新型クロスビーは何cc?パワー不足を感じるシーンはあった?【試乗インプレ】

2017年12月、スズキからキュートな見た目が特徴のコンパクトSUVの
新型クロスビー(XBEE)が、デビューをしました。

スズキから発売されている人気軽自動車のハスラーをひと回り大きく
したような見た目になっているこの新型モデルですが、何ccのエンジンを
搭載しているのでしょうか?

また、この新型モデルの走り&パワーは、どうだったのでしょうか?

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)のエンジンの排気量や
パワー、走りを確認してきたので、紹介したいと思います。

新型クロスビーは何cc?エンジンの性能を確認してきた

結論から申し上げまして、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)では、
1.0リットルのエンジンを搭載しています。

「えっ!?1リットルエンジンなの?」
「パワー不足は感じない?加速力は良いの?」

と、この新型モデルのパワーや加速力に不安を感じるかもしれません。
実際に私は、この新型モデルを試乗する前はそうでした。

しかし、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)に搭載されているエンジンは、
ノーマルえんじんではなく、「ブースタージェットエンジン」と呼ばれる
3気筒ターボエンジンK10C型を採用。

■新型クロスビーのブースタージェットエンジン

そのおかげもあり、今回新発売されたこの新型モデルに搭載されているエンジンは、
1.5リットルのノーマル車に匹敵をするパワーや加速力を備えているそうですよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

実際に運転してみてパワー不足を感じた?

このように1.5リットルのノーマルエンジン相当のパワーを備えていると言われている
新型クロスビー(XBEE)のブースタージェットエンジンですが、実際のパワー&加速力は、
どうだったのでしょうか?

私はいつもお世話になっているスズキのディーラーさんにこのクルマを2時間程借りて、
試乗をさせてもらったのですが、予想以上に加速力&パワーは、良かったです。

新型クロスビーを試乗して最初に驚いたのは…

まず今回新発売されたこの新型モデルを試乗して、一番最初に驚いたのは、
レスポンスの良い加速の良さです。

この新型モデルに採用されているトランスミッションはCVTではなく、
6速AT(オートマ)と言う事も影響していると思いますが、アクセルを
踏み込んだ瞬間に、タイムラグなく後ろがらグッと押されたように
発進して、そのままだれる事無く気持ちよく加速が伸びていく感じが
とても良かったです。

このトルクフルな走り出し&チカラ強さは、一回り大きいコンパクトカー
ホンダのフィット3(FIT3)やトヨタのアクア クロスオーバーなどとは、
大きく異なる部分だと思いました。

また、スズキの新型クロスビー(XBEE)は6速ATなので、CVTのようなエンジン音に
後から加速がついていくような感じがなく、リニア感があるのも好印象でした。

高速道路の運転がラク

また、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)を試乗した際に高速道路を
1区間だけ運転をさせて貰ったのですが、高速道路の運転がとってもラク。

私が高速道路を運転をしやすいと思った理由の一つが、追い越しと
車線変更のしやすさです。

この新型モデルは、低速域よりも中速域~高速域の方が得意なようです、
エンジンの回転数が3000回転を超えたあたりから、グググっとパワーが
盛り上がり、チカラ強い走りをしてくれます。

また、先ほども紹介した通り、レスポンスが良いので、高速道路での
合流や追い越しがとってもラクちん。

この高速道路でのチカラ強い走りは、1.0リットルエンジンのクルマとは思えません。

もし、新型クロスビー(XBEE)のエンジンの性能を知らずに、
「このクルマに搭載されているエンジンは、2.0リットルだよ~」
と、言われても信じてしまうかもしれません。

そのくらい今回新発売されたこの新型モデルのエンジンの性能は、
良かったです。

ちなみに、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)の4WD車には、
同じアクセルの踏み込み具合でも、よりチカラ強いトルクや加速力を
発揮してくれるスポーツモード(SPORT MODE)を用意しています。

■新型クロスビーの4WD車のスポーツモードスイッチ

スポーツモードスイッチをONにして運転すると、さらにパワフルで
気持ちよい走りが…。

2WD車のノーマルモードでも十分な走りを堪能する事ができますが、
もしワンランク上の走りや加速力を堪能したいのなら、スポーツモードが
用意されている4WD車を選んでも良いのかなと思いました。

>>>新型クロスビーのスポーツモードの試乗の感想【乗り心地は、どうだった?】

2017年12月にデビューをしたスズキの新型クロスビー(XBEE)のエンジンの性能を
確認したところ、このようになっていました。

この新型モデルに用意されているエンジンは1.0リットルエンジンだったのですが、
この事を感じさせないパワー&加速力が…。

なので、運転をしていて、パワー不足を感じるシーンは、一切感じませんでした。

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)は、スズキの人気コンパクトカーの
新型スイフトのRStグレードと同じエンジンを搭載していいます。

しかし、新型スイフトRStと異なり、この新型モデルはアイドリングストップを
備えているので、アイドリング時の振動や揺れが気になりにくいのも好印象でした。

>>> 新型クロスビーのアイドリングストップ【運転をしていて違和感はあった?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です