【実車を見た感想】新型ヴィッツ ハイブリッドの小物入れは多い?

2017年1月、トヨタの人気コンパクトカーヴィッツ(Vitz)がマイナーチェンジをして、
外装や足回りの強化を図りましたね。また、注目のハイブリッド車も追加されましたね。

今回新発売された新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の内装・インテリアは、
基本的にはガソリン車と同じデザインになっているのですが、ハイブリッド車は
全グレード通じてフルオートエアコンを採用するなど豪華な装備を採用。

また、ハイブリッド車は全グレード共通して、6対4分割方式の後部座席を
採用しているのも好印象でした。

そんな新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)ですが、車内に用意されている
小物入れの使い勝手や数はどうだったのでしょうか?

先日、この新型ハイブリッド車を試乗した時に小物入れ・収納スペースの
使い勝手や配置位置についても確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ヴィッツ ハイブリッドの小物入れの使い勝手レビュー

今回新発売された新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)ですが、
日産のマーチやマツダのデミオ(DEMIO)と比較して、かなり収納スペース・
小物入れは多くなっています。

実際にこの新型モデルでは、このような収納スペースが用意されていました。

■助手席アッパーボックス

■助手席オープントレイ

■ドリンクホルダー

■助手席シートアンダートレイ

■買い物アシストシート

■センターコンソールトレイ

■グローブボックス

■フロントドア内側パネルのポケット

■リヤカップホルダー

このように見ると、十分ですよね。

クルマによっては収納スペースが小さいものばかりと言う事もありますが、
新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は大きい物から小さい物まで様々な
タイプの小物入れが用意されているのが印象てきでした。

特に助手席側の小物入れ・収納スペースの多さには、感動しちゃいました。

この中で私と妻が特に気にいた収納スペースが、助手席側にある助手席アッパーボックス。

この助手席アッパーボックスは、スタイリッシュなデザインをしたパネル部分を
持ち上げると登場する小物入れなのですが、高さも調整できて、使い勝手が抜群!
また、ディーラーさんに実演をしてもらったのですが、薄型のボックスティッシュなら
スッポリと収納する事もできるそうです。

軽自動車などボックスティッシュ置き場を用意しているクルマもありますが、
コンパクトカーサイズのクルマだとボックスティッシュの置き場がない事の方が多いですよね。

その点、この新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)はしっかりと
ボックスティシュを置けるスペースが用意されているのは、とても良いと思いました。

ヴィッツHVの収納スペースで残念だったのは・・・

このように小物入れ・収納スペースの多さや使い勝手の良さに大満足だった
新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)ですが、実車を見て残念に感じたのは、
後部座席の収納スペースの少なさ。

このクルマの後部座席の中央部分にドリンクホルダーは用意されていますが、
収納スペースは少ないです。実際に後部座席のドア内側パネルを見ると、このような感じ。

アームレスト部分に小さなポケットが付いているだけ・・・。
また、助手席側のシートバックについているポケットは、上位モデルのみ。

後部座席のドリンクホルダーの使い勝手も含めて、
新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の後部座席の収納スペース・
小物入れは、少々残念でした。

>>> 【関連サイト】新型ヴィッツHVのドリンクホルダーの使い勝手レビュー

今回マイナーチェンジをして新発売された新型ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の
小物入れの配置位置やサイズ、使い勝手はこのようになっていました。

フロントシートまわりの小物入れの数や使い勝手には大満足だったのですが、
後部座席まわりはちょっと少ないく、また、使い勝手もあまり良くない印象を持ちました。

個人的にはもう少し後部座席まわりの小物入れを充実してもらいたかったです。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です