新型ソリオの口コミ【スペーシアから乗り換えて良かった点とは?】

新型ソリオ0001

2015年8月にフルモデルチェンジをして新発売されたスズキのプチバン
“新型ソリオ(SOLIO)”。

軽量ボディを活かした燃費の良さと広い室内・車内が人気のこのクルマですが、
先日、私の友人がスズキのスペーシア(SPACIA)からこのクルマに乗り換えたようです。

先日、私の友人にあった実際の乗り心地や良かった点などの話を
聞いてきたので、実際の口コミれレビューを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型ソリオの口コミ:良かった点とは?

私の友人が購入したのは、新型ソリオ(SOLIO)の最上位モデルのMZグレード。
そして、カラーは一番人気のピュアホワイトパールにしたようです。

また、トヨタから発売されたいる3列目シートを採用している小型ミニバンの
“新型シエンタ(SIENTA)”とどちらを購入しようか迷ったみたいですが、
次のようなところが気に入り、新型ソリオ(SOLIO)の購入に至ったようです。

メリット1:静寂性

私の友人がスペーシア(SPACIA)から新型ソリオ(SOLIO)に乗り換えて
一番驚いたのは、静寂性の良さ。

新型ソリオ画像0017

この新型モデルはスペーシアに比べてしっかりと遮音財や吸音材を
使っているためか、ロードノイズやエンジン音の侵入が格段に良くなっているようです。

さすがに坂道や山道を運転するとエンジンが唸るのでうるさく感じるようですが、
街中を窓を閉めて運転をすると、ほとんどエンジン音・ロードノイズは気に
ならないようです。

また、私の友人が特に驚いたのは、新型ソリオ(SOLIO)の
アイドリングストップの静かさ。

友人が乗っていたスズキの軽自動車”スペーシア”にはまだSエネチャージが
装備されていなかったため、アイドリングストップからエンジンが
再始動する時はエンジン再始動時に若干大きめの音と振動があったようです。

しかし、今回乗り換えた新型ソリオ(SOLIO)は、エンジンが再始動するときの
音や振動がほとんど無い事にとても感激したようです。

新型ソリオ画像0021

私もこのクルマを試乗した時、アイドリングストップ(アイスト)からの
再始動時の音の静か!ハイブリッド車なみにアイドリングストップといっても
過言ではないと思いました。

このクルマを試乗する際は、ぜひともアイドリングストップ(アイスト)の
スムーズさを確認してみてくださいね。

メリット2:パワー&加速力

また、友人が新型ソリオ(SOLIO)に乗り換えて驚いたのが、パワー&加速力。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型ソリオ(SOLIO)のエンジンは、1200cc。
軽自動車のスペーシア(SPACIA)と比較すると、約2倍エンジンのパワーが異なります。

新型ソリオ0004

また、新型ソリオ(SOLIO)は車体体重量がとても軽くなっており、
数値以上にパワフルに感じたとの事。

最初このクルマののエンジンの排気量を聞いた時、パワーや加速力に
不安を感じトヨタの新型シエンタの購入を考えていたようです。
しかし、実際にこの新型ソリオ(SOLIO)を試乗して、予想以上の加速力と
パワーの良さに満足をしてこのクルマの購入に至ったようです。

実際にパワーや乗り心地の感想を聞いてみたところ、街中で運転を
する分なら軽自動車のスペーシア(SPACIA)と新型ソリオ(SOLIO)でも十分に
満足感をかんじていたので、それほど大きな違いは感じなかったようです。
(多少走り出しの加速感など違いはあるようですが・・・。)

しかし、高速道路を使って遠出をした時に大きな違いがあったみたい・・・。
やはり普通乗用車の新型ソリオ(SOLIO)の方が格段にパワフルで良かったようです。

この長距離運転をした時の違いは、かなり大きかったようですよ。

新型ソリオ0008

2015年にフルモデルチェンジをして新発売された新型ソリオ(SOLIO)を
購入した友人に話を聞いてみたところ、このようなところが
気に入ったようです。

特にほぼ無音でエンジンが再始動する新型ソリオ(SOLIO)には
感動したようで、普通のガソリン車にはもう戻れないと言っていました。

この新型モデルはこのようなメリットがあるので、
是非とも試乗する際は、確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です