収納スペースはどっちが多い!?|新型ソリオとスペーシアの内装比較3

新型ソリオ0001

先日、スズキからプチバン“新型ソリオ(SOLIO)”がフルモデルチェンジをして
新発売されましたね。

今回新発売された新型ソリオ(SOLIO)は、スズキのスーパーハイト系ワゴンの
スペーシア(SPACIA)をひと回り大きくしたようなデザイン。

また、内装・インテリアも似ている部分も多いように感じました。

>>> ソリオとスペーシアのインパネ・内装比較はコチラから

ただ運転席まわりの収納スペースは、新型ソリオ(SOLIO)よりも
スペーシア(SPACIA)の方が多いように感じました。

そんな新型ソリオ(SOLIO)には無くスペーシア(SPACIA)のみに用意されていた
運転席まわりの収納スペースを4つ紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

その1:アームレスト

スズキのスーパーハイト系ワゴンのスペーシア(SPACIA)のアームレストは、
このように収納スペースが付いたデザインになっています。

実際にこのスペーシア(SPACIA)の収納つきアームレストを開けると
このようなデザインになっています。
新型スペーシア画像0042 新型スペーシア画像0041

深さも十分で収納力も十分ですよね。

スペーシア(SPACIA)のアームレストは上げ下げできるので中に置いた荷物が
ゴロゴロと動いてしまうのが少し欠点ですが、ちょっとしたアイテムを
置いておくのには良いと思いました。

一方、スズキから発売されたコンパクトプチバンの新型ソリオ(SOLIO)の
アームレストは、このようなデザイン。

新型ソリオ画像0016

見ても分かるとおり、新型ソリオ(SOLIO)のアームレストには
収納ボックスは装備されていませんでした。

これは少し残念ですよね。

私も最初新型ソリオ(SOLIO)を見た時、ディーラーさんに
「アームレストに収納スペースが付いていなんですね~」
と、言ってしまいました・・・。

ディーラーさんの話によると、私のようにアームレストに収納スペースが
装備されていない事を残念がるお客さんは多いようです。

しかし、新型ソリオ(SOLIO)のアームレストに収納スペースが
装備されていないのには、理由があるようです。

新型ソリオのアームレストに収納スペースが無い理由

新型ソリオ(SOLIO)のアームレストに収納スペースが装備されていない理由は、
ウォークスルー性を重要視したから。

スペーシア(SPACIA)と異なり新型ソリオ(SOLIO)のフロントシートは、
独立式になっており、運転席と助手席の間には人が通れるスペースが
用意されています。

新型ソリオ画像0010 新型ソリオ画像0013

収納スペース付きのアームレストにすると、どうしてもアームレストの
サイズは大きくなってしまいますよね。

もしこのクルマに収納スペース付きのアームレストを装備していまうと
ウォークスルー際邪魔になってしまいますよね。

そこで新型ソリオ(SOLIO)は、収納スペース付きのアームレストを断念して
通常の細めのアームレストになったようです。

このように新型ソリオ(SOLIO)のウォークスルー性を考えると、アームレストに
収納スペースが装備されていないのは、仕方ないかもしれません。

ただ、新型ソリオではウォークスルーのために収納スペースが犠牲に
なっているような気がしたのは、少し残念でした。

その2:オーバーヘッドコンソール

また、スペーシア(SPACIA)と新型ソリオ(SOLIO)の収納スペースの違いの一つは、
オーバーヘッドコンソールの有無。

スペーシア(SPACIA)のルーフにはこのようにボックスティッシュが置ける
オーバヘッドコンソールが装備されています。

新型スペーシア画像0043 新型スペーシア画像0044

クルマに乗ってて意外と困るのが、ボックスティッシュを置く場所ですよね。

しかし、スズキから発売されたスーパーハイト系ワゴンのスペーシア(SPACIA)には、
このようにボックスティッシュが置けるスペースがあらかじめ用意されています。

しかも運転席から手の届く位置にこの収納スペースがあるのが良いです!!

