ヴィッツ ハイブリッドの試乗の感想【エコモードの加速力はどうだった?】

ヴィッツ画像-0061

ネッツトヨタのコンパクトカーヴィッツ(Vitz)ですが、販売低迷の
テコ入れとして、ハイブリッド車が追加されましたね。

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を先日、
試乗してきたのですが、思ったよりも良い感じ!

同じトヨタから発売されているアクア(AQUA)と比較すると若干運転席の
着座位置が高いように感じましたが、そのためアクアよりも視界は良いように
感じました。

そんなヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)ですが、アクア(AQUA)など
他のトヨタのハイブリッド車種と同様にノーマルモード、エコモードなどが
用意されています。

このエコモードの加速力&乗り心地は、どうだったのでしょうか?

先日、このクルマを試乗した際、エコモードも確かめてきたので、
乗り心地や加速力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ヴィッツ ハイブリッドの試乗の感想:エコモードの乗り心地レビュー

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は、運転席と
助手席の間にあるセンターコンソール部分にエコモード(ECO MODE)の
切り替えスイッチが用意されています。

ヴィッツ画像-1787

ヴィッツ画像-1796

センターコンソール部分に設置してあるので、また、若干競合車・ライバル車の
アクア(AQUA)とスイッチの並びが異なるのでスイッチ操作はイマイチ…。

そして、このエコモード スイッチを押すと、メーター部分の右側に
このように”エコモード”マークが点灯します。

ヴィッツ画像-2428 ヴィッツ画像-2429

私は時速40km/Lでクルーズ走行をしている時にノーマルモードから
エコモードに切り替えたのですが、スピードがガクっと落ちる感覚や
アクセルペダルが重たくなる感覚は、感じませんでした。

なので、クルーズ走行をしている限りでは、エコモードとノーマルモードの
走りの違いを感じるのは難しいのかなと思いました。

ECOモードとノーマルモードの一番の違いは?

ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)に搭載されているエコモード(ECO MODE)と
ノーマルモードの違いを実感したのは、加速した時。

ノーマルモードの場合、発進時などグっとアクセルを踏み込むと、
エンジン音が先に大きくなり、後から加速感がついてくるCVT車特有の
“ラバーバンド感”はあるものの、気持ちよく加速していきます。

ガソリン車やEV車と比較すると発進時の加速感は劣りますが、
「発進時に加速しないな~。」と、不満に感じるレベルではありません。

ヴィッツ画像-1897

一方、ヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のエコモード(ECO MODE)にすると、
アクセルを踏み込んだ時の伸びが全く異なります。

今回は短時間の試乗だったのですが、エコモードで加速すると、
「あれっ!?アクセルの加速力が全く違うな!?」と直ぐに気づくくらいの違い…。
それほどノーマルモードとエコモードでは、加速感に違いがありました。

ノーマルモードを運転した後でエコモード(ECO MODE)を運転すると、
加速感に物足りなさを感じてしまったのですが、これだけ乗り味に
違いがあると、燃費やガソリン代にも影響をするのかなと思いました。

また、私のようにヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)のエコモードの加速感に
物足りなさを感じる人は、高速道路や信号が少ない道路など一定のスピードで
走行する時のみ使うのも良いのかなと思いました。

ヴィッツ画像-2814

今回ネッツトヨタから新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を
試乗したのですが、ノーマルモードとエコモード(ECO MODE)では、
このような違いがありました。

特に違いを感じたのは、発進時や中速域からの加速。
この新型モデルでは、ノーマルモードとエコモードでは加速感が全く異なりました。

もしこれからヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の試乗に行かれる方は、
ぜひともエコモード(ECO MODE)の乗り心地や加速感を確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です