新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシートの不満【使って気になった事とは?】

迫力のある顔つきが人気のLLサイズのミニバン新型ヴェルファイア(Vellfire)が、
2017年12月にビッグマイナーチェンジをして新発売されました。

今回のビッグマイナーチェンジの注目ポイントの一つが、最上位モデルの
“エグゼクティブ ラウンジ(EL)”にエアロ仕様が登場した事です。

先日、この新型モデルを試乗した際、ディーラーさんに話を伺ったのですが、
やはり”エグゼクティブラウンジ”にもエアロ仕様が欲しいという声が多かった
ようです。

そんな新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のエグゼクティブラウンジの
注目ポイントの一つが、飛行機のファーストクラスのような体験をできる
2列目シートです。

折り畳みテーブルやシートヒーター、読書灯など装備が充実している
エグゼクティブラウンジシートですが、実際に使用してみると、
気になる部分も…。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたトヨタの高級ミニバン
新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のエグゼクティブラウンジの
2列目シートの不満・気になった事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシートの気になった事

今回ビッグマイナーチェンジをした新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”の2列目シートは、このような
デザインになっています。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシート

今回私が見たモデルは、今回のビッグマイナーチェンジで追加された
エアロパーツを装着した”エグゼクティブラウンジZ”専用デザインの
ブラック&ホワイト。

他のグレードのシートよりもスタイリッシュなデザインになっているのが、
好印象でした。

また、折り畳みテーブルだけではなく、スマホ入れやアクセサリーコンセントなど、
嬉しい機能や装備が充実しているのも見逃せないポイントの一つだと思いました。

■新型ヴェルファイアの折り畳みテーブル

■新型ヴェルファイアのアクセサリーコンセント

■スマホ・iPhone入れ

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシートの操作パネル

このように方かなデザインになっている新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
エグゼクティブラウンジシートですが、実際に試乗をしてみて、
次のようなところが気になりました。

残念ポイント1:2列目シートを前方にスライドする時の重さ

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
エグゼクティブラウンジシートを使った時に気になったのは、シートを前方に
スライドする時の重さです。

3列目シートへアクセスをする際など、このエグゼクティブラウンジでは、
レバーを引いて、手動で2列目シートを前方にスライドしないといけないのですが、
このモデルの2列目シートは、豪華な作りになっているため、シートに重量があります。

成人男性の私でも、「よいしょ!」とチカラを入れないと前方にスライドできない
くらいの重さがあるので、年配の方や非力な女性では、かなり難しいと思います。

また、今回のビッグマイナーチェンジでは、、3列目シートへアクセスを
しやすいようにするために、新機能の”マニュアルウォークイン機能”を搭載しています。

しかし、このマニュアルウォークイン機能が搭載されているのは、運転席側のみ。
助手席側には装備されていないので、今まで通り手動で行わないといけません。

■運転席側に用意されているマニュアルウォークイン用のレバー

個人的には、助手席側にも装備しても良かったような感じが…。

座り心地はとても良い新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシートですが、
前後にスライドする時の重さは、残念なところの一つなのかなと思いました。

残念ポイント2:3列目シートのアクセスのしにくさ

また、3列目シートへのアクセスのしにくさも新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
エグゼクティブラウンジの2列目シートの欠点・デメリットの一つです。

このエグゼクティブラウンジの2列目シートはかなり大きいので、一番前に
スライドしても、3列目シートの乗り降りするスペースは、たったこれだけしか
ありません。

かなり狭いですよね。

また、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のエグゼクティブラウンジシートは
他のグレードのようにシートの間からウォークスルーをする事ができません。

なので、この細いスペースを通らないと3列目シートへ行けません。

実際に身長が低い私の妻に3列目シートへアクセスをして貰ったのですが、
私の妻でも窮屈そうな感じが…。

2列目シートの居住性はけた違いに良い新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
最上位モデルのエグゼクティブラウンジですが、もし3列目シートも有効活用
したいのなら、他のグレードもでも良いのかなと思いました。

2017年12月にビッグマイナーチェンジをした新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”の2列目シートは、このようなデザインに
なっていました。

他のクルマでは味わえない贅沢を味わえる2列目シートの座り心地・乗り心地は、
このグレードの魅力の一つですが、3列目シートへのアクセスのしにくさは、
欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

もし3列目シートの使用頻度が多い方は、もしかしたら、このグレードは、
不向きかもしれません。

後々後悔しないためにも、試乗する時に3列目シートへのアクセスや
乗り降りのしやすさもしっかりとチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です