【使い勝手はどうだった?】新型スイフトのトノカバー画像レビュー

2017年1月、スズキの世界戦略車新型スイフト(SWIFT)がフルモデルチェンジをして、
4代目がデビューをしましたね。

荷室・ラゲッジスペースの広さが競合車・ライバル車よりも狭いというのが
このクルマの欠点・デメリットの一つですが、先代よりも一回り大きなデザインに…。

競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット3(FIT3)などと比較すると
まだまだ荷室は狭いですが、先代モデルよりも格段に広くなったのは、好印象でした。

そんな新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースですが、全グレード共通して
トノカバーが標準装備されています。このトノカバーはどのようなデザインなのか?
また、使い勝手は、どうなのか?

この4代目モデルのトノカバーのデザインや使い勝手を確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

スズキ新型スイフトのトノカバー画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスズキの新型スイフト(SWIFT)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

そして、この4代目モデルには、このようなデザインのハードタイプの
トノカバーが全グレード共通して標準装備されています。
(ちなみに、正式名称はトノカバーではなく、ラゲッジシェルフとなっています。)

最近はトノカバーは標準装備ではなくオプション設定になっている車種が多いですが、
やはり標準装備されていると、嬉しいですよね。

また、最近のクルマは車内が覗きにくいプライバシーガラスを標準装備している
とはいえ、プライバシーの事や防犯の事を考えると、やはりトノカバーが装備
されている方が安全性は高いように感じました。

ちなみに、この新型スイフト(SWIFT)に標準装備されているトノカバーは
ハードタイプなので、かなりしっかりとした作りになっています。

なので、トノカバーの上にぬいぐるみやおもちゃなどを乗せる事も可能ですよ。
このように荷室・ラゲッジルームを少しデコレーションできるのも、ハードタイプの
トノカバーの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

トノカバーを使っても、荷室の高さは十分

このようなデザインになっている新型スイフト(SWIFT)のトノカバーですが、
トノカバーを装着するデメリット・欠点の一つが、荷室の高さが制限されて
しまう事ですよね。

しかし、この新型スイフト(SWIFT)は荷室フロアが低いおかげで、荷室から
トノカバーの下までの高さで、約545mmを確保。トノカバーを使った状態でも
十分に高さのある荷物を収納できるのかなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
トノカバーは、取り外し可能です。ハードタイプなので取り外しをした
トノカバーを収納するスペースには、少し苦労すると思いますが、カンタンに
取り外しをする事ができるのは、良いと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスズキの新型スイフト(SWIFT)の
荷室・ラゲッジスペースに標準装備されているトノカバーは、このような
デザインになっていました。

ハードタイプなので取り外した時の収納スペースなど取り扱いに若干困る
シーンはありますが、個人的にはトノカバーが装備されている方が荷室・
ラゲッジスペースの目隠しになるので、良いのかなと思いました。

ちなみに、私の妻は、もしスズキの新型スイフト(SWIFT)を購入したら、
トノカバーの上にダッフィーやシェリーメイなどディズニーのぬいぐるみを
たくさん置くと言っていました。

せっかく新型スイフト(SWIFT)にはトノカバーが標準装備されているので、
このようにトノカバーをデコレーションスペースとして、活用するのも良いかも
しれませんね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です