どっちが広い!?新型セレナe-POWERとステップワゴンの荷室サイズ比較

2018年3月、日産の人気ミニバン”新型セレナ”に待望のストロングハイブリッド車e-POWER(eパワー)が追加されました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の競合車・ライバル車の一つがホンダの人気ミニバンの新型ステップワゴン(STEPWGN)です。

先日、熾烈なライバル争いをしているこの2台のモデルを乗り比べる事ができたのですが、ちょっと気になったのは、どちらのモデルの荷室・ラゲッジスペースの方がサイズが広いのかと言う事です。

>>> 新型セレナe-POWERの荷室【ステップワゴンとどっちが使い勝手が良かった!?】

そこで、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERとステップワゴンの荷室サイズ比較

日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)のそれぞれの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■日産 新型セレナe-POWERの荷室

■ホンダ 新型ステップワゴンの荷室

日産の新型セレナe-POWERの荷室は、テールゲートの上半分のみを開ける事ができるデュアルバックドアを採用。スーパーマーケットの駐車場など、後方のスペースが狭い場所でも開け閉めできるように工夫が施されているのが好印象でした。

■新型セレナe-POWERのデュアルバックドア

一方、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室・ラゲッジは、通常の縦開きだけではなく、横にも開ける事ができる”わくわくゲート”を用意。

■新型ステップワゴンのわくわくゲート

新型セレナe-POWERに備わっているデュアルバックドアのように狭いスペースでも開け閉めできるだけではなく、このわくわくゲートを使用して、荷室側からでも3列目シートにアクセスできるのは、このクルマの魅力の一つなのかなと思いました。

このような特徴がある新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と新型ステップワゴン(STEPWGN)ですが、荷室サイズを比較してみたところ、このようになっていました。

■新型セレナe-POWERとステップワゴンの荷室サイズ比較
・日産 新型セレナe-POWER
荷室長:約500mm ~ 約1,770mm
荷室幅:約7500mm ~ 約930mm
荷室高:約1,220mm
・ホンダ 新型ステップワゴン
荷室長:約450mm ~ 約1,760mm
荷室幅:約980mm
荷室高:約1,240mm

3列目使用時の奥行きは新型セレナe-POWERの方が広い

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と競合車の新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室・ラゲッジスペースの大きな違いの一つは、3列目シートを使用した時の広さ(奥行き)です。

新型ステップワゴンは奥行きが約450mmしかなかったのに対し、日産の新型ステップワゴン(STEPWGN)では50mm広い、約500mmに…。

たかが50mmの違いを思うかもしれませんが、実際にこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを見比べると、荷室の奥行きに大きな違いを感じます。

■新型セレナe-POWERの3列目使用時の荷室

■新型ステップワゴンの3列目使用時の荷室

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は3列目シートを前方にスライドする事によって、さらに広い奥行き(約620mm)にする事が可能です。

■新型セレナe-POWERの3列目シートを前方にスライドした時の様子

3列目シートを使用した状態なら、ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が荷室・ラゲッジスペースが広く、使い勝手が良いのかなと思いました。

3列目収納時の奥行きも新型セレナe-POWERの方が広いけど…

また、この2台のモデルの3列目シート収納時の荷室サイズを比較してみると、新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方が荷室の奥行きが、若干ですが広くなっております。

ただ、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、左右に跳ね上げ式の収納方法を採用しているため、新型ステップワゴン(STEPWGN)よりも3列目シートの収納時の横幅が明らかに狭くなっています。

■新型セレナe-POWERの3列目シート収納時の荷室

■新型ステップワゴンの3列目シート収納時の荷室

このように3列目シート収納時の2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを比較してみると、荷室の横幅が全く異なりますよね。

実際に3列目シートを収納した時のこの2台のモデルの荷室幅を比較してみたところ、こんなに差が…。

■新型セレナe-POWERとステップワゴンの3列目収納時の荷室幅
・ホンダ 新型ステップワゴン…約980mm

なんと、新型ステップワゴン(STEPWGN)の方が230mmも荷室幅が広い結果に…。

実際にこの2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを確認した限りでは、3列目シートを収納した時の荷室の使い勝手は、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)よりも新型ステップワゴン(STEPWGN)の方が良いように感じました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と競合車の一つ新型ステップワゴン(STEPWGN)の荷室サイズを比較してみたところ、それぞれこのようになっていました。

3列目シート使用時の荷室は新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の方がサイズが広く使い勝手が良いように感じました。ただ、3列目シート収納時の荷室は、荷室幅が広い新型ステップワゴン(STEPWGN)の方が良いように感じました。

このようにこの2台のモデルは、荷室・ラゲッジスペースの使用状況によって、使い勝手が異なります。

クルマを購入する際、荷室・ラゲッジスペースのサイズや使い勝手を重要視する方は、試乗をする際、この2台のモデルの荷室サイズや使い勝手の違いもしっかりとチェックをしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です