グレードは見た目が違う3種類!?|ダイハツ キャスト最新情報3

アクティバ画像
2015年9月9日に遂にダイハツの新型モデル“キャスト(CAST)”
発売されましたね。

先日、いつもお世話になっているでぃーらーさんから連絡が入り、
「キャスト(CAST)のカタログの準備と展示車が届いたので、
是非きてください」

と、連絡を貰ったので、早速見に行ってきました。

そんなキャスト(CAST)ですが、デザイン・の異なる3モデルで発売されています。

・アクティバ (ACTIVA)
・スタイル (STYLE)
・スポーツ (SPORT)

一つのクルマで見た目が全く異なる3つのモデルが発売されるのは、珍しいですよね。

発売前から話題になっているキャスト(CAST)ですが、
運がよくもうすでに発売されているアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)を
実際に見ることができました。

キャスト(CAST)のそれぞれのエクステリア・外装を私が撮ってきた実際の
画像・写真をつかって紹介します。
また、それぞれの競合車のモデルとカンタンに比較をしてみました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

キャスト アクティバは、ハスラーにソックリ!?

キャスト アクティバ(ACTIVA)の見た目・エクステリアは、このような
デザインになっています。

キャストアクティバ画像0023

ハスラー(Hustler)をイメージしたような
カワイさと力強さを兼ね備えた軽SUVスタイルになっていますよね。

大き目のフォグランプやアンダーカバーなどが装備されていて
SUVらしいデザインになっていますね。

ちなみに、こちらがハスラー(Hustler)のデザインです。

ハスラー画像0002

丸くクリクリっとしたヘッドライトは、ハスラー(Hustler)にソックリ。

ヘッドライトやアルミホイールのデザインは似ていましたが、
全体の見た目・エクステリアの印象は、思ったよりも違いました。

今回発売されたダイハツのキャスト(CAST)は、思ったよりも丸っこいイメージ。

キャストアクティバ画像0008

一方、スズキから発売されているハスラーは、軽SUVのジムニーをカジュアルに
したような、カクカクとした印象が・・・。

ハスラー画像0003

このように見比べてみると、思ったよりキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)と
ハスラーは、雰囲気が違うなと思いました。

また、カタログや流出していた画像を見た限りではあまり期待して
いませんでしたが、実際に見たこのキャスト アクティバは予想以上に良かったです。

キャスト アクティバの画像をもっと見たい方は、コチラからどうぞ。

>>> キャスト アクティバの画像付きインプレッション

キャスト スタイルは、N-ONE風デザイン!?

そして、アクティバ(ACTIVA)とともに今回発売されたのが、
キャスト スタイル(STYLE)。

キャスト スタイル(STYLE)は、このようなデザインになっています。

キャストスタイル画像0001

ヨーロピアン風のクラシックなデザインがオシャレですよね。

特に私が見たボディカラーは、ブラック×ホワイトの2トーンカラーなので
ボディの下側などにメッキパーツなどが、とてもオシャレで好印象。

ただ、やっぱり実際に見てみると、キャスト スタイル(STYLE)は、
ホンダから発売されている-ONE(Nワン)っぽいデザインだと思ってしまいました。

グリルの部分などで特徴を出していましたが…。

ちなみにこちらが、ホンダから発売されているN-ONE(Nワン)

N-ONELOW画像0003

クラシックなデザインやメッキパーツの使い方など、N-ONE(Nワン)に
やはり似ていますよね。

キャスト スタイル(STYLE)の方がN-ONE(Nワン)よりも丸いデザインに
なっていますが・・・。

カラーバリエーションもキャスト スタイル(CAST STYLE)の方が少ないですし、
また、クルーズコントロールが装備されていないなど機能面でも劣ります。

見た目はとても良いですが、もしかしたらキャスト スタイル(STYLE)は、
意外と苦戦するのかも!?と、勝手に思っています。

いきなり辛口レビューになってしまいましたが、アクティバ(ACTIVA)同様に
キャスト スタイル(CAST STYLE)も思ったよりも良かったです。

個人的に良いと思ったのは、内装の質感。
特にプライムインテリアの内装・インテリアは、N-ONEよりも好印象でした。

ちなみに、キャスト スタイル(CAST STYLE)を見に行った時に
写真・画像をたくさん撮ってきました。

キャスト スタイルの画像をもっと確認したいという方は、コチラから。

>>> キャスト スタイルの画像つきインプレッション

キャスト スポーツは、あのクルマにソックリ!?

また、ちょっと遅れて発売されるキャスト スポーツ(CAST SPORT)は、
このようなデザインになっています。

キャストスポーツ画像0004

今回発売されるキャスト スポーツ(CAST SPORT)と、他の2モデルの
大きな違いは、タイヤサイズ。

このキャスト スポーツ(CAST SPORT)だけ、16インチのタイヤが
装備されるようです。

キャストスポーツ画像0005

また、足まわりはダイハツの軽スポーツカーのコペン(COPEN)の
モノを流用して使うようです。

基本的なボディのベースは、ダイハツのハイト系ワゴン車のムーブ(MOVE)。
そして、足まわりはコペン(COPEN)。

どのような乗り心地になるか想像できませんが、
ちょっと楽しみですよね^^

ただ、気になったのは、このキャスト スポーツ(CAST SPORT)のデザイン・・・。
このデザインもどこかで見覚えがあるような・・・。

そうなんです。
このキャスト スポーツ(CAST SPORT)は、スズキから発売されている
アルト ターボRSに雰囲気がソックリなんです。

ちなみに、コチラがスズキから発売されているアルトターボRSの
デザインになっています。

アルトターボRS画像0001

アルトターボRS画像0002

私は見た目がソックリも感じてしまいました。

サイドミラーのカラーが赤になっている点やデカールを相違している点など
キャスト スポーツを見ていたら、新型アルトターボRSを思い出してしまいました。

個人的には、もう少し違ったデザインでも良かったのでは!?と、
思ってしまいました。

>>>スポーツの内装のデザインの詳細は、コチラから

また、キャストスポーツの画像を詳しく見たい方は、コチラからどうぞ

>>> キャスト スポーツの画像付き最速インプレッション

キャストスポーツ0001

今回発売されるダイハツのキャスト(CAST)は、このように3つのモデルで
発売されるようです。

ただ、どのモデルももうすでに発売されているクルマに雰囲気がソックリ。
(アクティバは、多少ハスラーと違いましたが・・・)

また、キャスト(CAST)をタイプの異なる3つのモデルで発売した事で、
“キャストらしさ”、このクルマを一言で表す特徴のようなモノが
薄れてしまっているように感じました。

もう少しコンセプトとオリジナル性をハッキリとしても良かったような気がします。

キャスト(CAST)は、ハスラーやN-ONEなどの競合車となるモデルとして
楽しみにしていただけに、少し残念でした。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通 洲雅理 より:

    前も後ろも丸いライトだと男には抵抗があるなぁ~
    (´・д・`)
    良いと思う方も居るでしょうが、自分は要りません。
    ハスラーもなぜあんなに「馬鹿の一つ覚え」みたいに人気があるか意味不明。若干、丸目じゃないからだろうか…?
    ってか、ハスラーは見飽きました。

    • K-コンシェルジュ より:

      通 洲雅理様

      コメントありがとうございます。
      クリクリとした丸いライトだと、抵抗を感じる男性は多いかもしれませんね。

      SUV風のアクティバのリアコンビネーションランプは、
      ダークメッキ調が装備されているので、男性が乗っていても
      ヘンなデザインにはなっていないようですが・・・。

      それにしても相変らずハスラーは人気ですね。
      個人的には見た目のカワイさだけではなく、悪路でも使えそうな
      使い勝手の良さも人気の秘訣かな~なんて思っています。

  2. たま より:

    もう試乗できるんですね、タイトル試乗とあるんでページ探しています。

    • K-コンシェルジュ より:

      たま様

      コメントありがとうございます。
      まだキャストに関しては、試乗は開始されていません。
      ディーラーに展示車もまだ届いていないと思います。

      私も実際にダイハツに行ったのですが、試乗車・展示車の用意はなく
      販売マニュアルのみでの対応でした。

      おそらく試乗が開始されるのは、発売日に9月9日以降になると思います。
      私も発売直後に試乗に行って来ようと思っていますが・・・。

      紛らわしいタイトルにしてしまい申し訳ございませんでした。

  3. 上滝 辰一郎 より:

