新型クロスビーの後部座席はリクライニングできる?快適性チェック

小型クロスオーバーワゴンをコンセプトにした新型クロスビー(XBEE)が、
2017年12月、スズキから発売されました。

遊び心のある外装や内装のデザインが注目を集めているこの新型モデルですが、
私が良いと思ったのは、後部座席周りの充実度です。

この新型モデルでは、フロントシートのシートバックに折り畳みテーブルを
備えたり、スライド機能を搭載するなど、後部座席周りの機能や装備が充実。

室内空間も広く、長時間ドライブでも、快適に過ごせるように感じました。

そんな新型クロスビー(XBEE)の後部座席ですが、背もたれの角度を
調整できるリクライニング機能は、装備されているのでしょうか?
また、座り心地・快適性は、どうだったのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した際、後部座席のリクライニング機能も
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型クロスビーの後部座席:リクライニング機能をチェック

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の後部座席は、
このようなデザインになっています。

■新型クロスビーの後部座席

大人が3人座るには、若干狭い感じがしましたが、2人までなら十分に満足できる
シートサイズに…。サイドサポートは少々甘めですが、座面のクッションは良く、
長時間座っていても、お尻が痛くならなそうなのは、好印象でした。

また、今回新発売された新型モデルの後部座席は、このようにシートの位置を
調整できるスライド機能を標準装備。

この通り新型モデルのスライド幅はビックリするくらい大きめ!

>>> スライド量はどれくらい?新型クロスビーの後部座席をチェック

このように積みこむ荷物の大きさや量など、使用目的やシチュエーションによって、
後部座席の足元空間と荷室の広さを調整できるのは、とても良いと思いました。

このようなデザインになっている新型クロスビー(XBEE)の後部座席ですが、
嬉しい事に、後部座席の背もたれの角度を調節できるリクライニング機能が
用意されています。

ただ、ちょっと残念なのは、リクライニングの幅です。

ご覧いただければ分かると思いますが、今回新発売されたこの新型モデルの
後部座席の背もたれのリクライニング幅は、たったこれだけ。

ちょっと残念ですよね。

実際にリクライニングした状態としていない状態で腰を掛けてみると、
背もたれの角度に違いがあるのは分ります。

ただ、腰がそれ程ラクになった感じはしません。

また、新型クロスビー(XBEE)では、フロントシートと後部座席をくっつけて、
足を伸ばせて座れるシートアレンジ”リラックスモード”を用意しています。

■新型クロスビーのリラックスモード

このリラックスモードは足を伸ばせて座れるので、その名の通り、
車内でくつろぐにはとても良いのですが、個人的には、背もたれを
もう少しリクライニングできた方が快適に齟齬すことができるのかなと思いました。

ちなみに、新型クロスビー(XBEE)の後部座席のリクライニングは、
肩口についているレバー操作すれば、かんたんに背もたれを倒す事ができます。

また、このリクライニングレバーは、肩口にレバーが付いているので、
後部座席に座っている時だけではなく、荷室・ラゲッジスペース側から
操作できるのも好印象でした。

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の後部座席の
リクライニング性能を確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席には、リクライニング機能が装着されているのは
とても良かったですが、実際に試してみると、リクライニング幅は、予想以上に
小さい感じが…。

ボディサイズの関係で、もしかしたら、後部座席のリクライニング幅を大きく
取れなかったのかもしれませんが、この小さなリクライニング幅は、ちょっと
物足りなさを感じました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、この後部座席の
リクライニング幅もしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です