新型クロスビーはファミリカーに向いている!?【その3つの理由とは?】

キュートな見た目が特徴のスズキのコンパクトSUVの新型クロスビー(XBEE)が、
2017年12月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、かなり個性的な見た目をしているので、
アウトドアなど趣味目的で購入されていく方も多いです。

ただ、先日、この新型モデルを試乗した時に感じたのですが、
この新型クロスビー(XBEE)は、ファミリカーとしても、とても秀逸の
ように感じました。

なぜ、この新型モデルはファミリーカーとして良いのでしょうか?

今回新発売されたこのスズキのコンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)が
ファミリーカーとして向いている3つの理由の紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

新型クロスビーの魅力:車内の広さ

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)がファミリーカーに適していると
感じた理由の一つが、車内の広さです。

コンパクトカーの場合、車内(特に後部座席周り)が狭く、圧迫感を感じる
クルマもありますが、今回新発売されたこの新型モデルは、車内が広くて快適です。

私が実際に試乗をしてみて特に良いと思ったのは、後部座席周りの広さです。

この新型モデルの後部座席は、頭上空間(ヘッドクリアランス)がとても広く、
身長175cmある私がこのクルマの後部座席に座っても、天井までゆとりがあり、
窮屈さや圧迫感を一切感じません。

また、この新型クロスビー(XBEE)の後部座席の着座位置は高めになっているため、
前方の見晴らしも良くなっています。

小さいお子さんだけでなく、小学生高学年~中学生、高校生でも、ゆとりを持って
座る事ができる車内の広さは、この新型モデルの大きなメリットの一つなのかなと
思いました。

ドア開口部も広い

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)を試乗してみて良いと思ったのは、
ドア開口部の広さです。

このようにこの新型モデルは、ドア開口部が広く、また、後部座席の着座位置が
高めになっているので、腰を大きくかがめる事無く、赤ちゃんのチャイルドシートに
座らせることができるので、とてもラクです。

同じプラットフォームを採用しているソリオとは異なり、この新型モデルには、
スライドドアは、装備されていません

もし、「絶対にスライドドアのクルマに乗りたい。」と、思っているのなら、
ソリオやフリード、タンクなどのプチバン、また、ひと回り大きいミニバンの
方が向いていると思います。

ただ、どうしても後部座席にスライドドアを備えたクルマが欲しいと言うので
なければ、新型クロスビー(XBEE)でも十分なのかなと思いました。

新型クロスビーの魅力:使い勝手の良さ

また、使い勝手の良さも新型クロスビー(XBEE)の魅力&メリットの一つです。

例えば、今回新発売されたこの新型モデルの上位グレード”ハイブリッドMZ”の
後部座席には、折り畳み式のシートバックテーブルが用意されています。

■新型クロスビーの折り畳みテーブル

小さいお子さんがいるご家庭では、このような装備は嬉しいですよね。
また、コンパクトカーでこのような装備を備えているのは、珍しいですよね。

また、この新型モデルの上位グレード”ハイブリッドMZ”では、撥水加工が
施してあるシート表皮を採用しております。

なので、お子さんが車内で飲み物をこぼしても安心です。

荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つ

また、荷室・ラゲッジスペースも新型クロスビー(XBEE)の注目ポイントの一つです。

このように上位グレード”ハイブリッドMZ”では、汚れても簡単に
水拭きでキレイにする事ができるプラスチック素材の荷室フロアを採用。

また、使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースだけではなく、競合車・
ライバル車よりも広く手使い勝手の良い床下収納(サブトランク)も用意されています。

■新型クロスビーの床下収納

しかも、この新型モデルに備わっている床下収納も取り外しできるようになっており、
汚れた時には、まるまる水洗いをする事ができちゃいます。

なので、水に濡れた服、水着やウェットスーツなどを床下収納に
放り込んでおく事などもできちゃいます。

家族みんなで旅行やアウトドアレジャーに行く時など、この汚れても大丈夫な
荷室・ラゲッジスペース&床下収納は、重宝するのかなと思いました。

>>> 新型クロスビーの床下収納【2WDと4WDでサイズはどのくらい違う?】

新型クロスビーの魅力:安全装備の充実

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の良いと思った事の
一つが、安全装備が充実しているところです。

下位モデルの”ハイブリッドMX”では、メーカーオプションになっているのですが、
上位モデルの”ハイブリッドMZ”では、スズキの安全装備”セーフティサポート
パッケージ”が標準装備されています。

■新型クロスビーのセーフティサポートパッケージ
・デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト

これだけの機能が装備されていると、安心感が違いますよね。

また、新型クロスビー(XBEE)のデュアルセンサーブレーキサポート(自動ブレーキ)は、
嬉しい事に、対車両だけではなく、対歩行者も検知できるようになっており、
競合車・ライバル車と比較しても十分に満足できる性能を備えています。

小さいお子さんが乗る事を考えると、安全装備が充実している事に
越したことはありません。

この充実した安全装備システムも、スズキ新型クロスビー(XBEE)の
魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)は、
このような特徴&メリットがありました。

このクルマは、趣味のクルマでアクティブに乗りこなすと言うイメージが強いですが、
ファミリーカーとしても、十分に満足できるクルマなのかなと思いました。
弟分のハスラーをファミリーカーと使用している人も多いですしね^^

個人的には、新型クロスビー(XBEE)をファミリーカーとして乗りこなすのも
十分にアリなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんに話を聞いたところ、新型クロスビー(XBEE)を
ファミリーカーとして、購入する方も多いようですよ。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする