新型クロスビーで車中泊は可能?シートアレンジ&居住性を確認してみた

2017年12月、アウトドアレジャーにピッタリなカジュアルなSUV
スズキの新型クロスビー(XBEE)がデビューをしましたね。

この新型モデルの全長は3760mmとなっており、日産ジュークやホンダの
ヴェゼルなど競合・ライバル車よりもコンパクトなボディサイズになって
いますが、車中泊をする事は可能なのでしょうか?

また、車中泊に適したシートアレンジをした時に、気になる事は、
無かったのでしょうか?

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)で車中泊が可能なのか
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型クロスビーで車中泊は可能?シートアレンジを徹底チェック

結論から申し上げますと、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)では、
車中泊をする事が可能です。

今回新発売されたこの新型モデルは、様々なシートアレンジを用意していますが、
車中泊に一番適しているシートアレンジは、コチラ。

■車中泊に適した新型クロスビーのシートアレンジ

後部座席の背もたれは、前方に収納。

そして、フロントシートは、ヘッドレストを外して、少し前方へスライドし、
背もたれを一番後ろまでリクライニング。そうすると、先ほど紹介したような
シートアレンジにすることが可能です。

このシートアレンジをするためには、フロントシートのヘッドレストを外したり、
また、前方にスライドしないといけいないので、このシートアレンジにするのには、
少々手間が多いのが難点・欠点です。

ただ、このシートアレンジにすると、家族3人くらいまでなら横になる事が
できますし、何より、奥行きが2m以上になるので、身長185cmくらいまでなら
横になる事ができるのがとても良いと思いまた。

このようにこのシートアレンジにすると、十分な広さを確保する事ができますが、
このシートアレンジで車中泊をするには、ちょっと気になる事が…。

私が実際にこのシートアレンジをした際に横になってみて、気になった事を
お話したいと思います。

弱点1:後部座席部分の段差

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)を車中泊をできるシートアレンジにした時に
気になった事の一つが、後部座席の段差です。

このように後部座席の背もたれ部分で、約15cm~20cmくらいの段差が
できてしまいます。

■後部座席の背もたれ部分の段差

なので、この新型モデルで車中泊をするには、マットや座布団、布団などで
この段差を埋める作業をしないといけません。

また、スズキの新型クロスビー(XBEE)の最上位モデルのハイブリッドMZの
フロントシートのシートバックには、折り畳み式のテーブルが備わっています。

■新型クロスビーの折り畳みテーブル

厚めのマットや座布団、布団などでカバーをしないと、横になった時に
ゴツゴツとして、寝心地が悪くなるのも気になるポイントの一つでした。

弱点2:車内の高さ

また、新型クロスビー(XBEE)の車内の高さも、車中泊をする際に気になった
ポイントの一つです。

先ほども紹介した通り、この新型モデルは、後部座席の背もたれを収納して、
フロントシートをリクライニングすれば、横になるスペースを作り出す事ができます。

ただ、フロントシート部分にマットなどを敷き詰め、横になれるスペースをすると、
車内の高さは約750mm~800mmくらいになってしまい、座ったり、移動をするのには、
少し窮屈な感じが…。

実際に私が車中泊をできるシートアレンジをした状態で荷室・ラゲッジスペースに
座ってみたのですが、頭が天井にぶつかってしまいました。

本当に車内で寝るだけで良いと言うのなら、新型クロスビー(XBEE)でも可能ですが、
車内でリラックスしたいとお考えなら、車内がもう一回り広いクルマの方が
良いのかなと思いました。

弱点3:荷物の置き場に困る

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)で車中泊をする時に困りそうだと
思ったのが、荷物の置き場です。

このクルマで車中泊をすると、高さも奥行きもなんとか人が横になれる
スペースしかないので、荷物置き場に困る感じが…。

このクルマで荷物置き場になりそうなスペースは、荷室・ラゲッジスペースの
フロアの下に備わっている床下収納(サブトランク)とフロントシートと後部座席の
足元空間くらいしかありません。

■新型クロスビーの床下収納

もし今回新発売された新型クロスビー(XBEE)で車中泊をするのなら、
持っていく荷物を最小限にする必要があるのかなと思いました。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)で車中泊ができるか確認してみたところ、
このようになっていました。

この新型モデルでは、何とか車中泊をすることが可能です。
ただ、本当に何とか車中泊をできると言った感じです。

もし快適に過ごしたいのなら、新型クロスビー(XBEE)よりも大きいクルマや、
ホンダのN-BOX+(Nボックス プラス)やフリード プラスなど車中泊向けの
クルマを選んだ方が良いのかなと思いました。

>>> 実車を見て気になった弱点とは?新型クロスビーの後部座席

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です