予想以上!?新型セレナe-POWERのSモードで燃費はどれくらい向上する?

2018年3月、電気自動車のような静寂性とリニアな加速を備えるハイブリッド車
新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

そんな新型e-POWER(eパワー)の注目の機能の一つが、ワンペダル走行を
できるSモードです。

Sモードで運転すると、アクセルとブレーキペダルの踏み替えの
必要がなくなるため運転がとてもラクになるのが魅力の一つですが、
燃費向上も忘れてはいけないメリットの一つです。

そんなSモードに関して、ふとした疑問が…。

それは、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に用意されているSモードと
ノーマルモデルでは、どれくらい燃費が良くなるのかと言う事です。

先日、この新型モデルの試乗をした際に、この新型モデルのノーマルモードと
Sモードで走行した時の燃費の差を、ディーラーさんが教えてくれたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのSモード:ノーマルモードとの燃費の差は?

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に
搭載されているSモードとは、アクセルペダルだけで、加速から減速、
停車までを行える機能の事です。

■新型セレナe-POWERのドライブモードスイッチ

通常のクルマでは、アクセルペダルから足を離しても、惰性だけで
前に進んでいきます。

しかし、Sモードにすると、ノーマルモードよりも回生力が強くなるため、
アクセルの踏み込みを緩めるだけで、減速していき、アクセルペダルから
足を離すと、停車します。

最初、アクセルペダルの踏み込みを緩めた時の減速感が掴めず
自分の停車したい位置にクルマを止めるのに苦労をしましたが、
慣れると、とても便利な機能なのかなと思いました。

このようにノーマルモデルと全く異なる乗り心地や走破性になっている
日産新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のSモードですが、ノーマルモデル
よりも回生力が強くなっているため、燃費にも良い影響があるようです。

ディーラーさんに、どのくらい燃費が良くなるのか確認したところ、
ノーマルモデルと比較して、約20%くらい燃費が良くなるそうです。

もちろん走り方や路面状況などにもよるみたいですが、
この差は、かなり大きいですよね。

もしこのSモードの乗り心地や操作性が気にならないのなら、積極的に
Sモードを使った方が良いのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、このクルマと同じワンペダル走行を
用意しているノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、約8割の人がこのSモード、
もしくは、エコモードを利用しているようです。

Sモードやエコモードで運転すると、運転の疲労が軽くなっているのも
実感する事ができますし、多くの人がSモードやエコモードを利用するのも
納得なのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、
注目の機能Sモードで運転をすると、かなりの燃費の節約になるのが分かりました。

ちなみに、先日、Sモードで街中を約30分運転をした時の燃費を確認したところ、
16.4km/Lでした。

エコモードで運転をすると、もっと燃費は伸びるようですが、アクセルを
踏みこんだ時の加速の伸びやキビキビとした乗り心地を考えると、この
燃費でも十分なのかなと思いました。

また、Sモードと言うと”スポーツモード”と思う方が多いようですが、
この新型e-POWER(eパワー)に用意されてるSモードの”S”は、スポーツ
ではなく、スマート(Smart/賢い)のSのようですよ。

なので、ノーマルモデルとSモードでは、アクセルを踏み込んだ時の
加速力に違いはないそうです。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です