ヴィッツ2017の荷室画像レビュー【ラゲッジはフルフラットになる?】

ヴィッツ画像-1390

2017年1月、トヨタのヴィッツ(Vitz)がマイナーチェンジをして、
新発売されましたね。

今回のマイナーチェンジでハイブリッド車が追加されただけではなく、
内外装のデザインも変更!より洗練されたスタイリッシュなデザインに
なりました。

見た目は良くなったこの新型モデルですが、荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手はどうなのでしょうか?

先日、このヴィッツ(Vitz)を試乗した時に荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手やデザインを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ヴィッツの荷室・ラゲッジスペース画像レビュー

今回マイナーチェンジをして新発売されたヴィッツ(Vitz)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

ヴィッツ画像-1638

ヴィッツ画像-1663 ヴィッツ画像-1659

こちらは今回新設定されたハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペースなのですが、
基本的なサイズは、ガソリン車と同様。

また、ディーラーさんに荷室サイズも確認したのですが、先代モデルと
まったく同じサイズになっているようです。

若干荷室サイズ(特に奥行)が小さいのが少し残念でしたが、床下収納も
装備されており、また、荷室開口部も広いので、比較的使い勝手は比較的
良いように感じました。

■ヴィッツの床下収納

ヴィッツ画像-0657

また、ヴィッツ(Vitz)の荷室・ラゲッジスペースの左側には、ライトも完備。

ヴィッツ画像-0649

コンパクトカーの中には、ラゲッジライトを用意していないクルマもあるんですよね。

このヴィッツ(Vitz)はラゲッジライトもしっかりと用意されているのは、
個人的には好印象でした。

新型ヴィッツの荷室はフラットになる?

このようなデザインをしているヴィッツの荷室・ラゲッジスペースですが、
後部座席を収納した時は、フラットになるのでしょうか?

残念ながらこの新型モデルでは、後部座席を収納した時にこのように
段差ができてしまいます。

ヴィッツ画像-1670

実際にこのクルマの後部座席を収納して、段差を確認してみると、
このような感じ。

ヴィッツ画像-1684

思ったよりも後部座席の段差は大きいですよね。
この段差部分に荷物を置くと、安定感はあまり良くなさそうです。

ただ、ラゲッジボードを使用すると…

ただ、ヴィッツ(Vitz)の上位モデルには、荷室・ラゲッジスペースを
上下2段に分ける事ができるラゲッジボードが用意されています。

ヴィッツ画像-1599 ヴィッツ画像-1615

このラゲッジボードを使用すると、このように後部座席の段差がなくなり
ほぼフルフラットに…。

また、段差があった吐き出し口もこのようにフルフラットに…。

ヴィッツ画像-1582

このラゲッジボードを使用すると、荷室・ラゲッジルームの使い勝手が
格段に良くなったように感じますね。

ヴィッツ(Vitz)の荷室・ラゲッジスペースは荷室サイズが競合車・
ライバル車のアクア(AQUA)よりも狭いので、フラットにするだけではなく、
荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を良くするこのラゲッジボードは、
おススメのアイテムだなと思いました。

ちなみに、このラゲッジボードは、ヴィッツ(Vitz)の上位モデルの
Uグレードなどでは、標準装備されています。

また、標準装備されていないモデルでもディーラーオプションで装備する事も可能です。

ご自分が購入するグレードに標準装備されているかは、カタログや
ヴィッツのホームページで確認できるので、興味がある方は確認をしてみてくださいね。

ヴィッツ画像-1594

今回新発売されたヴィッツ(Vitz)の荷室・ラゲッジスペースは、
このようなデザインになっていました。また、後部座席を収納した際、
段差が生じてしまいフルフラットには、なりませんでした。

ただ、上位モデルに標準装備されているラゲッジボードを使用すると、
後部座席の段差がなくなり、フルフラットにすることが可能です。

ラゲッジボードを使用すると、吐き出し口の段差もなくなり、
荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が格段に良くなります。

荷室・ラゲッジスペースに多くの荷物を積み込む予定の方は、
ラゲッジボードの良さを十分に実感できるのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です