新型クロスビーのスポーツモードの試乗の感想【キビキビとした走りを楽しめた!?】

2017年12月、スズキの人気軽自動車のハスラー(Hustler)よりもひと回り大きい
小型クロスオーバー車新型クロスビー(XBEE)がデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、4WD車と2WD車を用意していますが、
機能や装備など様々な違いがあります。

そんな新型モデルの4WDと2WD車の大きな違いの一つが、ドライブモードスイッチです。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の4WD車のみ、”スポーツモード”や
“スノーモード”などのドライブモードスイッチが用意されています。

先日、このドライブモードスイッチが装着されている4WD車を試乗する事が
できたのですが、スポーツモードで運転すると、ノーマルモードと全く異なる乗り心地に…。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)に用意されているスポーツモードの
乗り心地や走破性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルに搭載されているスポーツモードで運転した時の感想を
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーのスポーツモード試乗インプレッション

今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)の4WD車では、インパネの中央に
備わっているスポーツモードスイッチを押すと、スポーツモードに切り替える事が
可能です。

■新型クロスビーのスポーツモードスイッチ

私も街中を試乗している最中、インパネの中央にあるスポーツモードスイッチを
押してみました。

すると、アクセルの踏み込み量は一切変えていないのに、スイッチを入れた瞬間、
後ろからグッと押し出されたかのように加速していきます。

また、アクセルワークに対するレスポンスも良くなり、ノーマルモデルよりも
キビキビとした運転を楽しめるように感じました。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、1.6リットルのノーマルエンジン並みの
トルクを誇る1.0リットル直3ターボエンジンと6速ATを搭載しているので、
ノーマルモードでの運転でも十分に満足できる加速力&パワーを備えています。

なので、ノーマルモードでも十分に満足できる走破性&パワーを備えています。

しかし、4WDに備わっているスポーツモード(SPORT MODE)にすると、
ワンランク上のパワーやトルク感に…。

お世辞ではなく、このキビキビトした走りを楽しめるスポーツモード(SPORT MODE)は、
4WD車だけではなく、2WD車にも装備して貰いたかったなと思いました。

スポーツモードで運転していて特に良いと思ったのは…

背中をグッと押されたような加速感を楽しめる新型クロスビー(XBEE)の
スポーツモードですが、私がこのクルマを運転していて、特に良いと思ったのが
カーブを曲がり終えた時の加速&レスポンスの良さです。

カーブを曲がり終えた後、アクセルを踏み込むとタイムラグなく加速をしていって
くれるので、ノーマルモデルよりもメリハリのある運転を楽しむ事が可能です。

このように新型クロスビー(XBEE)のスポーツモードは、アクセルワークに対して
レスポンスが良く、メリハリの効いた運転ができるので、山道のワインディング
ロードの運転は、とても楽しいのだろうなと思いました。

ちなみに、パドルシフトを使って運転をするマニュアルモード(Mモード)と同様に
スポーツモード(SPORT MODE)で運転している時も、アイドリングストップは
自動的に解除されてしまいます。

なので、信号が多い街中などストップ&ゴーが多い場面では、燃費が著しく
悪くなる可能性が…。また、アイドリング時の揺れや振動が不快に感じる
可能性もあります。

個人的には、新型クロスビー(XBEE)の4WD車に搭載されているスポーツモードは、
高速道路や郊外の道など、信号が少ないシーンで活用をするのが良いのかなと
思いました。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の4WD車に備わっている
“スポーツモード(SPORT MODE)”で運転してみたところ、ノーマルモデルでは
味わえないキビキビとした乗り心地・走破性を楽しむ事ができました。

アクセルを踏み込んだ瞬間に、後ろからグッと押されたかのような
チカラ強い
加速力は、1.0リットルエンジンを搭載したクルマとは思えませんでした。

このチカラ強い加速力を楽しめるスポーツモードを備えているのは、
2WD車には無い4WD車の魅力の魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、新型クロスビー(XBEE)は、4WD車よりも2WD車の方が人気が高いですが、
4WD車のみに用意されている”スポーツモード”や”スノーモード”が欲しくて、
あえて4WD車を選ぶお客さんもいるようです。

床下収納(サブトランク)の使い勝手などで劣る4WD車ですが、乗り心地の良さや
走りの良さを優先して、4WD車を選ぶのも良い方法なのかもしれませんね。

>>> 新型クロスビーの床下収納【2WDと4WDでサイズはどのくらい違う?】

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする