ダイハツ ウェイクの内装画像レビュー【マイチェンの変更点とは?】

ウェイク画像00002

ダイハツのウルトラハイト系ワゴンのウェイク(WAKE)
2016年5月にマイナーチェンジをして、新発売されましたね。

今回のマイナーチェンジでは、不評だったフロントグリルがメッキ調の
デザインに変更され、高級感・上質感ある感じに…。

>>> ウェイクの外装画像レビュー 変更されたフロントグリルはどうだった?

このように外装・エクステリアのデザインの変更が注目を集めている
マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)ですが、内装・インテリアの
デザインも良くなっていました。

そんなウェイク(WAKE)の内装・インテリアのデザインの写真を撮ってきたので、
徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ウェイクの内装画像インプレ:インパネについて

今回マイナーチェンジをして新発売されたウェイク(WAKE)の内装・インパネは、
このようなデザインになっています。

ダイハツウェイク画像0018

ブラックが基調になっていて、オシャレなデザインになっていますよね。
ルーフもブラックカラーになっており、シックな雰囲気の内装・インテリアに
なっていました。

また、今回私が見たウェイク(WAKE)のモデルは最上位グレードの
“GターボSAⅡ”だったのですが、カーナビが設置される部分のオーディオ
クラスターや中央部分の送風口がシルバー加飾されています。

ダイハツウェイク画像0013 ダイハツウェイク画像0015

ブラックが多用されているこのウェイク(WAKE)の内装・インテリアで
このシルバーの加飾がワンポイントになっていて、なかなか良い
デザインだと思いました。

センタークラスター部分に注目

また、今回マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)の
内装・インテリアを見て驚いたのが、シフトレバーやエアコンの
コントローラーが装備されているセンタークラスター部分。

先代モデルでは、このセンタークラスター部分はちょっとシンプルな
シルバーのプラスチック素材を使用したデザインになっていました。
なので、少し安っぽい感じが…。

しかし、今回マイナーチェンジをして新発売されたウェイク(WAKE)は、
このように高級感のあるピアノブラックに変更。

ダイハツウェイク画像0014

個人的にはセンタークラスター部分の周りをシルバーやメッキで
加飾してくれたら尚良かったのですが、先代モデルと比較して
高級感のあるデザインになっているのは、好印象でした。

収納スペースの多さに感動

また、久しぶりにダイハツのウェイク(WAKE)を見て良いと思ったのは、
収納スペースが多い事。

運転席まわりだけでもこのような収納スペースが用意されていました。

ダイハツウェイク画像0015ダイハツウェイク画像0021 ダイハツウェイク画像0023 ダイハツウェイク画像0022

このような収納スペースの中で個人的に使い勝手が良いと思ったのは、
助手席の前に用意されている大型トレー。

ダイハツウェイク画像0016

このような大型トレーが内装・インパネに備わっているクルマは、
珍しいですよね。

このウェイク(WAKE)を確認した時にディーラーさんに教えて貰ったのですが、
この大型トレーだけで約6.6りっとの収納力を備えているようです。
また、サイズも十分に広く、一眼レフのカメラがスッポリと収まるように
設計されているようです。

軽自動車の中には収納スペースの数は多くても、各スペースが小さく
使い勝手がそれ程良くないクルマもあります。しかし、今回ダイハツから
新発売されたウェイク(WAKE)は、各収納スペースのサイズも大きく使い勝手が
良いのも高ポイントでした。

新型ウェイクの内装画像インプレ:シートについて

また、マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)のシートは、
このようなデザインになっていました。

■フロントシート

ダイハツウェイク画像0024

■後部座席

ダイハツウェイク画像0007

今回マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)のシートは、
全面ファブリック素材のシートを採用。そのため競合車・ライバル車の
ホンダのスーパーハイト系ワゴンのNボックス(N-BOX)のシートよりも
高級感や上級感はありません。

ただ、このウェイク(WAKE)のシートは撥水加工されており、
水分をしみこまないようになっているのは、好印象でした。

ダイハツウェイク画像0002

また、後部座席の背もたれのラゲッジゲート側はこのようにビニールの
ような素材で覆われており、防水仕様になっていました。

ダイハツウェイク画像0028

なので、泥などでこのシートバックが汚れても水拭きでサッとふき取る事が可能です。
このように汚れや濡れに強いデザインになっているのは、好印象でした。

後部座席は前後にスライドする事が可能

また、ウェイク(WAKE)の後部座席は、このように前後にスライドする事も
可能になっています。

こちらは後部座席を一番後ろにした時。

ダイハツウェイク画像0009 ダイハツウェイク画像0010

そして、こちらは後部座席を一番前にした状態。

ダイハツウェイク画像0008 ダイハツウェイク画像0005

ディーラーさんの話によると、このウェイク(WAKE)の後部座席は、
約240mmもスライドする事ができるようです。

この大きなスライド幅もウェイク(WAKE)の魅力の一つなのかなと思いました。

ダイハツウェイク画像0012

今回マイナーチェンジをしたウェイク(WAKE)の内装・インテリアは、
このようなデザインになっていました。

先代モデルと基本的なデザインは同じでしたが、センタークラスター部分に
ピアノブラック調のパネルを仕様するなど高級感・上質感が良くなったのは、
好印象でした。

また、相変らず使い勝手が良さそうな収納スペースも魅力を感じました。
この収納スペースの多さや使い勝手の良さ、軽自動車随一だなと実際に見て
感じました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です