新型エクストレイル モードプレミアの内装画像【ノーマル車よりもオシャレ!?】

アクティブに乗りこなす人に人気の日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)が、
2017年6月にマイナーチェンジを行いましたね。

今回新発売された新型モデルでは、先代モデルと同様に様々なカスタマイズ
モデルを用意しています。

先日、このカスタマイズモデルの一つでもある”モード プレミア”を
見てきたのですが、ノーマルモデルよりもエレガントなデザインに…。
SUVらしいワイルドさと優雅さを兼ね備えたとても良いデザインになっていました。

>>> 新型エクストレイル モードプレミアの外装を実車画像で確認をしてみる

このようにノーマルモデルよりもエレガントなデザインになっている
新型エクストレイル モードプレミアですが、内装・インテリアもオシャレな
デザインになっていました。

そんな新型エクストレイル モードプレミアの内装・インテリアの
実車画像を撮ってきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクストレイル モードプレミアの内装:インパネ編

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
カスタマイズモデル”モード プレミア(Mode Premier)”の内装・インパネは、
このようなデザインになっています。

■モードプレミアのインパネ

こちらは、ノーマルモデルのハイブリッド車のインパネの様子。

■ノーマルモデルのインパネ

この新型エクストレイル モードプレミアのインパネで注目なのは、
ハンドルのデザイン。

ノーマルモデルでは、ブラックの本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを
採用していたのに対し、この”モード プレミア(Mode Premier)”では、ハンドルの
下部にホワイトを配したデザインを採用。

■ノーマルモデルのハンドル

■モードプレミアのハンドル

う~~ん…。
こハンドル・ステアリングホイールのステッチは、どうでしょうか?

このようなカラーを配したハンドル・ステアリングホイールは珍しいと
思いましたが、わざわざホワイトにする必要は無かったのかなと思いました。

インパネに使用されている素材にも違いが…

また、今回新発売された新型エクストレイル モードプレミアのインパネに
採用されてい素材も異なります。

このモードプレミア(Mode Premier)では、プニプニとした触り心地が
特徴のソフトパッドを使用したインパネを採用。

■ソフトパッドを使用したモードプレミアのインパネ

■ノーマルモデルのインパネ

近くで見ないと分りませんが、実際に近くで見て、触れてみると、
触り心地の違いがスグに分かります。

この質感・触り心地の違いもモード プレミアの注目ポイントの一つ
なのかもしれませんね。

新型エクストレイル モードプレミアの内装:シート編

今回新発売された新型エクストレイル モードプレミアは、
シートのデザインもノーマルモデルと異なります。

このモード プレミア(Mode Premier)のフロントシートと後部座席は、
それぞれこのようになっています。

■モードプレミアのフロントシート

■モードプレミアの後部座席

ちなみに、こちらはノーマルモデルのシート。

ノーマルモデルのシートは防水効果が高いブラックのシートを採用していたのに対し、
この新型エクストレイル モードプレミアでは、ホワイトのレザーシートを採用。

ホワイトカラーになっているハンドルやシフトレバーのデザインは、
それ程良いとは思わなかったのですが、このホワイトレザーシートは、
かなりオシャレ。

撥水効果はノーマルモデルよりも劣るのが欠点・デメリットのですが、
デザイン性は、モード プレミア(Mode Premier)の方が良いように感じました。

アクティブに乗りこなしたい方や、小さいお子さんがいるご家庭では、
撥水効果の高く、掃除がしやすいノーマルモデルのシートの方が良いと思います。

ただ、街乗り目的でデザイン性を重視するのなら、ノーマルモデルよりも
新型エクストレイル モードプレミアの方が良いのかなと思いました。

フロアマットにも違いが…

また、足元のあるフロアマットもモード プレミア(Mode Premier)の
注目ポイントの一つです。

今回新発売された日産の新型エクストレイル モードプレミアでは、
専用のデザインになっているギンガムチェック柄のフロアマットを採用。

■モードプレミアの専用デザインのフロアマット

モード プレミア(Mode Premier)らしいノーマルモデルのフロアマットよりも
オシャレなデザインのフロアマットになっているように感じました。

ちなみに、このギンガムチェック柄のフロアマットは、このモデルの
荷室・ラゲッジスペースにも装備されています。

荷室・ラゲッジスペースの雰囲気も異なりますよね。

個人的には、このフロアマットだけでも欲しくなっちゃうくらい良いデザインでした。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
カスタマイズモデル”モード プレミア(Mode Premier)”の内装・インテリアは、
このようなデザインになっていました。

このモード プレミア(Mode Premier)の内装・インテリアは、ホワイトが
基調になっており、ノーマルモデルよりも明るく開放感のあるデザインに
なっていました。

新型エクストレイル(X-TRAIL)らしいタフさ&アグレッシブさは
控えめになりますが、スタイリッシュに乗りこなしたい人には、ピッタリの
モデルなのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です