スズキ新型スイフトのドリンクホルダー画像レビュー【使い勝手はどうだった?】

コンパクトなボディサイズと走りの良さが特徴のスズキのコンパクトカー
新型スイフト(SWIFT)がフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

先代モデルと同様に収納スペースの少なさなどは気になったものの、
今回新発売された4代目モデルは、先代モデルよりもスポーティーな
デザインの内装・インテリアに…。

このクルマの特徴にしっかりとマッチした内装・インテリアに
なっているように感じました。

そんなスズキの新型スイフト(SWIFT)の内装・インテリアですが、ドリンクホルダーは
何個装備されているのでしょうか?また、使い勝手はどうだったのでしょうか?

先日、この新型モデルの試乗に行った際にドリンクホルダーの個数や、
使い勝手も確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型スイフトのドリンクホルダー画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスズキの新型スイフト(SWIFT)では、
7個のドリンクホルダーが設置されていました。

そして、設置されていた場所は、このようになっていました。

■新型スイフトのドリンクホルダー
・センターコンソール    …2個
・フロントドア内側パネル…2個
・センターコンソール後方…1個
・後部座席ドア内側パネル…2個

■センターコンソール

■フロントドア内側パネル

■センターコンソール後方

■後部座席ドア内側パネル

スズキの新型スイフト(SWIFT)に設置されているドリンクホルダーの使い勝手は
それ程良いとは思わなかったのですが、装備されているドリンクホルダーの
個数は十分だと思いました。

私がこのクルマのドリンクホルダーの使い勝手が悪いと感じた理由

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスズキスズキの新型スイフト(SWIFT)の
ドリンクホルダーを確認してみて気になったのは、フロントドアと後部座席の
ドア内側パネルの部分のドリンクホルダーの使い勝手の悪さ。

このようにこの新型モデルのドア内側パネルのドリンクホルダーでは、
置いたドリンクが斜めになってしまいます。なので、置けるドリンクは、
ペットボトルなど限られてしまいます。

置いたドリンクが取り出しやすいデザインになっているのは、とても良いと
思いましたが、置いたドリンクがこのように斜めになるのは、個人的には
あまり好きではありません。

置いたドリンクが垂直にならないデザインになっているのは、
個人的には、少々残念でした。

後部座席用のセンターコンソールのドリンクホルダーの使い勝手もイマイチ

また、スズキの新型スイフト(SWIFT)のセンターコンソール後方に設置されている
ドリンクホルダーの使い勝手もイマイチ。

このようにドア内側パネル以外に後部座席用のドリンクホルダーが設置されているのは、
とても良いと思いましたが、後部座席から位置が若干遠い感じが…。

なので、手を伸ばさないと届きません。

また、ストッパーなどが装備されていないので、運転中にこのスペースにドリンクを
置くと、クルマの振動に連動して、「カタカタ、コトコト」と意外と大きな音がします。
この音の大きさは、試乗をしていて気になるレベル…。
ドリンクを置いた時の振動音の大きさも、欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)に設置されている
ドリンクホルダーの個数は、このようになっていました。また、使い勝手は、
このようになっていました。

この新型モデルのドリンクホルダーの個数は十分な数を備えていると思います。
ただ、試乗をした時に確かめたのですが、ドリンクホルダー自体は、それ程
使い勝手が良いとは思いませんでした。

もしこれからスズキの新型スイフト(SWIFT)の試乗に行かれる方は、運転中に
ドリンクホルダーに飲み物を置いてみるなと、使い勝手もしっかりと確認を
してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です