【使って分かった!】トヨタ タンク/ルーミーの荷室の欠点・デメリット

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-0379

スズキの新型ソリオ(SOLIO)の競合車・ライバル車として、
トヨタから新型トールワゴンタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)が新発売されましたね。

今回新発売されたタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)を見て、競合車のソリオよりも
勝っていると感じた部分の一つが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手。

この新型モデルでは、多彩な使い方ができるラゲッジボードを標準装備。
また、このラゲッジボードを持ち上げると、プラスチック素材のフロアが
登場して、汚れた荷物なども気軽に積み込めるにようになっているのも好印象でした。

そんなトヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の荷室・ラゲッジスペースですが、
実車を見て気になった事・欠点も…。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースで私が気になった欠点・
デメリットを詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタ タンク/ルーミーの荷室:私が見て気になった欠点とは?

今回トヨタから新発売されたタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の荷室・
ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1891 %e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1786

競合車のソリオよりも奥行きが広く、使い勝手が良さそうな印象が…。

また先ほども申しあげた通り、この新型モデルではラゲッジボードが装備されており、
持ち上げると、このようにプラスチック素材のフロアが登場します。

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1777

また、ラゲッジボード裏面にはこのようにカバーマットも用意されており、
このカバーマットを広げると荷室・ラゲッジスペース全体を覆うことが可能です。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f0001

このカバーマットは汚れた荷物を積み込む際には、重宝するのかなと思いました。

欠点・デメリットは後部座席をスライドした時

このようなデザインをして使い勝手が良い印象のあるトヨタのタンク(TANK)&
ルーミー(ROOMY)の荷室・ラゲッジスペースですが、実際にこのクルマを
確認して気になったのが、後部座席を前にして、荷室の奥行きを広くした時。

今回新発売されたこの新型モデルは、競合車のソリオ(SOLIO)と同様に
後部座席を前後にスライドして、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを
調整する事ができます。

■後部座席を一番前にスライドした時の様子

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1796

■後部座席を一番後ろにスライドした時の様子

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1834

後部座席を前後にスライドすると、荷室の奥行きがかなり変わりますよね。

このように荷室・ラゲッジスペースの奥行きが調整できるのはとても良いと
思うのですが、私が実際に気になったのは後部座席を一番前にスライドした時の使い勝手。

近くで見るとわかるのですが、後部座席を一番前にスライドすると、
このようにフロア位置よりも高い位置にある後部座席のスライドレールが剥き出しに…。
なので、荷物を積み込む際にこのレールが邪魔になり、使い勝手がかなり悪い印象が…。

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1834 %e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1846

ちなみにトヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の競合車・ライバル車でもある
スズキ ソリオでは、このようなレールが剥き出しになっていません。

■ソリオの荷室・ラゲッジスペース

新型ソリオ画像0040

なので、後部座席を一番前にスライドしても、荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手が損なわれていません。

今回新発売されたトヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)もソリオのように
フロア下にレールを埋め込んでもらいたかったです…。

このように後部座席を一番前にスライドした時に荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手が損なわれるのは、欠点・デメリットの一つだと思いました。

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%8f%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f-1834

今回トヨタから新発売された新型トールワゴンタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)を
確認したところ、このような欠点・デメリットがありました。

使い勝手の良いラゲッジボードなど様々な工夫を凝らしているのが
分かるだけに、この後部座席のレールの剥き出しだけは少々残念でした。

もし荷室・ラゲッジスペースの使い勝手や容量を重要視する方は、
購入する前にしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です