運転席周りのボタンに違いが!?新型セレナe-POWERとガソリン車

今までガソリン車しか用意してい無かった日産の新型セレナ(SERENA)ですが、2018年3月、待望のストロングハイブリッド車”e-POWER”が追加されました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、運転席と助手席の間に大型のセンターコンソールが採用されるなど、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と全く異なるデザインになっています。

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インテリアを確認していて、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と大きな違いを感じたのは、運転席まわりに用意されているボタン(スイッチ)です。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車は、それぞれ運転席周りにどのようなボタン(スイッチ)を用意していたのでしょうか?また、この2台のモデルのボタンは、どのような違いがあったのか?

実車画像を使って、この2台のモデルの運転席周りに用意されてるボタン(スイッチ)の違いについて、紹介したと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナの運転席周りのボタン【e-POWERとガソリン車の違いは何?】

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車の運転席周りのデザイン(インパネ)は、このようなデザインになっています。

■e-POWERのインパネ

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のインパネ

今回新発売された新型e-POWERでは、電子式のシフトレバーやブルーのステッチが入ったステアリングホイールをを採用するなど、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と全く異なる内装・インパネのデザインに…。

ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもスタイリッシュなデザインの内装・インテリアになっているように感じました。

そんな新型セレナでは、ハンドル・ステアリングホイールの右側とインパネの中央部分(ナビ)の下にスイッチ(ボタン)を配置しているのですが、用意されているボタンに違いがありました。

この2台のモデルのボタン(スイッチ)の地祇アを紹介したいと思います。

違い1:ハンドル右側のスイッチベース

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車のハンドルの右側に用意されているボタン(スイッチ)は、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型e-POWERのボタン類

■ガソリン車/マイルドハイブリッド車のボタン類

新型e-POWER/ガソリン車のどちらのモデルも上下2段に分かれたスイッチベースに…。

ただ、新型e-POWERとガソリン車/マイルドハイブリッド車では、用意されているボタン類に違いがありました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、このクルマの注目の機能の一つでもあるSモードやエコモードなどワンペダル走行に切り替える事ができる”ドライブモードスイッチ”をこのハンドルの右側に用意。

また、e-POWERの専用装備になっているハンドルをじんわりと温めてくれるステアリングヒーターのボタン(スイッチ)も、このスペースに用意されていました。

一方、ガソリン車/マイルドハイブリッド車では、このスイッチベースにアイドリングストップの解除ボタンやエコモードスイッチを用意。

新型e-POWER(eパワー)と異なるスイッチが用意されていました。

ただ、ガソリン車のエコモードスイッチや新型e-POWERのドライブモード切替スイッチなど、走行中に使用する頻度が高いボタンは、もう少し操作がしやすい位置に設置して貰いたかったです。

違い2:インパネ中央スペース

また、インパネ中央部分の特等席に用意されているボタンも、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)とガソリン車/マイルドハイブリッド車では違いがありました。

既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車では、インパネ中央部分の特等席にアラウンドビューモニターを表示する”カメラボタン”や駐車をサポートしてくれる”パーキングアシストボタン”が用意されていました。

■ガソリン車のインパネ中央のボタン

しかし、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、アラウンドビューモニターの画面をナビに映す”カメラボタン”や”パーキングアシストボタン”だけではなく、強制的にエンジンを駆動するチャージモードや逆にエンジンを駆動させない”マナーモード”スイッチをこのスペースに配置。

■新型e-POWERのインパネ中央のボタン

運転席からも近く、また、ボタンのサイズも大きいため、チャージモードやマナーモードのボタンは、操作がしやすいように感じました。

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)と既存モデルのガソリン車/マイルドハイブリッド車の運転席周りのボタンの違いを確認してみたところ、このようになっていました。

ご覧いただいた通り、この2台のモデルでは、用意されているボタンが異なります。
また、新型e-POWERのドライブモードスイッチなどボタンによっては、操作性があまり良く無い物もあります。

なので、この新型モデルを試乗する際は、ボタン(スイッチ)の操作性や使い勝手を確認する必要があるのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です