ちょっと少ない!?新型クロスビーのガソリンタンク容量

スズキの人気軽自動車ハスラー(Hustler)と同じ世界観を共有している
コンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)が、2017年12月にデビューをしました。

車内の広さやキュートな内外装など、様々な魅力があるこの新型モデルですが、
細かく確認をしてみると、気になる事・欠点に感じる事もありました。

その一つがガソリンタンク容量です。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、ガソリンタンク容量は
思ったよりも少なく、航続可能距離も思ったよりも伸びなかった印象が…。

また、2WD車と4WD車でガソリンタンク容量に違いがあるのも、少々驚きました。

そんな新型クロスビー(XBEE)ですが、ガソリンタンク容量は、どのくらいなのでしょうか?
また、2WD車と4WD車では、ガソリンタンク容量にどれくらいの違いがあるのでしょうか?

今回新発売された新型モデルのガソリンタンク容量を確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーのガソリンタンク容量をチェック

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)のガソリンタンク容量は、
2WD車/4WD車それぞれこのようになっていました。

■新型クロスビーのガソリンタンク容量:
2WD車:32リットル
4WD車:30リットル

今回新発売された新型モデルのガソリンタンク容量は、2WD車で32リットル。
個人的には、ちょっと少ない印象が…。

また、車体重量を考えての事かもしれませんが、燃費が悪い4WD車の
ガソリンタンク容量が2WD車よりも少なくなっているのも、少々残念でした。

競合車のガソリンタンク容量ってどれくらい?

ちなみに、同じスズキから発売されているコンパクトカーのスイフト(SWIFT)の
ガソリンタンク容量を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型スイフトのガソリンタンク容量…37リットル

同じスズキから発売された新型スイフト(SWIFT)のガソリンタンク容量は、
2WD車/4WD車ともに37リットルでした。

個人的には、新型クロスビー(XBEE)も新型スイフト(SWIFT)と同じくらいの
ガソリンタンク容量を備えてくれたら嬉しかったです。

新型クロスビーの航続可能距離はどのくらい?

このようなガソリンタンク容量を備えている新型クロスビー(XBEE)ですが、
2WD/4WD車それぞれの航続可能距離は、どのくらいなのでしょうか?

実際に確認してみたところこのようになっていました。

・4WD車の航続可能距離
20.6km/L(燃費) × 30リットル(ガソリンタンク容量) = 659.2km
・2WD車の航続可能距離
22.0km/L(燃費) × 32リットル(ガソリンタンク容量) = 704km

ガソリンタンク容量が多く、また、燃費が良い新型クロスビー(XBEE)の2WD車でも、
航続可能距離は、約700km。

ちなみに、先ほども例に出したスズキのコンパクトカー新型スイフトの
航続可能距離は、このようになっていました。

・4WD車の航続可能距離
25.4km/L(燃費) × 37リットル(ガソリンタンク容量) = 939.8km
・2WD車の航続可能距離
27.4km/L(燃費) × 37リットル(ガソリンタンク容量) = 1013.8km

ガソリンタンク容量だけではなく、燃費の違いも大きいですが、
新型クロスビー(XBEE)と新型スイフト(SIWFT)の航続可能距離を
比較してみると、かなり差は大きいですね。

やはり航続可能距離が短いと、長距離ドライブをする時や、旅行などを行く時に
不安が残ります。また、ガソリンスタンドに行く回数が増えるのも、欠点・
デメリットの一つです。

この航続可能距離の短さも新型クロスビー(XBEE)の欠点・デメリットの
一つなのかなと思いました。

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)のガソリンタンク容量を
確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルのガソリンタンク容量は、コンパクトカーの中でも特に少ない印象が…。
また、それいに伴い、航続可能距離も短くなっている印象を持ちました。

個人的には、新型クロスビー(XBEE)でもガソリンタンク容量は、
35リットル以上は欲しいなと言った印象を持ちました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする