センターコンソールは備わっている!?新型クロスビーの内装をチェック

新ジャンルとなる小型クロスオーバーワゴンの新型クロスビー(XBEE)が、
2017年12月、スズキから新発売されました。

今回新発売された新型モデルの特徴の一つは、アイボリーカラーのパネルを
備えた遊び心をくすぐるインパネとアクセントカラーが印象的なシートです。

収納力も多く、使い勝手が良さそうな新型クロスビー(XBEE)の内装・
インテリアですが、運転席と助手席の間にセンターコンソールは、
備えているのでしょうか?

先日、今回新発売された新型モデルの内装・インテリアを確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型クロスビーはセンターコンソールは、装備されている?

2017年12月にデビューをした新型クロスビー(XBEE)ですが、内装・インテリアは、
このようなデザインになっています。

■新型クロスビーの内装・インテリア

ご覧いただければ分かると思いますが、この新型モデルでは、運転席と
助手席の間にセンターコンソールは、装備されていません。

ちなみに、同じプラットフォームを採用している新型イグニス(IGNIS)には、
ドリンクホルダーなどを備えたセンターコンソールが用意されていました。

■新型イグニスのセンターコンソール

このように新型イグニスでは、センターコンソールが備わっていたので、
今回新発売された新型クロスビー(XBEE)にもセンターコンソールは、
装備されると思っていたのですが…。

個人的には、センターコンソールに備わる収納ボックス付きのアームレストを
重宝しているので、この新型モデルにアームレストが用意されていないのは、
少々残念でした。

ただ、その一方、今回新発売されたスズキの新型クロスビー(XBEE)には、
センターコンソールが用意されていない事でメリットもありました。

そんな新型モデルのセンターコンソールを装備していないメリットを
紹介したいと思います。

メリット1:後部座席にウォークスルーする事ができる

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)にセンターコンソールが
備わっていないメリットの一つは、後部座席にウォークスルーができる事です。

今回新発売された新型モデルは、センターコンソールがないおかげで、運転席と
助手席の間にこのように約20cm程度の隙間が生じています。

■新型クロスビーの運転席と助手席の隙間

このように運転席と助手席の隙間はそれ程広くないので、恰幅(かっぷく)の良い方は、
この隙間をぬって後部座席にアクセスをするのはちょっと厳しいですが、細身の方は
小さいお子さんなら難なくこの間を通過して、後部座席へアクセスする事が可能です。

ミニバンやプチバンでは、後部座席にウォークスルーできるクルマはありますが、
新型クロスビー(XBEE)のようなコンパクトSUVでウォークスルーできる機能を
備えているのは、ちょっと珍しいです。

ウォークスルーするスペースが狭いので、通り抜けられる人が限られてしまうのが、
少々残念でしたが、小さいお子さんがいるご家庭では、センターコンソールよりも
ウォークスルースペースの方が重宝するのかなと、思いました。

また、今回新発売された新型クロスビー(XBEE)のフロントシートは、
ソファーシートになっていないものの、運転席から助手席にウォークスルー
できるのも好印象でした。

ちなみに、私は身長175cm中肉中背なのですが、何とか運転席から後部座席に
ウォークスルーをする事ができました。(本当にかなりキツキツでしたが…)

メリット2:荷物置き場としても大活躍

また、センターコンソールが備わってい無い事で生まれた新型クロスビー(XBEE)の
運転席と助手席の間のスペースですが、荷物置きとしても重宝します。

私は試乗した時、トートバックを持っていっていたのですが、運転席と助手席の
間にスペースに置いておけたので、とっても便利。

スーパーマーケットの袋など厚みのあるものを置く事はできませんが、
トートバックや女性用のハンドバックなどなら、問題なく置けると思います。

助手席に同乗者がいなければ、ハンドバックやトートバックを助手席に
置いておけるので良いですが、助手席や後部座席に同乗者がいる場合は、
意外と鞄(カバン)の置き場に困るんですよね。

家族みんなでお出かけする時など、鞄(カバン)を置いておくスペースが
運転席ちかくにあるのは、意外と重宝するのかなと思いました。

ちなみに、私もこの新型モデルを試乗した時に、トートバックを持っていたので、
試乗の際中、運転席と助手席の間のこのスペースに鞄を置いていたのですが、
意外と安定感があって良かったです^^

また、運転席からスグに手が届く場所に鞄を置いておけるので、
信号待ちなどちょっとしたタイミングで、鞄の中から必要な物を
取り出せるのも好印象でした。

2017年12月にデビューをしたスズキのコンパクトSUV新型クロスビー(XBEE)では、
残念ながらセンターコンソールは、装備されていませんでした。

しかし、センターコンソールの代わりに、この新型モデルでは、後部座席に
アクセスできるウォークスルースペースを用意。

車外に出る事無くフロントシートと後部座席を行き来できるように
なっているのは、とても良いと思いました。

また、このウォークスルースペースは、鞄(カバン)など荷物を置く
スペースとしても利用できるのも好印象でした。

>>> 新型クロスビーのアームレスト画像レビュー【フィット感・使い心地はどうだった?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です