新型エクストレイルの欠点は安全装備!?見積もりを貰って残念に思った事

2017年6月、オフロードを走破できる本格派のSUVとして人気を博している
日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)が、ビッグマイナーチェンジを行いましたね。

同一自動運転技術のプロパイロット機能や足の出し入れだけで荷室の扉を
開け閉めできるハンズフリーバックドアなど便利な機能が注目をしている
この新型モデルですが、ちょっと残念だったのは安全装備。

今回新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)に標準装備されている
自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)の性能が
競合車に若干劣っている事も気になりましたが、それ以上に気になる事も…。

>>> 【競合車よりも劣る!?】新型エクストレイルの自動ブレーキの性能を確認してみた

そんな新型エクストレイル(X-TRAIL)の安全装備の残念なところ、
欠点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクストレイルの安全装備の欠点

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)は、
自動ブレーキの自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)や
BSW(後側方車両検知警報)など十分に満足できる機能を備えています。

私も高速道路を試乗した時にこのBSW(後側方車両検知警報)を確かめさせて
貰ったのですが、車線変更をする時や合流時には、とても便利だと思いました。

>>> 新型エクストレイルを試乗インプレ【高速道路でBSWを試した感想】

このように性能的には十分に満足できるレベルになっている新型エクストレイル(X-TRAIL)の
安全装備システムですが、見積もりを貰った時に残念に感じたのは、このクルマに
搭載されている多くの安全装備システムが、メーカーオプション設定になっていた事。

標準装備されている安全装備システムはこのように極わずかで、
装備していて欲しいほとんど機能が、メーカーオプション設定となっています。

■新型エクストレイルに標準装備されている安全装備機能
・インテリジェント オートライトシステム
・自動ブレーキ(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・LDW(車線逸脱警報)
・運転席/助手席エアバッグ

■メーカーオプション設定になっている安全装備機能
・ハイビームアシスト
・インテリジェント ルームミラー
・インテリジェント パーキングアシスト
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・運転席/助手席サイドエアバッグ
・カーテンエアバッグ

競合車・ライバル車の一つでもあるマツダのCX-5/CX5では、ほとんどの安全装備
システムが標準装備されている事を考えると、ちょっと残念ですよね。

個人的に特に残念だったのは、カーテンエアバッグや運転席や助手席の
サイドエアバッグがメーカーオプション設定になっていた事。

衝突の衝撃を軽減してくれるサイドエアバッグやカーテンエアバッグは、
標準装備にしてくれても良かったのに…と、思いました。

ちなみに、メーカーオプション設定になっている新型エクストレイル(X-TRAIL)の
安全装備システムをすべて装備すると、オプション価格だけで、約50万円近くに
なっていしまします。(安全装備以外にもプロパイロット機能なども装着されますが…。)

すべての安全装備システムを装着した時のオプション価格の高さも
新型エクストレイル(X-TRAIL)の欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
安全装備システムの充実度はとても良かったのですが、欲しい多くの機能や
装備がメーカーオプション設定になっているのは、残念でした。

また、装備する際のオプション価格も欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

私もこのクルマの見積もりを貰った時にビックリとしたのですが、これらの
安全装備をすべて装備すると、驚くような乗り出し価格になるので注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です