リクライニングはできる?新型ステップワゴンの3列目シート画像レビュー

ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)は、ファミリー層に人気の
5ナンバーサイズのミニバンです。

車内が広く、居住性に優れているのが魅力のこの新型モデルですが、
ちょっと気になるのは、3列目シートの乗り心地や座り心地です。

このホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートは、どのような
デザインになっていたのでしょうか?また、3列目シートのリクライニング機能は、
装備されているのでしょうか?

2017年9月にマイナーチェンジをして新発売されたホンダの人気ミニバンの
3列目シートの座り心地やデザイン性、リクライニング機能などを確認して
きたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ステップワゴンの3列目【リクライニング機能など徹底チェック】

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の
3列目シートは、このように3人掛けになっています。

■新型ステップワゴンの3列目シート

この新型モデルは、競合車のトヨタのヴォクシー3兄弟や日産のセレナと
異なり、唯一床下に収納するデザインになっています。

■新型ステップワゴンの3列目シートを収納した時の様子

>>> 女性でもラクラク!?新型ステップワゴンの3列目の収納しやすさをチェック

そのため、このクルマの3列目シートは、シートの境目が中央から左側に
少しずれている6対4分割方式を採用。

そのため、3列目シートの中央の座り心地は、比較的よくなっています。

ただ、競合車・ライバル車よりも、この新型モデルのシート&背もたれともに、
薄型のデザインになっており、クッション性はイマイチ…。なので、3列目シートに
座っていると、下からの突き上げ・衝撃がダイレクトに伝わってきます。

また、このクルマの3列目シートは、競合車・ライバル車と比較して、
背もたれと座面のサイズもちょっと小さい感じが…。

なので、大人の方が、このクルマの後部座席に長時間座っていると、
とても疲れると思います。

この新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートの座り心地・快適性は、
欠点・デメリットの一つだと思いました。

新型ステップワゴンの3列目シートは、リクライニングできる?

このようなデザインになっている新型ステップワゴン(STEPWGN)の3列目シートですが、
背もたれの角度を調節できるリクライニング機能は装備されているのでしょうか?

実際に確認してみたところ、このクルマの3列目シートには、リクライニング機能が
装着されていました。

また、このクルマの3列目シートのリクライニング幅は、思ったよりも大きめ。

この新型モデルの3列目シートの肩口にあるストラップを引っ張って、
背もたれを最大までリクライニングしてみると、このような感じ。

■新型ステップワゴンの3列目シートをリクライニングした時の様子

かなりリクライニング幅は、大きいですよね。

また、今回は3列目シートの背もたれを付けた状態でリクライニングしたので、
これ以上背もたれを倒す事ができなかったのですが、背もたれを外すと、
ほぼ垂直まで背もたれを倒す事ができるようです。

なので、このクルマは、車中泊をするのにも、とっても便利。

座り心地は、日産のセレナやトヨタのヴォクシーなど競合車・ライバル車よりも
少し劣るホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、3列目シートの
リクライニング幅は、大満足でした。

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ステップワゴン(STEPWGN)の
3列目シートは、このようなデザインになっていました。

また、リクライニング機能もしっかりと装備されていました。
しかも、背もたれのリクライニング幅は、思ったよりも大きめ。

自由自在に背もたれの角度を調節できるのは、好印象でした。

この垂直までリクライニングする事ができる使い勝手の良さは、
競合車・ライバル車には無い新型ステップワゴン(STEPWGN)だけの魅力・
メリットの一つなのかなと、思いました。

もしこの新型モデルで車中泊を考えているのなら、この3列目シートの
リクライニングの大きさやシートアレンジを、しっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です