スライド量はどれくらい?新型クロスビーの後部座席をチェック

ワゴンとSUVの良さを組み合わせた新ジャンルのクロスオーバーワゴンの
新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルの注目ポイントの一つは、シート位置を
調節できるスライド機能を備えた後部座席です。

先日、この新型モデルの試乗をした際、後部座席のスライド量を確認して
みたのですが、思ったよりもスライド幅が大きく、使い勝手が良いような感じが…。

そんな新型クロスビー(XBEE)の後部座席のスライド量は、どれくらいだったのか?

この新型モデルの後部座席のスライド量を確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーの後部座席のスライド量をチェック

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)の後部座席は、
このようなデザインをしています。

■新型クロスビーの後部座席

今回新発売された新型モデルは普通乗用車サイズなので、後部座席は
3人掛けになっていますが、シートの横幅が少し狭いので、3人座るのは
ちょっと厳しい感じが…。

ただ、大人2人なら、十分に快適に過ごせるのかなと思いました。

そんな新型クロスビー(XBEE)の後部座席ですが、シート位置を調整できる
スライド機能を備えています。

実際にこの新型モデルの後部座席を前後にスライドしてみると、このような感じ…。

■新型クロスビーの後部座席をスライドした時の様子

このように見ると、新型クロスビー(XBEE)の後部座席のスライド幅は、
かなり大きいのがわかりますよね。

ちなみに、後部座席を前にスライドすると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、
このように広くなります。

■新型クロスビーの荷室・ラゲッジスペース

このように荷物の量や大きさ、後部座席の乗車状況によって、ラゲッジスペースの
広さを調節できるのは、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

このようなデザインになっている新型クロスビー(XBEE)の後部座席ですが、
試乗した際、ディーラーさんにスライド量を確認してみたところ、
次のようになっていました。

■新型クロスビーの後部座席のスライド量…最大165mm

私も実際に後部座席に座って、この新型モデルのスライド量の大きさを
確認してみたのですが、個人的には大満足。

この新型モデルは、ボディサイズは小さめですが、後部座席のスライド量が
大きいので、シート位置をしっかりと調整すれば、大人が座っても、狭いと
感じる事は、それ程無いのかなと思いました。

ただ、後部座席を一番前にスライドすると、狭い感じが…

基本的に新型クロスビー(XBEE)の後部座席は、大人でも快適に過ごせるだけの
広さを確保していますが、後部座席を一番前にスライドすると、このように
足元空間が狭くなります。

■新型クロスビーの後部座席を一番前にスライドした時の様子

この状態で実際に座ってみると、このような感じに…。

後部座席を一番前にスライドしても、拳一個弱ぐらいの広さがあるため、
座る事は可能です。

ただ、新型クロスビー(XBEE)の後部座席を一番前にスライドすると、
足元空間(ニークリアランス)が狭く、窮屈さ感じます。

また、時々足の位置を変えようとすると、ヒザがプラスチック素材の
シートバックテーブルにぶつかり、ちょっと痛いです。

大人がこの新型モデルの後部座席に快適に座るのなら、後部座席を一番前に
スライドするのではなく、少なくとも5cmくらい後ろにした方が良いのかなと
試乗をして、感じました。

2017年12月にデビューをしたスズキの小型クロスオーバーワゴン車新型クロスビーの
後部座席のスライド幅を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席のスライド幅は、十分。

荷室・ラゲッジスペースに積みこむ荷物の量や大きさ、後部座席に座る
乗車人数によって、自由自在に後部座席の位置を調整を設定できるのは、
とても良いなと思いました。

また、後部座席を一番後ろにスライドした時の足元空間(ニークリアランス)の
広さも好印象でした。

前後に大きくスライドできる新型クロスビー(XBEE)の後部座席は、
コンパクトカーの中でもトップクラスの広さ・居住空間を兼ね備えています。

「子供が後部座席に乗るから、後部座席の広さもしっかりと確保したい!」と、
言う方には、この新型クロスビー(XBEE)は、ピッタリなのかなと思いました。

>>> 新型クロスビーの後部座席をチェック【背もたれのリクライニング幅はどれくらい?】

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする