スズキ新型スイフトの乗降性はどうだった?【試乗をした感想】

2017年1月、スズキの普通乗用車のフラッグシップモデル
新型スイフト(SWIFT)がフルモデルチェンジをして、4代目がデビューをしましたね。

この4代目モデルは、競合車・ライバル車よりもボディサイズが小さく
取り回しがしやすいのが魅力&メリットのクルマ。

私も先日、この4代目モデルを試乗してきたのですが、ボディサイズが小さいため、
競合車・ライバル車よりも車体感覚が掴みやすく、運転がしやすいように感じました。

また、新型スイフト(SWIFT)を試乗していて驚いたのが、乗降性のしやすさ。

この4代目モデルはボディサイズが小さいので、ドア開口部も狭く、
乗り降りがしにくいと思っていたので、この乗降性の良さにはビックリとしました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の乗降性は
どこが良かったのか?実際に試乗をした時に感じた魅力&メリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

スズキ新型スイフトの乗降性レビュー:運転席編

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスズキの新型スイフト(SWIFT)の
フロントシートのドア開口部は、このようなデザインになっています。

この画像を見れば分かると思いますが、フロントシートまわりのドア開口部は、
かなり広めですよね。

ディーラーさんに試乗をした時に教えてもらったのですが、この新型モデルの
フロントシートのドア開口部の横幅は、先代モデルよりも140mmほど広く
なっているようです。

天井もシートの位置も競合車・ライバル車よりも低いので、座りこむような
感じは若干強めですが、ドアの開口部が広いおかげで、乗りこむ際や降りる際の
体の挙動はかなりスムーズ。

なので、乗り降りがしにくいと感じる事は一切ありませんでした。

また、このように開口幅は広くなっているおかげで、乗り降りだけでなく、助手席に
買い物をしたスーパーの袋を置いたりするのもとってもラクなのかなと思いました。

フロンドアの開閉幅も魅力の一つ

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)を試乗した際に
気づいたのですが、このクルマのフロントドアは、約90度まで開くことが可能です。

実際に新型スイフト(SWIFT)のフロントドアを最大限に開くと、このような感じ。

ドアを最大限に開くと、開口部がかなり広くなりますよね。

このようにフロントドアを全開まで開けると、足の出し入れがしやすくなるので、
からり乗り降りがしやすいです。このようにドアを全開に開くと、開口部に余裕が
できるので、足腰が弱い年配の方でもスムーズに乗り降りができるのかなと思いました。

スズキ新型スイフトの乗降性レビュー:後部座席編

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の後部座席の
ドア開口部は、このようなデザインになっています。

フロントシートと比較すると、開口部はちょっと狭い感じが…。
私も何回か実際に乗降性を確かめてみたのですが、後部座席の場合、
フロントシートと異なり乗り降りをする際に若干の窮屈さを感じます。

また、シートの位置も低いので小さいお子さんや赤ちゃんを乗せたり
降ろしたりするのには、ちょっと不向きのクルマなのかなと思いました。

後部座席のドア開口部で良いと思った事は…

このように後部座席のドア開口部の狭さがちょっと気になった新型スイフトですが、
その一方、良いと思った事が…。

それは後部座席のドア開口部の頭上空間。

最近のクルマはルーフが後方に行くにつれて下がっているデザインになっている
クルマが多いのですが、新型スイフト(SWIFT)はルーフがフラットなデザインに・・・。

なので、競合車・ライバル車と比較して、頭の出し入れがとってもラク。
なので、乗り降りをする際、頭を天井にぶつける心配は、かなり少ない
のかなと思いました。

ドア開口部は若干窮屈さを感じた新型スイフト(SWIFT)の後部座席ですが、
頭の出し入れのしやすさは、好印象でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の
乗降性ですが、このようにかなり好印象でした。

特に開口部が広いフロントシートまわりは、文句の付け所がありませんでした。
ただその一方、後部座席のドア開口部の広さは、少々気になる部分もありました。

サイドウィンドウ後方に埋め込んだデザインになっている後部座席の
ドアハンドルの使い勝手も含めて、このクルマを試乗する際は、乗降性や
使い勝手の良さをしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です