スズキ新型クロスビーの内装は安っぽい?実車画像でチェック

2017年12月、車内の広さが魅力のワゴンとSUVの使い勝手の良さを兼ね備えた
小型クロスオーバーワゴンの新型クロスビーが、スズキからデビューをしました。

今回新発売されたこの新型モデルの欠点・デメリットと言われているのが、
安っぽいと言われている内装・インテリアのデザインです。

今回新発売されたスズキ新型クロスビー(XBEE)の内装・インテリアは、
本当に安っぽいのでしょうか?

先日、この新型モデルの内装・インテリアを改めて確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーの内装・インテリアをチェック

2017年12月にデビューをしたスズキ新型クロスビー(XBEE)の内装・
インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型クロスビー ハイブリッドMZの内装・インテリア

今回私が見たモデルは、上位モデルのハイブリッドMZグレードだった事もあり、
ステアリングホイールやシフトレバーが本革巻きになっており、下位モデルの
ハイブリッドMXグレードよりは上質さを演出していました。

■新型クロスビー ハイブリッドMXの内装・インテリア

ただ、今回新発売されたスズキ新型クロスビー(XBEE)の内装・インテリアは、
加飾が少なく、プラスチック感が強いのが、安っぽいと感じる原因なのかなと思いました。

そんな新型モデルの内装・インテリアを確認していて、特に気になった部分を
紹介したいと思います。

気になった事1:インパネ中央部分のデザイン

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の内装・インテリアを確認していて、
特に安っぽいと感じた部分が、インパネの中央に備わっている空調パネルや
シフトレバーのデザインです。

■新型クロスビーのインパネ中央部分のデザイン

空調パネルやシフトレバー部分など、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)では、
インパネ中央部分がシルバー調のデザインになっているのですが、
このシルバー部分のエリアが大きく、逆に安っぽさを強調している感じが…。

また、アクティブギア感を狙っているのかもしれませんが、個人的には、
アイボリー調のパネルとの相性が悪く、どこか浮いているように感じました。

個人的には、シルバー加飾のエリアを減らして、アクセントカラーくらいで
使った方が引き締まった感じで良かったのかなと思いました。

気になった事2:メーターのデザイン

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の内装・インテリアを
確認していて、残念だったのは、メーターのデザインです。

■新型クロスビーのメーター

この新型モデルのメーターでは、光が当たるとこのクルマのフォルムが
浮かび上がるようなギミックを加えていますが、基本的なデザインは、
新型イグニスのメーターと全く一緒になっています。

■新型イグニスのメーター

このメーターは視認性は良いのですが、SUVらしさやアクティブギアらしさは
一切ありません。個人的には、新型クロスビー(XBEE)専用デザインのメーターを
採用して貰いたかったなと思いました。

また、メーターの右側にあるマルチインフォメーションディスプレイは、
モノクロ表示になっている事も、内装・インテリアのやすっぽさを感じる
原因の一つなのかなと思いました。

気になった事3:ドア内側パネルもプラスチック感が…

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の内装・インテリアを
確認していて気になったのが、ドア内側パネルのデザインです。

■新型クロスビーのドア内側パネル

今回私が見たモデルは上位モデルのハイブリッドMZだったので、ドアハンドルは、
メッキ調になっていたものの、ドア内側パネル自体は、かなりシンプルなデザインに…。

個人的には、ドア内側パネルのデザインにも、もう少しこだわっても
良かったのかなと思いました。

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)の内装・
インテリアは、このようなデザインになっていました。

改めて、この新型モデルの内装・インテリアを確認してみたのですが、
「汚れを気にしない使い勝手の良さ」と言うこのクルマの魅力を
考慮したとしても、全体的にプラスチック感が強く、安っぽい感じが…。

乗り出し価格で約250万円するクルマと言う事を考えると、もう少し
上質感のある内装・インテリアにしても良かったのかなと思いました。

>>> 新型クロスビーの乗り出し価格・見積もりの詳細は、コチラから

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする