トヨタの新型ヴィッツ ハイブリッドの試乗の感想【後方視界はどうだった?】

1.5リットルエンジンとモーターを搭載したヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)
ネッツトヨタから新発売されましたね。

1.5リットルエンジン+モーターを組み合わせたハイブリッド車というと
トヨタのアクア(AQUA)があるので、「なぜヴィッツからハイブリッド車!?」と
疑問に思いましたが…。

そんなヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を先日試乗してきたのですが、
前方の視界の悪さは気になったものの、乗り心地の良さは好印象でした。

>>> ィッツの前方視界【実際に試乗をして気になった事とは?】

このように前方視界はあまり良くなかった新型ハイブリッド車ですが、
後方視界についてはどうだったでしょうか?

先日、このヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を試乗してきた時に後方の
視界についても確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタ ヴィッツ ハイブリッドの後方視界

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の運転席に座って、
後ろを向いた時の後方視界は、このようになっています。

リヤガラスの大きさは、思ったよりも小さくありません。

もちろんもう一回り大きい方が後方視界も確認しやすいように感じましたが
個人的にはストレスを感じる小ささではありませんでした。

また、試乗をした時にディーラーさんの駐車場をお借りしてバックでの
駐車を確かめさせてもらったのですが、このクルマはボディが小さいため
車体感覚もつかみやすく、また、小回りも効くので駐車はしやすいように感じました。

この真後ろの視界やバックをしやすいデザインは、好印象でした。

真後ろの視界は良かったけど、斜め後方の視界は…

このように真後ろの視界は良いように感じたのですが、ヴィッツ ハイブリッドを
試乗をしていて、斜め後方の視界はあまり良いように感じませんでした。

今回私がこのクルマを試乗していて気になったのは、後部座席の横にある
サイドウィンドウのデザイン。

このように見るとわかると思いますが、ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の
ウィンドウは下端が高めに設定してあり、また、後方にいくにつれて下端が高くなる
デザインを採用しております。

また、このようにクルマの中かからみると分るのですが、サイドウィンドウの
一番後方部分にパネルがはめ込まれています。

そのため斜め後方の死角は、かなり大きくなっています。
実際にこのクルマの運転席から斜め後方を確認してみると、このような感じ。

やはり斜め後方の視界は大きいですよね。

車線変更時に後方から接近してくる車両を検知してお知らせしてくれる
ブラインドスポットモニター(BSM)が装備されていれば、まだ安心して
運転する事ができるのですが、残念ながらこのクルマには装備されていません。

なので、私も妻もヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を運転していて、
車線変更をする時などちょっと怖いなと感じてしまいました。

サイドミラーのデザインも…

また、今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)はサイドミラーも小さめ。

運転席からこのサイドミラーを確認してみると、このような感じ。

少しミラーに映し出される範囲が小さいですよね。

このサイドミラーの小ささも斜め後方の視界の悪さを助長しているように
感じました。

この斜め後方の視界は、このヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の欠点・
デメリットだと思いました。

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の後方視界を
確認してみたところ、このようになっていました。

真後ろの視界に関してはそれ程気になる部分はなかったものの斜め後方の
視界はイマイチ…。個人的には車線変更をする際などいつも以上に注意を
払う必要があるのかなと感じました。

もしこれからヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を試乗する際は、
車線変更を何度か試すなど後方の視界についても確認をしてみてくださいね。
また、駐車のしやすさについても、確認をしてみてくださいね。

ディーラーさんに、「このクルマで駐車をしてみたのですが、良いですか?」
というと、気持ちよく確かめさせてくれると思いますよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です