Sモードなどでも使える?新型セレナe-POWERのクリープ走行

低速域からレスポンスの良い加速力を楽しめる日産のハイブリッド車
新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、2018年3月にデビューをしました。

そんな新型e-POWER(eパワー)の魅力の一つは、アクセル操作だけで
発進からブレーキまで行えるSモードやエコモードです。

ワンペダルで走行できるSモードやエコモードは運転をラクにしてくれる
とても便利な機能ですが、ちょっと気になった事が…。

それはSモードやエコモードを使用している時は、少しクルマを前後に
移動する時に役に立つクリープ現象は使えるのか?と、言う事です。

先日、日産からデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目の機能
Sモードやエコモード使用時に、クリープを使ってクルマを前進/後退する事が
できるかどうか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERはクリープが使える?【試乗をして確認をしてみた】

多くのクルマに搭載されているクリープ現象とは、アクセルを踏み込まなくても
ゆっくりと動き出す現象の事です。

渋滞中に少しクルマを前に進行したい時や、駐車場でのバックなど、
ゆっくりとクルマを動かしたい時には、とても便利ですよね。

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)でも、このクリープを使う事ができ、
ノーマルモードで走行中は、他のクルマのように、ブレーキペダルから足を離すと、
ノソノソと前方に進んでいきます。

また、ワンペダル走行を楽しめるこの新型e-POWER(eパワー)の注目の機能
Sモードやエコモードでも、クリープは利用する事ができます。

ただ、Sモードやエコモードで走行中にクリープを使用するには、
ノーマルモードとちょっと異なる運転の操作が必要になります。

Sモードやエコモードでクリープ走行をするには?

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のSモードや
エコモードで運転中、クリープ現象を使用するには、まず初めにブレーキペダルを
踏む必要があります。

そうすると、クリープがスタンバイ状態となり、そこからブレーキペダルを
緩める事によって、クルマがノソノソと前に進むクリープ走行が可能となります。

この新型e-POWER(eパワー)に搭載されているSモードやエコモードで平坦な道を
運転していると、ブレーキペダルを踏まなくても、停車状態を維持してくれます。

なので、クリープ走行をするために、一度ブレーキペダルを踏み直さないと
いけないのは、少々手間が多い感じがします。

ただ、駐車や渋滞中の走行に重宝するクリープ走行が、Sモードやエコモードを
使用中でも使えるのは、とても良いと思いました。

エコモードを使用中にクリープ走行をしてみた感想

また、先日、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
エコモードで運転中にクリープ走行を試してみたのですが、思ったよりも
使い勝手が良い感じが…。

クルマが停止後、一度ブレーキペダルを踏み、足をブレーキペダルから離すと、
タイムラグがなくスムーズに前に進んでいきます。

クリープ走行をしている時もクルマの接近を知らせる”ヒュル ヒュル ヒュル”と言う
音が聞こえるのが少々気になりましたが、クリープ走行のチカラ強さや乗り心地に
特に違和感はなし。

この新型e-POWER(eパワー)に用意されているクリープ走行は、他の車種と同様の
乗り心地・使い勝手になっており、十分に役に立つように感じました。

また、最初、Sモードやエコモードになれないうちは、自分が意図した位置に
停車をするのが難しいです。

ちょっと前走車と車間距離が空きすぎてしまった時など、少しクルマを
前に進めたい時などにも、このクリープ走行は重宝するのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、
このようにSモードやエコモードで走行中もクリープ走行ができるように
なっていました。

また、タイムラグなく走り始め、また、意外とチカラ強さもあるので、
ちょっとした坂道などでも使用できるのは、とても良いと思いました。

もしこれから、この新型e-POWER(eパワー)の試乗に行かれる方は、
エコモードやSモードで運転時のクリープ走行の実力や使い勝手を
確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です