新型セレナe-POWERのメーカーオプションは何がある?おススメを聞いてきた

2018年3月、e-POWERの第2弾として、日産の人気ミニバン新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

そんな新型e-POWER(eパワー)の残念な事の一つが、注目の機能の一つでもある高速道路での運転をラクにしてくれる同一車線自動運転技術のプロパイロット機能がメーカーオプション設定になっていた事です。

>>> 価格はいくら!?新型セレナe-POWERのプロパイロットの値段を確認

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、プロパイロット機能以外にも様々なメーカーオプションを用意しています。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)で用意されているメーカーオプションは、どのようなものがあるのでしょうか?また、絶対に装備した方が良いおススメのオプションは、何なのでしょうか?

先日、この新型e-POWERの見積もりを確認した時に新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーカーオプションの種類と価格を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのメーカーオプションは何がある?

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、メーカーオプションを確認してみたところ、次のようなアイテムを用意していました。

■新型セレナe-POWERのメーカーオプション
・セーフティパックA
対象グレード:e-POWER XV、ハイウェイスターV
オプション価格:113,400円
・セーフティパックB
対象グレード:e-POWER XV、ハイウェイスターV
オプション価格:243,000円
・プレミアムインテリア
対象グレード:e-POWER XV、ハイウェイスターV
オプション価格:54,000円
・寒冷地仕様/セットオプション
対象グレード:全グレード
オプション価格:83,160円
・LEDヘッドランプ
対象グレード:e-POWER XV
オプション価格:83,160円
・特別塗装色
対象グレード:全グレード
オプション価格:43,200円~54,000円

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、このようなメーカーオプションを用意していました。

ちょっとメーカーオプションの種類は意外と多いですよね。

そこでいつもお世話になっているディーラーさんにこの新型e-POWER(eパワー)のメーカーオプションの中で特におススメなものを聞いたところ、次の2つのオプションをおススメして貰いました。

おススメのディーラーオプション1:セーフティパック

ディーラーさんがおススメをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のディーラーオプションの一つが、セーフティパックです。

競合車・ライバル車の多くは、安全装備を標準で付けていますが、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)では、自動ブレーキ以外の安全装備システムは、メーカーオプション設定にして、必要なお客さんのみに装着できるようにしているそうです。

ただ、ディーラーさんの話によると、事故を起こした時の被害を軽減するためにも、また、事故を起こすためのリスクを軽減するためにも、様々な安全装備システムがついてくるセーフティパックは装着した方が良いとの事。

例えば、セーフティパックを装着しないと、アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突を防ぐ”踏み間違い防止アシスト”や横からの衝撃を軽減してくれ”サカーテンエアバッグ&サイドエアバッグシステム”なども装着されません。

また、私が確認した限りでは、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)に元々ついている標準仕様の安全装備の信頼性は、ちょっと前の軽自動車よりも劣る感じが…

万が一の事を考えると、価格が安いセーフティパックAは絶対に必須なのかなと思いました。

ただ、個人的には、自動ブレーキだけではなく、ある程度の安全システムは標準装備にして置いても良かったのかなと思いました。

おススメのディーラーオプション2:寒冷地仕様

また、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の寒冷地仕様も、ディーラーさんおススメのメーカーオプションのようです。

ちょっとコレは意外ですよね。

寒冷地仕様と言うと、北海道や東北など降雪地域で必要なオプションで、雪があまり降らない地域では必要なオプションのような気がするので…。

ディーラーさんが、この寒冷地仕様をおススメする理由の一つは、エアコン/ヒーターです。

今回新発売された新型e-POWERでは、全グレード共通して、オートエアコン&リヤクーラーが標準装備されています。

標準仕様のエアコン/ヒーターでもリヤクーラーが装備されているため、夏場は後部座席でも比較的快適に過ごす事ができます。

しかし、標準装備のままではリヤヒーターは用意されていません。

なので、この新型e-POWERは、車内が広い事もあり、真冬に後部座席に座ると、寒い思いをする事に…。

一方、メーカーオプションになっている寒冷地仕様を装着すると、後部座席周りにヒーターを装着されます。なので、真冬の寒い時に後部座席に座っても、快適に過ごせることができます。

■新型セレナe-POWERのオートデュアルエアコン

また、この寒冷地仕様を注文すると、運転手に嬉しいステアリングヒーターやシートヒーターも搭載されます。

■新型セレナe-POWERのステアリングヒーター

これはちょっと助かりますよね。

ディーラーさんの曰く、寒い冬の車内を快適に過ごしたい人には、寒冷地仕様は絶対おススメのオプションのようですよ。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーカーオプションの種類と価格を確認したところ、このようになっていました。

また、ディーラーさんにおススメのメーカーオプションを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型e-POWER(eパワー)に標準装備されている脆弱な安全装備の事を考えると、安全面を強化するセーフティパックは絶対必須なのかなと思いました。

ちなみに、安全面を強化するセーフティパックは、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のノーマル車とハイウェイスターの上位モデルしか装着する事ができないので、ご注意を…。また、メーカーオプションは、後付けできなので、ご注意を…。

>>> 色によって違う!?新型セレナe-POWERの有料色のオプション価格を確認してみた

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です