後部座席にスライド機能は付いている?新型スイフトの内装レビュー

スズキの世界戦略車新型スイフト(SWIFT)がフルモデルチェンジを行い、
4代目を発売しましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、全長や
全高が10mmほど短くなりましたが、後部座席から車体後端までは50mmほど拡大。
そのおかげもあり、後部座席の足元空間は先代モデルよりも広くなり、
より快適に過ごせるようになりました。

そんな新型スイフト(SWIFT)の後部座席ですが、スライド機能は装備されて
いるのでしょうか?

先日、この新型モデルの後部座席を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

スズキ新型スイフトの後部座席:スライド機能は装備されている?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
後部座席は、このようなデザインになっています。

ちなみに、こちらは上位モデルのRSグレードの後部座席。

そして、こちらは下位モデルの標準モデルの後部座席。

どちらのモデルも6対4分割方式の後部座席になっていますが、
残念ながら後部座席のスライド機能は装備されていません。

なので、この状態から新型スイフト(SWIFT)の足元空間(ニークリアランス)の広さ、
荷室・ラゲッジスペースの広さを調整する事はできません。

■新型スイフトの後部座席の足元空間

新型スイフト(SWIFT)の後部座席にスライド機能が装備されていないのは、
ちょっと残念ですよね。

ただ、実際にこのクルマの後部座席に座った時の足元空間は、
このような感じ。

先代モデルよりも若干広くなったおかげで、思ったよりも窮屈感は
ありませんでした。

もし後部座席のスライド機能にこだわるのなら…

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)では、
残念ながら後部座席のスライド機能が装備されていませんでした。

ただ、もしこの後部座席のスライド機能にこだわるのなら、同じスズキから
発売されているSUVテイストのクルマ新型イグニス(IGNIS)がおススメ。

同じスズキから発売されている新型イグニス(IGNIS)は、新型スイフト(SWIFT)の
ように6対4分割方式ではなく、中央分割方式なのですが、左右独立をして
スライドする事が可能です。

実際にこのクルマの後部座席をスライドした時の様子は、
このようになっています。

■後部座席を一番前にスライドした時の様子

■後部座席を一番後ろにスライドした時の様子

かなり後部座席の足元空間(ニークリアランス)に違いがありますね。

また、 後部座席がスライドできる事によって、荷室・ラゲッジスペースの
奥行きを調整する事が可能です。

■荷室・ラゲッジスペースの奥行きを一番広くした時

■荷室・ラゲッジスペースの奥行きを一番狭くした時

かなり荷室サイズにも違いがありますよね。

後部座席を一番前にスライドした時のイグニス(IGNIS)の荷室・
ラゲッジスペースの奥行きは、595mm。また、一番手前にスライドした時の
奥行きは430mmとなっているので、最大で165mmの差が…。

ただ、このようにシチュエーションによって、後部座席や荷室の広さを
調整できるのは、とても良いように感じました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようにかなり狭くなっています。

実際にこのクルマの荷室サイズを確認してみても、競合車・ライバル車でもある
ホンダのフィット3(FIT3)や日産ノートe-POWERよりも狭くなっています。

このような事を考えると、荷室や後部座席の足元空間(ニークリアランス)を
調整できるスライド機能が新型スイフト(SWIFT)でも、装備されていても
良かったのかなと思いました。

2017年1月にフルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)ですが、
残念ながら後部座席にスライド機能は、装備されていませんでした。

荷室・ラゲッジスペースの広さには若干不安は残るものの、新型スイフトの
後部座席に座っていて、窮屈感・圧迫感を感じる事はありませんでした。

ただ、個人的にはイグニス(IGNIS)のように、このクルマの後部座席にも
スライド機能が装備されていたら、もっと便利になったのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です