新型ステップワゴンとセレナのインパネ比較【使い勝手が良いのはどっち?】

2017年10月、ホンダのミドルサイズのミニバン新型ステップワゴン(STEPWGN)
ビッグマイナーチェンジをして、新発売されました。

この競合車・ライバル車の一つが、日産から発売されている新型セレナ(SERENA)です。

先日、この2台のモデルの乗り比べをしてきたのですが、乗り心地や走破性と同様に
大きく違いを感じたのが、インパネの使い勝手です。

ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)と、
競合車・ライバル車の一つでもある新型セレナ(SERENA)は、それぞれの
インパネは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

また、使い勝手が良いのは、どちらだったのでしょうか?

ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)と
競合車のセレナのインパネの使い勝手を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ステップワゴンとセレナのインパネ画像比較

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の
インパネは、このようなデザインになっています。

■新型ステップワゴンのインパネ

このクルマのインパネは、左右にまっすぐに伸びた水平基調を採用。
また、ダッシュボードの上段にメーターを配置した”オンダッシュメーター”を標準装備。
メーターを確認する際の視線の動きが小さくて済むのが、とても良いと思いました。

一方、こちらは競合車・ライバル車の一つでもある日産の新型セレナ(SERENA)の
インパネです。

■新型セレナのインパネ

こちらのモデルも、新型ステップワゴン(STEPWGN)と同様にインパネの上段に
メーターを設置する”オンダッシュメーター”を採用するなど、共通点もあります。

ただ、個人的には、新型セレナ(SERENA)よりも新型ステップワゴン(STEPWGN)の
インパネの方が使い勝手が良いように感じました。

その理由を紹介したいと思います。

理由その1:メーターの視認性&情報量

今回新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)と新型セレナ(SERENA)の
大きな違いの一つが、メーターの視認性と情報量です。

■新型ステップワゴンのメーター

■新型セレナのメーター

この2台のモデルは、どちらもダッシュボードの上段にメーターを設置する
オンダッシュメーターを採用しているのですが、視認性が異なります。

私が両方のモデルを試乗していて気になったのは、メーターの大きさです。

新型セレナ(SERENA)の方がメーターが大きい(高さがある)ため、
前方の視界を妨げる感じが…。

一方、新型ステップワゴン(STEPWGN)のメーターは、メーターの高さが
できるだけ低く設定してあるため、普通に前方を見て運転をしている時は、
全くメーターが気になりません。

前方の視認性の良さ、運転のしやすさは、新型セレナ(SERENA)よりも
新型ステップワゴン(STEPWGN)のワンランク上のように感じました。

また、この2台のメーターには、情報量にも違いが…

新型ステップワゴン(STEPWGN)のメーターはスピードメーターの左右に、
タコメーターやガソリンタンク残量計を装備。

■ステップワゴンのタコメーター

■ステップワゴンのガソリンタンク残量計

また、タコメーターの左側にあるマルチインフォメーションディスプレイには、
様々な情報を表示してくれます。

■ステップワゴンのマルチインフォメーションディスプレイ

一方、新型セレナ(SERENA)のメーターに用意されているのは、
主にスピードメーターと”アドバンスド ドライブアシスト ディスプレイ”のみ

タコメーターは独立して設置しておらず、アドバンスド ドライブアシスト
ディスプレイ”の中で表示されるデザインになっています。

また、新型セレナ(SERENA)では、ガソリンタンク残量計の
表示も小さく、個人的には、新型ステップワゴン(STEPWGN)のメーターの方が
視認性が良いように感じました。

理由2:収納スペースの使い勝手

また、今回新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)と
競合車の新型セレナ(SERENA)を見比べてみて、大きく違うと感じたのは、
収納スペースの使い勝手です。

どちらのモデルもミニバンらしく収納スペースは多く設置されているのですが、
私が特に違いを感じたのは、ドリンクホルダーの使い勝手です。

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)では、インパネの左右、送風口の前の
部分だけではなく、インパネの中央部分にもドリンクホルダーを設置。
インパネだけでも、3つドリンクホルダーを良いしております。

■新型ステップワゴンの送風口部分のドリンクホルダー

■新型ステップワゴンのインパネ中央部分のドリンクホルダー

また、運転席から簡単に手が届く範囲にドリンクホルダーが設置されているため、
運転中のドリンクの出し入れもとてもしやすいです。

一方、新型セレナ(SERENA)は、インパネの中央部分に引き出し式の
ドリンクホルダーが設置されているのみ。

使い勝手が良い、また、ヒーターやエアコンの風を使って保温/保冷をしてくれる
送風口て前のドリンクホルダーはありません。

■新型セレナのドリンクホルダー

また、新型セレナ(SERENA)のインパネ中央に設置されている
ドリンクホルダーは、位置が低いため、ちょっと使いにくい感じが…。

この点も少々気になりました。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)と
競合車・ライバル車の新型セレナ(SERENA)のインパネを比較してみたところ、
個人的にはステップワゴンのインパネの方が使い勝手は良いように感じました。

私が特に違いを感じたのは、メーターの視認性と運転のしやすさです。

個人的には、前方の視界を遮るオンダッシュメーターはそれ程好きでは
なかったのですが、このクルマのオンダッシュメーターは、運転席からの
視界を全く遮らないので、とても良いと思いました。

もしこれからこの2台のモデルの試乗に行かれる方は、インパネの使い勝手や
メーターの視認性などをしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です