スズキ新型スイフトのメリット【競合車よりも優れている事とは?

2017年1月、スズキの世界戦略車の新型スイフト(SWIFT)の4代目が、
フルモデルチェンジをして新発売されましたね。

ヨーロッパ車と比較しても遜色のない走りなどなど、競合車・ライバル車には無い
魅力が盛りだくさんのこの新型モデルですが、先日、このクルマの見積もりを
貰って来て驚いたのが、乗り出し価格の安さ。

ディーラーさんに、このモデルの見積もりを出して貰った時、
「えっ!?こんなに安いの?」と、驚いてしまいました。

今回新発売新型スイフト(SWIFT)と、競合車・ライバル車は、どれくらい
価格が異なるのでしょうか?

この4代目モデルと競合車の一番人気のグレードの価格を比較してみたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

スズキの新型スイフトのメリット:競合車と価格を比較してみた

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の一番人気のある
グレードは、標準モデルのハイブリッドMLとなっています。

このハイブリッドMLの人気の秘訣をディーラーさんに確認してきたのですが、
LEDのヘッドライトなも標準装備されており機能や装備と車体本体価格の
バランスが良いのが、売れ行きが良い理由のようです。

そんな新型スイフト(SWIFT)のハイブリッドMLですが、車体本体価格は、
このようになっていました。

■スズキ新型スイフト ハイブリッドMLの車体本体価格
車体本体価格:1,625,400円

今回新発売された新型スイフト(SWIFT)のハイブリッドMLグレードの
車体本体価格は、約162万円。

これはかなり安いですよね。

発進時や加速時にモーターがエンジンのチカラをサポートする
マイルドハイブリッド機能が装着されていて、この金額ですからね。

正直この価格の安さには、ビックリしました。

競合車・ライバル車の一番人気のグレードの車体本体価格は?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
価格の安さを実感してもらうために、競合車・ライバル車の価格を
確認してみました。

■新型スイフトと競合車・ライバル車の車体本体価格を比較
・スズ キ新型スイフト (ハイブリッドML)
車体本体価格:1,625,400円
・日産 ノートe-POWER (Xグレード)
車体本体価格:1,959,120円
・マツダ デミオ (XDツーリング)
車体本体価格:1,965,600円
・トヨタ アクア (Gグレード)
車体本体価格:2,007,818円
・ホンダ フィット3 (ハイブリッド Fパッケージ)
車体本体価格:1,796,000円

パワートレーンなどの違いもありますが、このように新型スイフト(SWIFT)と
競合車・ライバル車の車体本体価格を比較すると、この4代目の価格の
安さが際立って見えますよね。

新型スイフト(SWIFT)は自動ブレーキなどの安全装備が標準装備されていませんが、
デュアルセンサーブレーキサポートなどの安全装備システムをセットにした
セーフティパッケージを装着したとしても、プラス10万円で済みます。

乗り心地の良さ、走破性の良さもこのクルマの魅力・メリットの一つですが、
実はこの車体本体価格の安が一番の魅力なのかなと思いました。

ちなみに、私が貰った新型スイフト(SWIFT)のハイブリッドMLグレードに、
メーカーオプションのセーフティパッケージと全方位ナビを装着した時の
乗り出し価格は、約217万円でした。

■新型スイフト ハイブリッドMLグレードの乗り出し価格

ディーラーオプションを色々と付けて、この金額なら十分に
満足できる価格なのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された4代目モデルの車体本体価格と、
競合車・ライバル車の乗り出し価格を比較してみたところ、このようになっていました。

競合車・ライバル車と比較してみると、新型スイフト(SWIFT)の価格の安さが
際立って見えますよね。このお求めやすい価格の安さは、このクルマの魅力&
メリットの一つかなと思いました。

しかも、機能面・装備面でも魅力があり、”安かろう、悪かろう”ではないのも
新型スイフト(SWIFT)の良いところだと思いました。

>>> 新型スイフトの魅力【競合車よりも優れている機能&装備面のメリットとは?】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です