【どっちが広い?】新型スイフトとイグニスの荷室サイズ比較

2017年1月、スズキのグローバルモデル新型スイフト(SWIFT)の4代目が、
フルモデルチェンジをして新発売されましたね。

この新型モデルの競合車・ライバル車の一つが、同じスズキから
発売されているコンパクトSUVのイグニス(IGNIS)。

乗り心地や内外装のデザインが異なるこの2台のモデルですが、
荷室・ラゲッジスペースのデザインやサイズも大きく異なります。

今回フルモデルチェンジをして新発売された4代目新型スイフト(SWIFT)と、
コンパクトSUVのイグニス(IGNIS)では、荷室サイズのどのくらいの差が
あったのでしょうか?また、どちらの方が広くて、使い勝手が良かったのでしょうか?

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースのサイズを比較してみたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型スイフトとイグニスの荷室サイズ比較

今回フルモデルチェンジをして新発売された4代目新型スイフト(SWIFT)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■4代目新型スイフトの荷室・ラゲッジスペース

「先代モデルの荷室・ラゲッジスペースは狭すぎて、使い勝手が悪い。」
との不評の声が多かったようです。(実際に見てみると、確かに狭かったですが…。)

なので、今回発売された新型モデルの荷室・ラゲッジルームは、先代モデルよりも
荷室・ラゲッジスペースを拡大。確かに先代モデルよりかは一回り広くなりましたが、
個人的には、まだそれでも十分に広いとは感じませんでした。

一方、新型スイフト(SWIFT)の競合車・ライバル車のイグニス(IGNIS)の荷室・
ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型イグニスの荷室・ラゲッジスペース

このクルマの後部座席は、新型スイフト(SWIFT)と異なりスライド機能を
備えているので、荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事が可能です。

コンパクトカーで後部座席のスライド機能を備えているクルマは、それほど
多くありません。そのことを考えると、イグニス(IGNIS)に搭載されている
後部座席のスライド機能は、このクルマの荷室の魅力の一つなのかなと思いました。

新型スイフトとイグニスの荷室:広いのはどっち?

このように荷室・ラゲッジスペースのデザインや使い勝手が異なる
新型スイフト(SWIFT)とイグニス(IGNIS)ですが、この2台のモデルの
荷室サイズは、どうなっているのでしょうか?

実際に確認をしてみたので、紹介したいと思います。

■新型スイフトとイグニスの荷室寸法(後部座席使用時)
・新型スイフトの荷室サイズ
荷室長:約675mm
荷室幅:約985mm (最小部分)
荷室高:約865mm
・新型イグニスの荷室サイズ
荷室長:約   430mm ~ 595mm
荷室幅:約 1,000mm
荷室高:約   725mm

荷室幅は新型スイフト(SWIFT)よりもイグニス(IGNIS)の方が若干広いものの、
荷室高・荷室長ともに新型スイフト(SWIFT)の方が広い結果に…。

この2台のモデルの違いで驚いたのは、荷室・ラゲッジスペースの奥行き。

後部座席を一番前にスライドすると、イグニス(IGNIS)の方が
荷室・ラゲッジスペースの奥行きは広くなるのかなと思っていたのですが、
新型スイフト(SWIFT)の方が奥行きも一回り広くなっていました。

この結果は、少々意外でした。

後部座席を収納した時の段差など気になる部分が多々ありますが、
イグニス(IGNIS)よりも広い新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースは、
このクルマの強力なメリット・優位性の一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)と
競合車・ライバル車の一つでもある同じスズキから発売されているイグニスの
荷室・ラゲッジスペースを比較したところ、このようになっていました。

新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースは、イグニス(IGNIS)よりも
一回り広い結果に…。

ただ、後部座席を収納した部分に大きな段差が生じるなど欠点・デメリットもあります。
どちらのモデルを購入しようか悩んでいる方は、広さだけではなく、このような
使い勝手や積み下ろしのしやすさなどもしっかりとチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です