これは小さいお子さんがいるご家庭には嬉しいですよね。

一方、新型ソリオ(SOLIO)ではこのオーバーヘッドコンソールも用意されていません。

新型ソリオ画像0017

ディーラーさんに話を聞くと、新型ソリオ(SOLIO)にオーバーヘッドコンソールが
装備されていない理由は、アームレストに収納スペースが用意されていない理由と
同じでウォークスルー性を優先したためのようです。

新型ソリオ(SOLIO)もがミリーカーとして利用する人も多いと思うので、
このように便利な収納スペースが無いのは、少し残念でした。

その3:インパネアッパーボックス

また、軽自動車のスペーシア(SPACIA)では助手席側のインパネには、
このようにインパネアッパーボックスが装備されています。

スペーシア画像0061

実際にこのインパネアッパーボックスを開いて見ると、このような感じ。

スペーシア画像0059 新型スペーシア画像0048

高さがあるので化粧用のポーチやサイフなど大きめのアイテムを
置けるのが良いですよね。

また、スペーシア(SPACIA)の助手席側の収納スペースは、
このインパネアッパーボックス・インパネトレイ・グローブボックスと
3つも用意されています。

この収納スペースの多さはスペーシア(SPACIA)の特徴だと思いました。

一方、スズキから発売された新型ソリオ(SOLIO)には、
このようなインパネアッパーボックスは装備されていません。

新型ソリオ(SOLIO)に装備されているのは、インパネトレイとグローブボックスのみ。

新型ソリオ画像0018

助手席側の収納スペースもスペーシア(SPACIA)の方が多いと思いました。

その4:グローブボックス

また、スペーシア(SPACIA)と新型ソリオ(SOLIO)ではグローブボックスが
装備されているは共通です。

しかし、この2台のクルマではグローブボックスのデザインや装備されている
機能が全く異なりました。

スペーシア(SPACIA)のグローブボックスはこのようなデザイン。

スペーシア画像0060

そして、グローブボックスを開けると、このようになります。

スペーシア画像0057

ただこれだけでは、至って普通ですよね。

実はスペーシア(SPACIA)のグローブボックスはインパネトレイと
一体型になっており、このグローブボックスの上部にはボックス型の
ティッシュを置くスペースがあります。

そして、グローブボックスにボックスティッシュを設置すると、
インパネトレイからティッシュを取り出すことが可能です。

実際にボックスティッシュを置く場所は、このようになっています。

スペーシア画像0053 スペーシア画像0056

そして、インパネトレイのこのリッドを持ち上げるとティッシュをトレイから
取りだせるようになっています。

スペーシア画像0058 スペーシア画像0062 スペーシア画像0055

オーバーヘッドコンソールもありますが、このように助手席側の
グローブボックスにもボックスティッシュが置けるのは、便利ですよね。

ボックスティッシュもグローブボックスの中に置くので、
見た目的にもスッキリとしますし・・・。

一方、新型ソリオ(SOLIO)ではグローブボックスは装備されているものの
インパネトレイと一体化されいません。

なので、インパネトレイにボックスティッシュを置けるような工夫は
されていませんでした。

新型ソリオ画像0019

新型ソリオ(SOLIO)はボックスティッシュが置けるオーバーヘッドコンソールが
装備されていない分、ボックスティッシュを置ける収納スペースが
あっても良いのかなと思いました。

スペーシア画像0001

このようにインパネの雰囲気や内装が似いている2つのクルマですが、
収納スペースの数や使い勝手は、多少異なりました。

個人的には新型ソリオ(SOLIO)よりもスペーシア(SPACIA)の方が運転席まわりの
収納スペースは、使いやすいように感じました。

<<< ソリオとスペーシアの内装比較 3つの装備・機能の違いはコチラから

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です