新型クロスビーのインパネ【実車画像を使ってハスラーとの違いを比較】

2017年12月、SUVとミニバンの良いところを兼ね備えた小型クロスオーバー車
新型クロスビー(XBEE)が、デビューをしました。

この新型モデルは、スズキの人気軽自動車のハスラー(Hustler)の
兄貴分と言う事で、どちらのモデルも似たような見た目に…。

また、内装・インテリアも似たようなデザインになっているように感じました。

そんな新型クロスビー(XBEE)とハスラー(Hustler)の内装・インパネは、
どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような違いが
あったのでしょうか?

スズキから発売されている2台のコンパクトSUVの内装・インパネを
比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型クロスビーとハスラーの内装・インパネ比較

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)とスズキの人気軽自動車
ハスラー(Hustler)の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインに
なっています。

■新型クロスビーの内装・インテリア

■ハスラーの内装・インテリア

どちらのモデルもバイオポリカーボネートのパネルを採用しているのが
印象的なデザインに…。

ただ、ハスラー(Hustler)の内装・インパネは平面的なデザインになっているのに対し、
新型クロスビー(XBEE)の方が立体的なデザインに…。

また、新型クロスビー(XBEE)の内装・インパネは、インパネ中央部分の
シルバー加飾が良いアクセントになっており、ハスラー(Hustler)よりも
上質感のあるデザインになっているように感じました。

収納スペースの使い勝手にも違いが…

ただ、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)とハスラー(Hustler)では、
運転席周りの収納スペースの使い勝手に違いがあるように感じました。

例えば、シフトレバーの横にある四角い収納ボックス”インパネセンターポケット”は、
新型クロスビー(XBEE)のみの収納スペースです。

■新型クロスビーのインパネセンターポケット

一方、助手席側の上段のパネル部分に用意されている収納スペース
“インパネボックス”は、ハスラー(Hustler)のみの収納スペースになっています。

■ハスラーのインパネボックス

このインパネボックスはサイズが小さいのが、ちょっと残念なのですが、
蓋の部分は、テーブルとしても使う事ができるので、意外と使い勝手は良いです。

また、大きなサイズになっている新型クロスビー(XBEE)のアームレスト部分にも
収納スペースが…。

■ハスラーの収納ボックス付きのアームレスト

この2台のモデルでは、収納スペースの配置や使い勝手が若干異なりますが、
個人的には、ハスラー(Hustler)の方が使い勝手は良いのかなと思いました。

パネルのデザインにも違いが…

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)とハスラー(Hustler)では、
インパネに採用されているバイオポリカーボネートのパネルのカラーにも
違いがあります。

ハスラー(Hustler)では、ボディカラーや内装色に合わせて、ホワイトや
イエロー、グリーン、ブラックなど様々なパネルのカラーを用意しています。

■ハスラーのパネルのカラー

このように見ると、パネルのカラーで内装・インテリアの雰囲気が
がらりと変わりますね。

しかし、新型クロスビー(XBEE)は、イエローやオレンジ、アイボリーの
シートカラーを用意しているものの、標準装備で用意をしているパネルの
カラーは、アイボリーの一色のみ。

■新型クロスビーのパネルカラー

この新型モデルでもレッドやチェッカーフラッグ柄のパネルを用意していますが、
これらは標準装備ではなく、ディーラーオプションとなっています。

新型クロスビー(XBEE)でもハスラー(Hustler)と同じように、もう少しパネルの
カラーのバリエーションを増やしても良かったかもしれません。

内装・インテリアのデザインも軽自動車のハスラー(Hustler)の方が、
新型クロスビー(XBEE)よりも一枚上手なのかなと思いました。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)と、同じスズキから発売されている
スズキの人気軽自動車のハスラー(Hustler)の内装・インパネを比較したところ、
このようなデザインになっていました。

インパネのデザイン性は、新型クロスビー(XBEE)の方が良いと思いましたが、
収納スペースの多さやカラーバリエーションは、ハスラー(Hustler)の方が
良いように感じました。

ただ、現在のところアイボリーカラーのパネルしか用意をしていない
新型クロスビー(XBEE)ですが、特別仕様車などで、今後、内装のカラー
バリエーションを増やしていくかもしれませんね。

>>> 見やすいのはどっち?新型クロスビーとハスラーのメーター比較

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です