【Fグレードとの違いは?】ヴィッツHVのUグレードの外装の実車画像レビュー

2017年1月、トヨタの新型ヴィッツ(VItz)がマイナーチェンジをして、
ハイブリッド車を追加しましたね。

先日、このクルマの見積もりを貰った時に人気モデルについても伺ってきたのですが、
ガソリン車と同様に一番人気は、Fグレードのようです。そして、次いで人気なのは、
豪華な装備や機能が特徴のUグレードのようです。

そんな新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のUグレードとFグレードの
外装・エクステリアに違いはあるのでしょうか?

先日、東京のお台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)に行った時に
この新型ハイブリッド車のUグレードの外装・エクステリアの写真を撮ってきたので、
紹介したいと思います。

また、Fグレードとの違いについても紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ヴィッツ ハイブリッドのUグレードの外装画像レビュー

今回マイナーチェンジをして新発売された新型ヴィッツ ハイブリッドの
外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

基本的なデザインは他のグレードと変わらない

今回新発売された新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は、
フロントグリルのデザインやリヤコンビネーションランプのデザインなどが
変更され、よりドッシリ感のあるデザインに…。

ただ、人気モデルのFグレードの外装・エクステリアと比較すると、
大きな違いはありません。

ちなみに、こちらはFグレードの外装・エクステリア。

今回私が見た新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のUグレードの
ヘッドライトはLEDライトやフロントフォグランプが装備されているので、
一見すると外装・エクステリアは違うように感じます。

ただ、今回私が見たUグレードに装着されていたLEDヘッドライトもフロント
フォグランプもメーカーオプション。なので、UグレードとFグレードの外装・
エクステリアに違いはありませんでした。

UグレードとFグレードで唯一異なるのは・・・

このようにメーカーオプションのLEDヘッドライトやフロントフォグランプを除くと
ほぼ同じデザインになっている新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の
UグレードとFグレードですが、唯一異なるのが、ホイールのデザイン。

今回新発売された新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のUグレードの
タイヤ&ホイールは、15インチのスチールホイールを採用。

※ちなみに、私が実際に見たモデルはメーカーオプションの15インチの
アルミホイールが装着されていました。

一方、下位モデルのFグレードでは、ホイールのサイズが小さい14インチの
スチールホイールを採用。

このようにホイールのデザインを見比べると、見た目のスタイリッシュさが
異なりますよね。

個人的には15インチのホイールを装備した新型ヴィッツ ハイブリッドの
上位モデルUグレードの方がオシャレで良いよう感じました。

このホイールのデザインは、UグレードとFグレードの外装・エクステリアの
大きな一つなので、しっかりと確認をしてみてくださいね。

今回マイナーチェンジをして新発売された新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の
上位モデルUグレードの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

Uグレードの専用装備は、15インチのタイヤのみ。
それ以外の装備&機能は、他のグレードと全くと言っていいほど同じでした。

Uグレードの特徴は他のグレードよりも優れた装備&機能なので、個人的には
LEDのヘッドランプやフロントフォグランプを標準装備にしても良かったのかなと
思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です