大きさどのくらい!?新型クロスビーの荷室容量を確認してみた

ハスラーをひと回り大きくしたコンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)が、
2017年12月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルも注目ポイントの一つが、荷室・ラゲッジスペースです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロアは、防水加工が施されており、
使い勝手の良いデザインに…。

また、この新型モデルは、後部座席をスライドできるデザインになっており、
荷物の量や大きさによって、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整できる
ようなデザインになっているのも好印象でした。

そんな新型クロスビー(XBEE)ですが、荷室・ラゲッジスペースの容量は、
どのくらいなのでしょうか?競合車・ライバル車と比較して、広いのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した時に、荷室容量を確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

通常時の新型クロスビーの荷室容量

今回新発売されたスズキのコンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■後部座席を使用時の新型クロスビーの荷室

こちらが、後部座席を一番後ろにスライドした時の通常時の荷室・
ラゲッジスペースです。

荷室開口部の床面の高さが810mmと若干高めになっているので、重たい荷物を
積みこむには不向きですが、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロアは、
拭き取りやすいプラスチック素材になっているのは、好印象でした。

このように後部座席を使用した時の新型クロスビー(XBEE)の荷室容量を確認したところ、
次のようになっていました。

■新型クロスビーの通常時の荷室容量…124リットル

後部座席を一番後ろにした時の新型クロスビー(XBEE)の荷室容量は、
ちょっと狭め…。

ただ、この新型モデルは、広くて使い勝手の良い床下収納(サブトランク)を
用意しているので、後部座席を一番後ろにした時でも十分に満足できる荷室・
ラゲッジスペースの広さを確保しているように感じました。

後部座席を収納時の新型クロスビーの荷室容量

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)は、後部座席を収納して、
広い荷室・ラゲッジスペースにする事が可能です。

背もたれに装備されているレバーを操作して、後部座席の背もたれを収納した時の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペース

後部座席の背もたれを収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、
かなり広くなりましたよね。

この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは1,490mmとなっており、アウトドアや
旅行など荷物が多くなるシーンでも十分に対応できるのかなと思いました。

また、後部座席の背もたれ部分で僅かな段差が生じてしまっていますが、
この段差もそれ程大きくなく、荷物の積み降ろしの妨げにならないのも好印象でした。

そんな後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスぺースの容量を確認したところ、
このようになっていました。

■新型クロスビーの後部座席の荷室容量…520リットル

この新型クロスビー(XBEE)の後部座席を収納した時の荷室容量は、520リットル。

ちなみに、この新型モデルと同じプラットフォームを採用しているスズキの
コンパクトSUV”新型イグニス(IGNIS)”の後部座席を収納した時の荷室容量は、
415リットルとなっています。

■新型イグニスの後部座席を収納した時の荷室画像

新型イグニスと比較すると、新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースの
容量がいかに多いかわかりますよね。

3.7メートルと短いボディサイズの事を考慮すれば、個人的には、この新型モデルの
荷室容量は、十分に満足できる広さになっているように感じました。

また、この荷室容量の大きさは、競合車・ライバル車の一つでもある
同じスズキから発売されている”新型イグニス(IGNIS)”には無い、
新型クロスビー(XBEE)の魅力の一つなのかなと思いました。

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の荷室・ラゲッジスペースの
容量を確認してみたところ、このようになっていました。

コンパクトカーサイズと言う事で、後部座席を一番後ろにした時の荷室容量は、
ちょっと狭いかなと言った印象を持ちました。

ただ、この新型モデルは、広い床下収納を備えており、また、後部座席も
スライド&収納できるので、しっかりとシートアレンジをすれば、荷室・
ラゲッジスペースの使い勝手で困る事は無いのかなと思いました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、荷室フロアのデザインや
床下収納の広さなど、競合車・ライバル車と異なります。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれるのなら、ぜひとも荷室・
ラゲッジスペースの使い勝手もしっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> 新型クロスビーの床下収納【2WDと4WDでサイズはどのくらい違う?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です