトRStと全く違います。

■新型スイフトRSt

この走り始めのスムーズさ&快適さは、競合車・ライバル車には無い
この新型モデルの魅力&メリットの一つだなと思いました。

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は6速AT車となっており、
CVTを採用している新型イグニス(IGNIS)など、競合車・ライバル車よりも
もっさり感を感じない発進加速になっているのも好印象でした。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、スズキ初の1.0リットルターボエンジンと
マイルドハイブリッド車という組み合わせだったのですが、アイドリングストップの
感じは、実際に運転をしてみると、予想以上に良かったです。

また、アイドリングストップ(アイスト)のスムーズさ静かさに定評のある
他のスズキ車と比較しても、遜色ないように感じました。

このアイドリングストップ(アイスト)のスムーズさ、6速ATの特性を活かした
発進時の加速の良さは、競合車・ライバル車には無いこの新型モデルの魅力の
一つなのかなと思いました。

ちなみに、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)には、マニュアルモードや
スポーツモードが用意されていますが、マニュアルモードやスポーツモードで
運転をすると、アイドリングストップは強制解除されてしまうので、ご注意を…。

ただ、4WD車のみに設定されているスポーツモード(Sモード)は、キビキビとした
スポーティーな走りが好みの人には、おススメですよ。

>>> 新型クロスビーのスポーツモードの試乗の感想【ノーマルモデルと全く違う!?】

燃費性能はその分悪くなりますが…

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする