残念に感じた事とは?新型エクストレイルの荷室の欠点&不満

2017年6月、防水加工を施したシートを採用するなど、使い勝手の良さが魅力の
日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)が、マイナーチェンジを行いましたね。

この新型モデルは荷室・ラゲッジスペースにも防水処理を施しており、
使い勝手の良さが魅力になっています。

ただ、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルの荷室・
ラゲッジスペースでは、先代モデルでは採用されていた機能がなくなり、
ちょっとガッカリした部分もありました。

今回新発売された日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・ラゲッジ
スペースを見て、私が欠点&不満に感じた事は、なんだったのでしょうか?

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースを見て、気になった事を
包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクストレイルの荷室・ラゲッジスペースの欠点

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ガソリン車の2列目シートの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインに
なっています。

このクルマのガソリン車は、競合車・ライバル車と異なり、後部座席の
背もたれの中央部分のみの背もたれを収納する事ができます。

後部座席に同乗者がいる時でもスノーボードやスキーなど長尺物を積み込めるのは、
とてもよいと思いました。

また、競合車・ライバル車と同様に後部座席の背もたれ全体を収納する事が可能です。

後部座席を収納すると、荷室の奥行きがかなり長くなりますね。

荷室フロアは、防水加工になっており、日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の
荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車よりも使い勝手が良いように感じました。

新型モデルの荷室で不満に思った事とは…

このように使い勝手が良い日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の荷室・
ラゲッジスペースですが、私が残念に感じたのは、荷室アレンジ。

先代モデルでは、ラゲッジボードを上段に設置して、上下2段にする
荷室アレンジが用意されていました。

■先代モデルの荷室アレンジ

このような荷室アレンジがあると、高さの異なる荷物を積みこむ時は
便利なんですよね。新型エクストレイル(X-TRAIL)を持っている
私の友人も、この荷室アレンジを愛用していました。

しかし、今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型モデルでは、
先代モデルに用意されていた上下2段に分けて積みこめる荷室アレンジは、
無くなっていました。

もし上下2段に分けるのなら、このようにラゲッジボードを取り外して、
床下収納との段差をつけるしかありません。

先代モデルと比較すると、あまり段差がないんですよね。

個人的には、上下2段に設定できるこの荷室アレンジがなくなったのは、
ちょっと残念でした。

上下2段に設定できる荷室アレンジがなくなった理由とは?

新型エクストレイル(X-TRAIL)を試乗した際にディーラーさんに、上下2段の
荷室アレンジがなくなった理由を伺ったのですが、どうやら荷室幅が
狭くなるのが、不評だったようです。

しかし、荷室アレンジの豊富さが日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)の
魅力なので、個人的には、先代モデルのように上下2段に収納できる
荷室アレンジをとっておいて欲しかったです。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

防水加工されたシートや4対2対4に分割できる後部座席の背もたれなど
荷室アレンジの豊富さは、相変わらずこのクルマの魅力の一つです。

ただ、先代モデルのように高い位置にラゲッジボードを設置する
荷室アレンジがなくなったのは、少々残念でした。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です