スイッチの操作性は良い!?新型セレナe-POWERの運転席の使い勝手レビュー

2018年3月、電気自動車のような走り・乗り心地が楽しめるハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWERの運転席周りは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なるデザインに…。

>>> 運転席周りのスイッチに違いが!?新型セレナe-POWERとガソリン車を比較

そんな新型e-POWERの運転席には、どのようなスイッチを用意していたのでしょか?
また、運転席周りに用意されているスイッチの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

日産から新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席に用意されているスイッチを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERの運転席【スイッチの操作性はどうだった?】

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのインパネ

そんな新型モデルの運転席周りに用意されているスイッチの使い勝手・操作席を確認してみたので、徹底的にレビューをしたいと思います。

その1:ステアリングホイール

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のハンドルの左右には、ステアリングスイッチが用意されています。

ハンドルの左側に用意されているのは、オーディオーのボリューム調整などの基本操作、また、メーター内にあるマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替え用のスイッチです。

■新型e-POWERのハンドルの左側のスイッチ

一方、この新型e-POWER(eパワー)の右側には、プロパイロット機能を設定するスイッチを装備。

■新型e-POWERのハンドルの右側スイッチ

この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールはスポークが細いので、スイッチも若干小さい感じがしましたが、それほど操作性は悪くありません。

また、この新型モデルの注目の機能でもあるプロパイロット機能の立ち上げがスムーズにできるのも好印象でした。

その2:インパネ中央部分のスイッチスペース

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のインパネの中央、ナビの下の特等席のスペースには、次の4つのスイッチが標準装備されています。

・インテリジェントパーキングアシスト
・アラウンドビューモニター
・マナーモード
・チャージモード

ちなみに、稲妻マークになっているのが”チャージモード”、また、人差し指を口元にあててシ~~というポーズを取っているのが”マナーモード”のスイッチです。

このインパネの一等地に設置されている各スイッチはサイズも大きく、また、運転席から手が届きやすい位置にあるため、操作性は、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席周りに良いされているスイッチの中で特に良いように感じました。

ちなみに、この新型e-POWER(eパワー)で初採用された”チャージモード”と”マナーモード”は、Sモード/エコモードで走行中でないと作動しないので、ご注意を…。

その3:ハンドルの右側スイッチスペース

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、ハンドル・ステアリングホイールの右側にスイッチスペースを用意しています。

■ハンドルの右側のスイッチスペース

ご覧の通り、上下2段に分かれているスイッチスペースですが、下段には、スライドドアの開閉スイッチを…。

そして、注目なのは、上段に用意されているスイッチです。

この新型e-POWER(eパワー)のスイッチベースの上段には、ノーマルモード/Sモード/エコモードを切り替えるドライブモード切替スイッチとステアリングヒーターのスイッチを配置。(※ステアリングヒーターは、メーカーオプション設定となっています。)

■新型セレナe-POWERのドライブモード切替スイッチ

ただ、頻繁に使う機会の多いドライブモードスイッチは、もう少し操作しやすい位置に設置した方が良かった感じが…。

ちなみに、同じe-POWER搭載している日産の人気コンパクトカーの”ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”では、シフトレバーの近くにこのドライブモード切替スイッチが用意されていました。

■新型ノートe-POWERのドライブモード切替スイッチ

私は実際に両方のモデルを試乗させてもらったのですが、ドライブモードの切り替えスイッチは、シフトレバー近くに配置しているノートe-POWERの方が使い勝手が良かった感じが…。

個人的には、このドライブモード切替スイッチの使い勝手には、ちょっと不満が残りました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席周りに用意されているスイッチを確認してみたところ、このようになっていました。

ドライブモード切替スイッチなど若干気になるところはあったものの、概ね満足できる使い勝手・操作感に…。特にチャージモード/マナーモードが用意されているインパネ中央部分のスイッチは、とても使い勝手が良いように感じました。

運転をしてみると、スイッチの使い勝手や操作感は意外と気になります。

もしこれからこの新型モデルの試乗した際は、ドライブモードをノーマルからエコモード/Sモードに切り替えるなど、様々なスイッチの使い勝手や操作感を確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です