新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジのメーター【他のモデルとの違いは?】

2017年12月、ラグジュアリーな見た目と室内空間が人気の新型ヴェルファイア
ビッグマイナーチェンジを行いました。

今回の新発売された新型モデルの中でやはり注目を集めているのが、エアロ仕様も
ラインナップされた最上位モデルのエグゼクティブラウンジです。

プレミアムナッパ素材を使用したシートなど、まさにVIPが乗るのに相応しい
クルマに仕上がっている新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジですが、
それ以外にも様々な専用装備がありました。

その一つが、メーターのデザインです。

今回新たにデザインされた新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
最上位モデルエグゼクティブラウンジに用意された専用デザインのメーターは、
どのようなデザインになっているのでしょうか?

また、他のグレードとどのような違いがあったのでしょうか?

今回新発売された新型モデルの最上位グレード”エグゼクティブ ラウンジ”の
メーターを徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ヴェルファイア エグゼクティブラウンジのメーター画像レビュー

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”の内装・インパネは、このような
デザインになっています。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジのインパネ

今回私が見たのは、今回のマインチェンで新しくラインナップされたエアロ仕様の
モデル”エグゼクティブラウンジZ”。

専用デザインのシルバーの木目調パネルがオシャレで、とても良いと思いました。

そんな新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”の
インパネに搭載されているメーターは、このようなデザインになっています。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジのメーター

ちなみに、こちらはガソリン車の3.5リットルエンジンを搭載した
ZGグレードののメーターのデザインです。

■新型ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジ以外のメーター
(ガソリン車ZGグレード)

この2台のモデルでは、メーターの雰囲気が全く異なりますよね。

ガソリン車のメーターはシルバーのリングを採用していたのに対し、
最上位モデルのエグゼクティブラウンジでは、落ち着いた雰囲気の
ゴールドのリングを採用。

>>> 【関連記事】新型ヴェルファイアのガソリン車のメーターの特徴&視認性は、コチラ

また、ガソリン車のメーターの内部は赤い加飾が施されていたのに対し、
エグゼクティブラウンジのメーターは、そのような加飾は施されていませんでした。

■エグゼクティブラウンジ以外のメーター
(ガソリン車ZGグレード)

■エグゼクティブラウンジのメーター

なので、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の最上位モデルは、
他のグレードのモデルのメーターよりも落ち着いた上品な雰囲気の
メーターになっているように感じました。

また、高級感漂うエグゼクティブラウンジのシートやインパネなどと
マッチしたとても良いデザインになっているように感じました。

ちなみに、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)のエグゼクティブラウンジと
それ以外のグレードでは、マルチインフォメーションディスプレイの
表示項目などに違いはありませんでした。

個人的には、エグゼクティブラウンジとそれ以外のグレードで、エンジンを
立ち上げた時のアニメーション映像などにも違いを付けても良かったのかなと、
思いました。

2017年12月にビッグマイナーチェンジをした新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”のメーターは、このようなデザインに
なっていました。

ご覧いただいた通り、最上位モデルの”エグゼクティブラウンジ”のメーターは、
それ以外のグレードと異なる専用デザインに…。個人的には、このグレードらしく
上質なデザインになっているのは、とても良いと思いました。

この専用デザインになっているメーターは、新型ヴェルファイア(VELLFIRE)の
最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”の注目ポイントの一つです。

もし、エグゼクティブラウンジ(Exective Lounge)を見る機会がありましたら、
専用デザインになったメーターにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です