違いは大きい!?新型クロスビーとソリオのサイズの違いを比較

2017年12月、SUVとワゴンの良いところどりをした小型クロスオーバー車
新型クロスビー(XBEE)がデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは、スズキから発売されているイグニスや
ソリオ(SOLIO)と同じプラットフォームを採用しております。

ただ、スライドドアを採用している新型ソリオと新型クロスビーでは、
ボディサイズにも違いが…。

この2台のモデルのボディサイズは、それぞれどのようになっていたのか?
また、この2台のモデルのボディサイズは、どれくらい異なるのか?

スズキからデビューをした新型クロスビー(XBEE)とソリオ(SOLIO)のサイズの
違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型クロスビーとソリオのサイズ比較

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)の外装・エクステリアは、
このようなデザインになっています。

■新型クロスビーの外装・エクステリア

この新型モデルは、ハスラーをひと回り大きくしたようなキュートな見た目が特徴。

また、この新型モデルを試乗した際にディーラーさんからお話を伺ったのですが、
スライドドアのクルマまでは必要ないけど、後部座席にも人を乗せたい、また、
デザインや使い勝手も妥協をしたくないと言うお客さんの要望に応えるために
開発されたようです。

なので、後部座席の居住性も十分。

■新型クロスビーの後部座席

この使い勝手の良さが、新型クロスビー(XBEE)の魅力の一つなのかなと思いました。

一方、スズキの人気プチバンソリオ(SOLIO)の外装・エクステリアは、
このようなデザインになっています。

■新型ソリオ(SOLIO)の外装・エクステリア

このソリオ(SOLIO)は、新型クロスビー(XBEE)よりもひと回り背が高い感じが…。

また、スライドドアを採用しているこのクルマは、フロア位置が低く、
乗り降りがしやすくなっているのも好印象でした。

そんな2台のモデルのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型クロスビーとソリオのサイズ比較
・スズキ 新型クロスビー
全長:3,760mm
全幅:1,670mm
全高:1,705mm
・スズキ 新型ソリオ
全長:3,710mm
全幅:1,625mm
全高:3,745mm

ちょっと意外だったのですが、全高を除いた全長・全幅に関しては、
ソリオ(SOLIO)よりも新型クロスビー(XBEE)の方が広めに設定。

個人的には、全高や全幅もソリオ(SOLIO)の方が広い印象を
持っていただけに、このサイズの違いには、少々驚きました。

車内の広さ・居住性は、ソリオの方が圧倒的に上

このように全高を除いたボディサイズに関しては、新型クロスビーよりも
ソリオ(SOLIO)の方が広くなっていましたが、車内の広さを見比べてみると、
ソリオ(SOLIO)の方が一回り広くなっています。

実際に室内の広さを確認してみるとこのような感じ…

■新型クロスビーとソリオの室内の広さを比較
・スズキ 新型クロスビー
室内長:2,175mm
室内幅:1,355mm
室内高:1,280mm
・スズキ 新型ソリオ
室内長:2,515mm
室内幅:1,420mm
室内高:1,360mm

ボディサイズを比較した際は、新型クロスビー(XBEE)の方の大きさが
目を引きましたが、室内の広さを見比べると、室内長/室内幅/室内高
すべての面において、ソリオ(SOLIO)の方が広い結果に…。

私が実際にこの2台のモデルを乗り比べて、特に違いを感じたのが、
頭上空間(ヘッドクリアランス)とフロントシートと後部座席の距離です。

新型クロスビー(XBEE)よりもソリオ(SOLIO)の方が、フロントシートと後部座席の
天井が高く、また、シート感の距離が広いため、ゆったり座れる感じが…。

小型クロスオーバー車の新型クロスビー(XBEE)でも十分な広さの後部座席を
確保しているので、ファミリーカーとして活躍をしてくれると思います。

>>> 新型クロスビーはファミリカーに向いている!?【その3つの理由とは?】

ただ、車内の広さに特化をしたソリオ(SOLIO)には、少し及ばないのかなと思いました。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)とソリオ(SOLIO)のサイズを
比較してみたところ、このようになっていました。

ボディサイズは新型クロスビー(XBEE)の方が大きい部分があったものの、
やはり車内の広さに関しては、ソリオ(SOLIO)の方が一枚上手な感じが…。

先ほども申し上げた通り、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)でも
十分にファミリーカーとしての役割を果たす事ができますが、車内の広さや
居住性にこだわるのなら、ソリオ(SOLIO)の方が良いのかなと思いました。

ただ、汚れに強い素材を荷室・ラゲッジスペースに使用するなど、
クルマとしての使い勝手に関しては、新型クロスビー(XBEE)の方が
良いのかなと思いました。

>>> 新型クロスビーのサイズ【イグニスとの違いを実車画像で比較】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です