スペーシア カスタムのターボとノンターボ|機能・装備の違いは!?

新型スペーシア0010

スズキからスーパーハイト系ワゴンのスペーシア(SPACIA)から
Sエネチャージを登載したターボ車(Sエネターボ)が発売されましたね。

このSエネチャージを登載したターボ車が発売されるのは、
スズキでは初!

私もスペーシア(SPACIA)のSエネターボの登場を楽しみにしていたですが、
先日、ようやく見に行くことができました。

私が見てきたSエネチャージを登載したスペーシア(SPACIA)の
ターボ車は、コチラ。

新型スペーシア0026

私が見たモデルは、カスタムの最上位グレードの”XSターボ”。
見た目は、ノンンターボ車と全くかわりませんでした・・・。

しかし、スペーシア(SPACIA)のカスタムも標準モデル同様に
ノンターボ車とターボ車では、多少違いがありました。

そんなSエネチャージを登載したスペーシア カスタムのターボ車と
ノンターボ車の機能・装備の違いを紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

カスタム ターボ車&ノンターボ車 機能・装備の違い

スペーシア カスタム(SPACIA CUSTOM)のターボ車とノンターボ車の同グレードを
比べると、見た目・エクステリアに、まったく違いがありません。

しかし、装備・機能に関しては2点ほど大きな違いがあるようです。

違い1 クルーズコントロール

スペーシア カスタム(SPACIA CUSTOM)ののノンターボ車とターボ車の
大きな違いの一つは、クルーズコントロール。

スペーシア(SPACIA)のSエネチャージを搭載したターボ車(Sエネターボ)のみ
このクルーズコントロール(クルコン)が装備されています。

これはターボ車の大きなメリットですよね。

なので、スペーシア(SPACIA)のターボ車のハンドルは、このようになります。

新型スペーシア0033

このハンドルの右側に装備されているのが、クルーズコントロールの
スイッチボタン。

新型スペーシア0030

一方、こちらクルーズコントロール(クルコン)を装備していない
ノンターボ車のハンドル。

新型スペーシア0035

ハンドルの右側にスイッチがないですよね。

ちなみに、スペーシア(SPACIA)のターボ車に装備されている
クルーズコントロール(クルコン)は、設定した速度で走行するのみ。

スバルのレヴォーグ(LEVOGE)のクルーズコントロールに装備されている
前走車のスピードを検知して、自分のクルマのスピードを調整してくれる
自動追従型のクルーズコントロールでは、ありません。

ちょっとこれは残念ですが、軽自動車だと仕方ないですね。

前走車のスピードに合わせて、自分のスピード調節してくれないので、
高速道路など前走車との車間距離に余裕がある時に使用すると良いようです。

高速道路など幹線道路を走行する時、とても便利そうですよね。

また、スペーシア カスタム(SPACIA CUSTOM)のノンターボ車には、
オプションでも、このクルーズコントロールが装備できないので、ご注意を・・・。

違い2 パドルシフト

スペーシア カスタム(SPACIA CUSTOM)ののターボ車とノンターボ車の
もう一つの違いは、パドルシフトの有無。

パドルシフトとは、ハンドルの左右に付いているレバーのようなもので、
シフトアップやシフトダウンの時に使用する機能です。

スペーシア カスタムのターボ車でもこのようにハンドルの左右の付け根に
このようなパドルシフトが装備されています。

新型スペーシア0033

新型スペーシア0031

新型スペーシア0032

このパドルシフトのメリットの一つは、エンジンブレーキがかけやすいこと。

パドルシフトは、ハンドルを握ったまま操作する事がかのうなので、
急な坂道などで瞬時にエンジンブレーキをかける事が可能です。

私も実際にスペーシア カスタムのターボ車でちょっとした坂道を試乗した時に
パドルシフトを使って、エンジンブレーキを掛けてみところ、
“ガクン!”と予想以上の衝撃が・・・。

予想以上にスペーシア カスタムのエンジンブレーキが効いて、ビックリしました。

スペーシア(SPACIA)は、CVT車なのでエンジンブレーキ意外では、
パドルシフトを使う機会は、それ程多くないと思います。

しかし、山道や長い坂道を頻繁に運転する人にとっては、
良い機能だと思いました。

やはりスペーシア(SPACIA)のターボ車はお得!?

スペーシア カスタム(SPACIA CUSTOM)のターボ車とノンターボ車の
機能・装備の違いは、この2つのみ。

そして、このクルマのターボ車とノンターボ車の価格を比べると
このようになっています。

■スペーシア(SPACIA) カスタムの価格差
※価格は、2WD車、デュアルカメラブレーキサポートなしの価格です。
XSグレード
ターボ車     :1,717,200円
ノンターボ車:1,641,600円
価格差         :     75,600円

GSグレード
ターボ車      :1,603,800円
ノンターボ車:1,528,200円
価格差         :     75,600円

スペーシア(SPACIA)カスタムの場合、ターボ車とノンターボ車の
価格差は、75,600円

正直、この金額はお得だと思っています。
最近のクルマでは、クルーズコントロール(クルコン)を装備するだけでも
オプション代で5万円程度かかるのは、ザラですから・・・。

新型スペーシア0026

スペーシア カスタム(SPACIA CUSTOM)のターボ車には、クルーズコントロールや
パドルシフトなど便利な機能が標準装備されています。

また、このクルマのターボ車は、大人が4人乗って坂道を運転しても
ラクラク登って行くパワーもあります。

私も実際にこのターボ車を試乗したのですが、ビックリするくらいパワーがありました。

もし長距離運転をする機会が多い方は、
個人的には、ターボの方がお得感があるのかなと思いました。

>>> スペーシアの標準車のターボ車とノンターボ車の違いは、コチラから

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です