日産 新型エクストレイルの内装レビュー【ハリアーとの違いを比較してみた】

自動運転技術のプロパイロット機能を搭載した新型エクストレイル(X-TRAIL)
ビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

この競合車・ライバル車の一つが、ほぼ同じタイミングでマイナーチェンジを行った
トヨタの高級SUVのハリアー(Harrier)。

先日、この2台のモデルを続けて試乗をさせて貰ったのですが、内装・
インテリアのデザイン性や使い勝手が全く違いました。

この2台のモデルの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザイン
だったのでしょうか?また、どちらの方が使い勝手が良かったのでしょうか?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)と
新型ハリアー(Harrier)の内装・インテリアを実車画像を使って、比較してみました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクストレイルとハリアーの内装比較レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■インパネ全体

■メーター

■内装の各装備

■シート

一方、こちらはビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ハリアー(Harrier)の
内装・インテリアの様子。

■インパネ全体

■メーター

■内装の各装備

■シート

新型エクストレイル(X-TRAIL)と新型ハリアー(Harrier)では、クルマのテーマや
コンセプトが異なるため、内装・インテリアのデザインが全く異なりますよね。

日産の新型エクストレイルでは、アウトドアなどアクティブなシーンでも気軽に
使えるようにシート素材は、濡れても大丈夫なゴムのような素材を使用しています。

■新型エクストレイルのシート素材

一方、新型ハリアー(Harrier)は街中でも映える高級感・スタイリッシュさを
コンセプトにデザインされたクルマです。

なので、ダッシュボードやドア内側パネルはレザーを採用したデザインに…。

また、今回私が見たモデルは、ハイブリッド車の最上位モデルのプレミアムの
メタル&レザーパッケージだったのですが、高級感や上質感は、明らかに
新型ハリアー(Harrier)の方が上に感じました。

■ハリアーダッシュボードのデザイン

■ドア内側パネルのデザイン

また、この2台のモデルの内装・インテリアを見比べて、このような感想を持ちました。

感想1:オートブレーキホールドは、エクストレイルの方が良い

今回ビッグマイナーチェンジで、日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)・
トヨタの新型ハリアー(Harrier)ともにオートブレーキホールドが装備されました。

ただ、実際にこの2台のモデルのオートブレーキホールドを使ってみると、
明らかに新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が使い勝手が良いように感じました。

この2台のモデルのオートブレーキホールドの違いの一つが、配置されている位置。

新型エクストレイル(X-TRAIL)はシフトレバーの前方に装備されているのに対し、
なぜか新型ハリアー(Harrier)では、ハンドル・ステアリングホイールの右側に…。

■エクストレイルのオートブレーキホールド

■ハリアーのオートブレーキホールド

個人的にはセンターコンソールのシフトレバー近くに設定されている方が
使い勝手が良いように感じました。

感想2:収納スペースはどちらも少な目

今回ビックマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)と
新型ハリアー(Harrier)ですが、必要最低限の収納スペースは確保されていますが、
どちらのそれ程多くありません。

■新型エクストレイルの主な収納スペース

 

■ハリアーの主な収納スペース

収納スペースを多く作り過ぎると生活感がでてしまい、高級感や上級感は損なわれます。

なので、内装・インテリアのラグジュアリーさが売りの新型ハリアー(Harrier)の
収納スペースが少ないのは仕方ないと思います。

ただ、道具感を強調している新型エクストレイルは、もう少し使い勝手の良い
収納スペースを多く用意しても良かったのかなと思いました。

ちなみに、どちらのモデルもボックスティッシュの置き場には、困るのかなと
思いました。

感想3:後部座席の使い勝手は、エクストレイルの方が上

また、シートの高級感・上質感は本革を使用している新型ハリアー(Harrier)の
方が良いと思いましたが、使い勝手の良さや居住性の良さは、日産から発売された
新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が良いように感じました。

例えば、この2台のモデルの大きな違いの一つが、後部座席のスライド機能。

どちらのモデルも後部座席のリクライニング機能は装備されているのですが、
スライド機能が装備されているのは、新型エクストレイル(X-TRAIL)のみです。

■新型エクストレイルの後部座席をスライドした時の様子

※後部座席のリクライニング機能&スライド機能が装備されているのは、ガソリン車のみです。

新型エクストレイルでは、センターアームレストスルーを装備

また、新型エクストレイル(X-TRAIL)のガソリン車は、後部座席の
背もたれの中央部分のみを収納してリアセンターアームレストスルーを装備しています。

■新型エクストレイルのセンターアームレストスルー

なので、後部座席に2人乗車した状態でもスノボーやスキーの板など長尺物を
積みこむ事が可能です。

この使い勝手の良さは、新型ハリアー(Harrier)には無い、新型エクストレイルの
魅力の一つなのかなと思いました。

>>> 【居住性を確認してみた】新型エクストレイルの後部座席は狭い!?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)と
新型ハリアー(Harrier)の内装・インテリアを比較してみたところ、このような
違いがありました。

内装・インテリアのラグジュアリーさや高級感は新型ハリアー(Harrier)の方が
良いように感じましたが、使い勝手は、新型エクストレイル(X-TRAIL)の方が
良いように感じました。

特に後部座席の使い勝手の良さ・居住性の良さは、特筆ものだと思いました。

どちらのモデルを購入しようか迷われている方は、内装・インテリアの
デザインだけではなく、使い勝手や機能性にも注目をして、クルマ選びを
してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です