新型エクストレイル ハイブリッドの欠点【荷室はガソリン車に劣る!?】

2017年6月、日産のミドルクラスSUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)
ビッグマイナーチェンジを行いましたね。

外装・エクステリアのデザインは大幅に進化したこの新型モデルですが、
パワートレインは、先代モデルと同様にハイブリッド車とガソリン車を用意。

先日、この2台のモデルの外装や内装を見比べる事ができたのですが、
特に違うと感じたのが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やデザイン。

正直に言って、新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車は、
ガソリン車よりも荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が劣るように感じました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインに
なっていたのでしょうか?

また、ガソリン車よりも劣る・欠点と感じた部分は何なんでしょうか?

実際にこのハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースを見た感想を
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクストレイル ハイブリッド車の荷室画像

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車のリヤビュー(後ろ姿)は、このようなデザインになっています。

私が今回見たグレード”ハイブリッド 20X”は足の出し入れの動作で荷室の扉を
開け閉めできるハンズフリーバックドアを標準装備しているので、せっかくなので
試して見る事に…。

エンブレムの下のあたりにサッと足を出し入れしてみると、ピピっと鳴って、
バックドアがオープン。

実際に使ってみると気になる部分もありますが、赤ちゃんを抱えている時や
手にいっぱい荷物を抱えている時には、便利な機能なのかなと思いました。

>>> エクストレイルのハンズフリーバックドア【実際に使って気になった事とは?】

そして、今回ビッグマイナーチェンジを新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようになっていました。

このクルマはミドルサイズのSUVだけあって、荷室・ラゲッジスペースの
広さは十分ですよね。このクルマは後部座席を収納して、さらに広い荷室・
ラゲッジスペースを作り出す事も可能ですが、このままでも十分な広さを
確保しているように感じました。

このように広さには、十分に満足できた新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースですが、実際に見ると、次の事が
気になりました。

欠点1:荷室フロアの素材

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースを見て、残念に思った事の一つが、
荷室フロアの素材。

ガソリン車の荷室・ラゲッジスペースは、水に濡れたウェットスーツやスノボー、
スキー、汚れたキャンプ道具を気軽に積みこめるように防水加工されたプラスチック
素材をフロアに採用しています。

■ガソリン車の荷室・ラゲッジスペース

一方、新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車は、ガソリン車と異なり
ファブリック素材の荷室フロアを採用。

そこで、近くにいた日産のスタッフの方に、「ハイブリッド車でもガソリン車と同様に
濡れた荷物やアイテムをどんどん置いても大丈夫ですか?」と確認してみたのですが、

スタッフ曰く、「荷室・ラゲッジルームの下にハイブリッドのバッテリーなどが
搭載されているため、故障の原因になる濡れたアイテムなどは極力避けた方が
良いとの事。」

また、「もし荷室・ラゲッジスペースに濡れたアイテムや荷物を積みこみたいのなら
ディーラーオプションのラゲッジカバーを置いた方が良い。」
と、言われました。

ガソリン車よりも劣るハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、
欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

欠点2:荷室フロアの高さ

また、ガソリン車よりも荷室・ラゲッジスペースのフロアが高くなっているのも
新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の欠点・デメリットの一つです。

実際にガソリン車とハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースの
フロアの高さを比較してみると、このような感じ。

■ガソリン車の荷室・ラゲッジスペース

■ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペース

ガソリン車の方が荷室フロアが低いのがわかりますよね。
また、掃出し口とフラットになっているので、荷物の出し入れがしやすい感じが…。

一方、ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、掃き出し口よりも荷室フロアが
一段高くなっています。なので、ガソリン車よりも荷物の積み下ろしが、ちょっと
大変な感じが…。

この荷室フロアの高さも新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の
欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の
ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

荷室の奥行きの広さなどは良いと思ったのですが、荷室の使い勝手は
ガソリン車に劣る感じが…。

ディーラーさんの話によると、新型エクストレイル(X-TRAIL)の場合、
ハイブリッド車よりもガソリン車の方が人気が高いようです。

この荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の違いも、ガソリン車の人気に
多分に影響を与えているのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です