    ハスラーはワゴンRベースの車で言わばモコの形態クロスオーバー車
    四駆としての性能も生活四駆の域を出ていない
    ディーラーセールスによれば実売も殆どが二駆とのこと
    アクティバとは本気度が違う(メカ的にも)

    一般に見た目だけの似非四駆が増えて(外車も含め)キャンプ場の河原の石も乗り越えられないのをよく見かけるが、(死亡事故になった例もあるしキャンプ場も自主規制が厳しくなった)しっかりした紹介をして欲しい

    ついでに地方のあぜ道で動けなくなったのを引っ張るのはもうたくさんだ
    何より農家に迷惑だし

    • K-コンシェルジュ より:

      上滝 辰一郎様

      コメントありがとうございます。
      また、承認が遅くなり大変申し訳ございませんでした。

      仕事の関係で終日パソコンをチェックする事ができなかったため
      確認作業が遅くなってしまいました。

      大変失礼致しました。

      また、当サイトのポリシーとして誹謗・中傷、サイトに関係の無いコメントなど
      読者様が不快に感じる可能性があるコメントは非公開とさせて頂いております。
      上滝 辰一郎様から頂いたコメントの文章の一部が当サイトのポリシーに反するため
      こちらのコメントのみの公開とさせて頂きました。

      非公開とさせて頂いたコメントに関しましても、出来る限りご回答
      させて頂こうと思っておりますので、ご了承して頂けたらと思います。

      まずはコメントの承認だけを取り急ぎさせて頂き、
      正式なご返信は後ほど送らせて頂きます。

      ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

    • K-コンシェルジュ より:

      上滝 辰一郎様

      お世話になります。

      ご返信が遅くなり大変申し訳ございませんでした。

      上滝 辰一郎様から数回に分けてコメントを頂きましたが
      公開を控えさせていただいたコメントに関しても、こちらの返信をもって
      回答とさせて頂けたらと思います。

      よろしくお願い致します。

      >アクティバとは本気度が違う(メカ的にも)

      そうなんですね。
      アクティバのメカ的な部分は確認をしていないので参考になります。
      今度もしアクティバのメカ的部分が分かる内容のサイト等がありましたら
      教えていただきたいぐらいです。

      >一般に見た目だけの似非四駆が増えて(外車も含め)キャンプ場の河原の石も乗り越え
      >られないのをよく見かけるが、(死亡事故になった例もあるしキャンプ場も自主規制が
      >厳しくなった)しっかりした紹介をして欲しい
      しっかりとした紹介ができるように精進してまいります。

      >キャストはハスラーとは全く違う車
      >アルトとも似てはいない(いわゆるハイト系ではない)
      >ハスラーはもし引き合いに出すのならばDaihatsuネーキッドでしょう
      ありがとうございます。
      このような意見はとても参考になります。

      以前、キャストの販売マニュアルを見せていただいたのですが、
      アクティバとハスラーを比較しており、その時、かなりハスラーを意識を
      しているように私は感じました。

      ディーラーの方に話を聞いても、やはりハスラーとキャスト アクティバで
      悩んでいるお客さんが多いと耳にしました。

      また、私自身もキャスト アクティバを見て基本的なコンセプトは
      似ているのかなと感じたので、このような記事にさせて頂きました。

      アプローチ角度などを研究してハスラー(Hustler)よりも良くしたとは聞いていますが、
      メカ的な部分でダイハツのどこが優れているのか、現時点の私では分かりかねますので
      今度改めて各メーカーに確認してみます。

      とても参考になるご意見ありがとうございました。

      また、コペンに関してのご意見ですが、
      期待値が高かった分、少し残念に感じてしまった部分の感想です。

      クルマの試乗の感想に関しては、メカニズムの部分などを抜きにして
      私自身が実際に試乗した時に感じた事をそのまま素直に表現したものです。

      一人のクルマ好きの試乗の感想なので、「このように感じる人もいるのだな~」
      と思って読み流していただけたらと思います。

      また、上滝 辰一郎様はクルマに相当に詳しいように見受けられます。
      もしサイト等をお持ちでしたら、私の勉強のためご紹介いただければ幸いです。

      この度は貴重なご意見を誠にありがとうございました。
      今後のサイト運営の参考にさせていただきます。

      ちなみに、この連休は遠出をするためコメントの返信をする事ができません。
      (記事は予約投稿されているので自動的に公開されますが・・・)

      予めご了承いただければと思います。