【使いやすい!?】新型クロスビーのアームレスト画像レビュー

カッコ可愛い見た目が特徴の小型クロスオーバー車の新型クロスビー(XBEE)が、
2017年12月、スズキからデビューをしました。

そんな新型モデルの特徴の一つは、広くてゆとりのある車内です。

この新型モデルは、天井の位置が高く、大人が後部座席に座っても、
窮屈感や圧迫感を感じる事無く、快適に過ごせるようになっているのは、
とても良いと思いました。

このように車内の快適性にこだわっている新型クロスビー(XBEE)ですが、
フロントシートや後部座席にアームレストは、装備されていたのでしょうか?
また、使い勝手は良かったのでしょうか?

今回新発売された新型モデルのアームレストの使い勝手などについて
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーのアームレスト画像レビュー:フロントシート編

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)ですが、フロントシートは、
このようなデザインになっています。

■新型クロスビーのフロントシート

この画像を見てもわからないと思いますが、この新型モデルのフロントシートでは、
運転席のみアームレストが標準装備されていました。

この新型モデルの運転席に装備されていたアームレストのデザインは、
このような感じ。

■新型クロスビーの運転席のアームレスト

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の運転席に装備されている
アームレストは、上から降ろして使用するタイプを採用。

ただ、実際に使用してみると分るのですが、ちょっとアームレストの横幅が
狭いような…。なので、少し置いた左腕を動かすだけで、ズルっとアームレストから
ズレ落ちてしまいます。

フロントシートから後部座席へのウォークスルー性を考慮したのかもしれませんが、
個人的には、この新型クロスビー(XBEE)の弟分でもあるハスラー(Huslter)に
採用されているような収納ボックス付きの大きいサイズのアームレストの方が
好みでした。

■ハスラーのフロントシート用のアームレスト

また、この新型モデルには、助手席側にアームレストが用意されていないのも
少々残念でした。

新型クロスビーのアームレスト画像レビュー:後部座席編

一方、2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の後部座席は、
このようなデザインになっていました。

■新型クロスビーの後部座席

また、この新型モデルの後部座席は、乗車人数や荷室・ラゲッジスペースに
積みこむ荷物の量や大きさに応じて、後部座席の位置を調節できるようになっています。

■新型クロスビーの後部座席を前後にスライドした時の様子

>>> 【関連記事】スライド量はどれくらい?新型クロスビーの後部座席をチェック

このように後部座席のスライド機能などを備え、居住性・快適性に優れている
新型クロスビー(XBEE)の後部座席周りですが、残念ながら、シート中央に引き出して
使用できるアームレストの用意は、ありませんでした。

ちょっとコレは、残念ですよね。

今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)の後部座席は、一応3人掛けに
なっていましたが、シートの境目(分かれ目)が中央にある5対5分割方式になっており、
まるで、2人掛けのシートのようになっています。

これならホンダの軽自動車N-BOXの後部座席のような引き出して使える
後部座席用のアームレストを備えて、後部座席に座る人の快適性をもっと
高めても良かったのかなと思いました。

■新型N-BOXの後部座席用のアームレスト

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)のアームレストを
確認したところ、このようになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルでは、アームレストが用意されていたのは、
運転席のみ。他のシートでは、残念ながら、アームレストの用意はありませんでした。

また、運転席に用意されているアームレストも若干サイズが小さく、腕を置いた時の
フィット感があまり良く無いのも、試乗をしていて若干気になるところでした。

このように新型クロスビー(XBEE)のアームレストの使い心地は、あまり良くありません。

もしこの新型モデルのアームレストの使い心地に満足できなかったら、
市販のアームレストを購入して、装備するのも一つの方法なのかなと思いました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする