新型クロスビーのシートのデザインがMZとMXで異なる!?実車画像で違いを紹介

2017年12月、スズキの人気軽自動車”ハスラー(Hustler)”の兄貴分的存在の
新型クロスビー(XBEE)が、デビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、”ハイブリッドMZ”・”ハイブリッドMX”と言う
2つのグレードを展開しており、機能や装備など様々な違いがあります。

先日、そんな新型クロスビー(XBEE)の2つのグレードを見比べる事ができたのですが、
私が大きく違いうと感じたのは、シートのデザインです。

今回新発売されたこの新型モデルは、上位モデルの”ハイブリッドMZ”と
下位モデルの”ハイブリッドMX”でシートのデザインや機能性が大きく異なるような…。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の”ハイブリッドMZ”と”ハイブリッドMX”では、
シートがどのように異なるのでしょうか?

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の違いを
実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーの”ハイブリッドMZ”と”ハイブリッドMX”のシート比較

2017年12月にデビューをしたスズキの小型SUV新型クロスビー(XBEE)の
“ハイブリッドMZ”と”ハイブリッドMX”のフロントシート&後部座席は、
それぞれこのようなデザインをしています。

■ハイブリッドMZのフロントシート&後部座席

■ハイブリッドMXのフロントシート&後部座席

どちらのモデルもシートサイドにアクセントカラーとハチの巣のような
ハニカム模様を採用しているのは、共通しています。

しかし、この2台のモデルには、次のような違いがありました。

違い1:フロントシートのデザイン

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の上位モデル”ハイブリッドMZ”と
下位モデルの”ハイブリッドMX”のシートの違いの一つは、フロントシートの
デザインです。

上位モデルの”ハイブリッドMZ”のフロントシートでは、ヘッドレストと
肩口の部分にアクセントカラーで縁取りをしたパイピング仕様に…。

■ハイブリッドMZのフロントシートのパイピング仕様

一方、下位モデルの”ハイブリッドMX”では、このような装飾が施されておらず
シンプルなデザインになっています。

■ハイブリッドMXのフロントシート

このように2つのシートを見比べてみると、パイピングアクセントが施されている
上位モデルの”ハイブリッドMZ”の方が新型クロスビー(XBEE)らしいポップな
デザインになっている気が…。

個人的には、見た目のインパクトのある上位モデルの”ハイブリッドMZ”の
フロントシートの方が好みでした。

違い2:シートの機能性

また、今回新発売されたスズキの小型SUV新型クロスビー(XBEE)の
“ハイブリッドMZ”と”ハイブリッドMX”は、シートのデザインだけではなく、
機能性にも違いがありました。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の”ハイブリッドMZ”では、
シートの表皮に水を弾く撥水加工を施した素材を採用。

先日、この新型モデルを試乗した際、ディーラーさんが実際にお水をシートに
垂らして説明をしてくれたのですが、垂らした水がシート内部に染み込まずに
弾いてくれます。

撥水加工を施しているシートを採用しているクルマは多いですが、
新型クロスビー(XBEE)の”ハイブリッドMZ”のシートに施されている撥水力は、
他のクルマのシートよりもかなり強力な感じが…

ちなみに、似たようなデザインになっている”ハイブリッドMX”のシートには、
このような撥水加工は、施されていません。

この撥水加工を施したシートは、アウトドアレジャーシーンだけではなく、
車内で飲み物をこぼしたり、戻してしまう可能性がある小さいお子さんがいる
ご家庭でも重宝するのかなと思いました。

2017年12月にデビューをしたスズキの小型SUV新型クロスビー(XBEE)の
“ハイブリッドMZ”と”ハイブリッドMX”のシートを比較したところ、
このような違いがありました。

この2台のモデルでは、シートのデザインの違いもありましたが、
それ以上に大きな違いを感じたのは、撥水加工の有無です。

車内の使い勝手や清潔さの事を考えると、シート内部に水が染み込まない
撥水加工が施されている”ハイブリッドMZ”のシートの方が、やはり良いのかなと
実際にみて思いました。

ちなみに、新型クロスビー(XBEE)の”ハイブリッドMZ”と”ハイブリッドMX”で
座り心地や肌触りにそれ程大きな違いはありませんでしたよ。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする